特集

スタイリスト児嶋さんイチ押し冬名品3選【買って必ず使える指名買いブランド】

CLASSY.スタイリストに、今から買っても十分にモトが取れちゃう冬名品を教えてもらう企画第三弾は、甘おしゃれなスタイリングで大人気の児嶋さんが登場。ベーシックながら確実に効く3アイテムの注目ポイントをアツく語っていただきます。スタイリングも必見!

こちらもチェック

ユニクロをコーデで賢くオシャレに使う方法【スタイリストが直伝】

名品①SLOANEのきれい色アンサンブルニット

シーズンレスで一年じゅう使える ヘビロテ必至な主役級アンサンブル

  • CLASSY.スタイリストに、

    「ベーシックなニットを探すときに必ずチェックするのがこのブランド。肌触りのいいシルク素材が上質さにあふれる、まさに名品といえる逸品です。アンサンブルはベーシックな存在なので、ちょっと遊びを加味したくなる…で、差し色としても使えるクリームイエローをセレクト。ノースリニットとVカーデの組み合わせが、単品でも使いやすく、程よくハズしを感じておすすめです」
    カーディガン¥31,000ニット¥21,000(ともにスローン)

  • CLASSY.スタイリストに、

    きれい色ニット×リジット系デニムでフレンチっぽさ薫るボーイスコーデ

    「個人的に薄いデニムの気分が去ってしまったところもあり、濃いインディゴのデニムをセレクト。アンサンブルがベーシックなので、デニムの裾は大きく折り返して男のコっぽくまとめてみました。足元にはバックストラップのフラットを。ヒール合わせではちょっと古く見えてしまうけれど、程よく抜けが出しておしゃれっぽさをプラスしました」
    カーディガン¥31,000ニット¥21,000(ともにスローン)パンツ¥13,000(ヘルシー デニム/ゲストリスト)バッグ¥9,000(ジャミレイ/(株)ジー)シューズ¥13,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)サングラス¥33,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

名品②#Newansのフェミニンブラウス

プレスルームで争奪戦! 使えすぎて困る〝ほど甘〟ブラウス

  • CLASSY.スタイリストに、

    「優秀すぎて、毎号のように借りている白ブラウスです。身ごろは程よくタイトですが、ボリュームのある袖やフロントのデザイン性で、一枚でも存在感ばっちり。しかも、ちょっと袖口を出したり、襟元に白を効かせたりと、ニットなどとのレイヤードの楽しみもある♡ この手のブラウスは、レース使いになっているものも多いけれど、それではちょっと可愛くなりすぎることも。これは総布帛で大人の甘さに仕上がるところがいいのです」
    ブラウス¥13,000(ハッシュニュアンス)

  • CLASSY.スタイリストに、

    女らしいタイトスカートで進化したきれいめスタイルを実践

    「ともすると生真面目になりがちな白シャツ×タイトスカートも、デザインブラウスにチェンジするだけで一歩先ゆくセンスのよさに。ニュアンスカラーのロングブーツにタイトスカートをかぶせた足元も、女らしくて今っぽい。真冬の今すぐから春先まで活用できるスタイリングなので、ぜひ、実践してみてください」

    ブラウス¥13,000(ハッシュニュアンス)ニット¥2,900(レプシィム/アダストリアカスタマーサービス)スカート¥17,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)バッグ¥15,400(ADINA MUSE/ADINA MUSE SHIBUYA)ブーツ¥34,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

名品③MOTHERの黒スキニーパンツ

あせてない「ちゃんとした」黒と 今どき足元が決まる丈感が最高!

  • CLASSY.スタイリストに、

    「主役になったり脇役に回ったりと、日々のスタイリングに欠かせない黒スキニー。数ある黒スキニーの中で私がこの一本を選んだ理由は、くるぶしあたりまでの長すぎない丈感。コンバットブーツやゴツめスニーカーなどトレンドの重たい足元をバランスよくまとめるには裾と靴との間のチラリ肌見せが重要なのですが、それがこのパンツならうまくいく。ちゃんとハイライズで深い黒、そしてストレッチの効いたはき心地のよさも納得です」
    パンツ¥28,000(マザー/サザビーリーグ)

  • CLASSY.スタイリストに、

    ブラウンに黒という色合わせで小洒落たベーシックが完成する

    「いわゆるモノトーンにも使えるスキニーですが、私のおすすめは黒以外のダークなベーシックカラーに合わせるテクニック。今回はブラウンのゆる編みニットを合わせてみました。茶×黒は、それだけでオシャレ偏差値が上がって見える優秀配色。ゆる編みの隙間と衿元&裾からのぞかせた白で抜けを出したところもポイントです」
    パンツ¥28,000(マザー/サザビーリーグ)ニット¥15,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)Tシャツ¥7,800スカーフ¥28,000(ともにスローン)帽子¥11,000(CA4LA/CA4LA プレスルーム)バッグ¥4,900(カシュカシュ/アンビリオン)ブーツ¥12,800(マミアン/マミアン カスタマーサポート)

スタイリスト 児嶋里美さん 女

スタイリスト
児嶋里美さん 
女のコに生まれてよかった! と全身でアピールするような、甘く華やかなトレンド感と鮮度あふれるきれいめコンサバの名手。キャッチーな小バッグときれい色を盛り込んだ、自身のプライベートスタイルにも注目が集まる。

SHOP LIST
アイヴァン PR 03-6450-5300
アダストリアカスタマーサービス0120-601-162
ADINA MUSE SHIBUYA 03-5458-8855
アンビリオン 0120-114-225
オンワード樫山 03-5476-5811
CA4LA プレスルーム 03-5773-3161
ゲストリスト 03-6869-6670
サザビーリーグ 03-5412-1937
(株)ジー 03-5414-2680
スローン 03-6421-2603
ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005
ハッシュニュアンス(オンワード樫山)03-5476-5811
マミアン カスタマーサポート 078-691-9066

撮影/魚地武大 スタイリング/児嶋里美 取材/西道倫子 構成/CLASSY.編集部

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus