特集

去年買ったものを着ていたらダメな「パンツ」5種類【理由つき】

「スカートは去年のものでもいいけれど、パンツは買い直したほうがいいかも」…憧れスタイリスト・斉藤美恵さんにそう言われて、思わずドキッ。トレンドも時代も変化しているからベーシックでも古い人にならないために、買い足すべきパンツを派閥別に教えてもらいました。

「パンツ派のあなたにおすすめ」

太って見えない「ニット×ワイドパンツ」の着こなし6選

パンツさえ旬のものなら他はベーシックでもなんだか素敵に見えます

今年のおすすめ5本は「太めパンツ」「ドレスパンツ」「カラーパンツ」「レギパン」「レザーパンツ」

去年買ったものを着ていたらダメな「パンツ」5種類【理由つき】
右からパンツ¥32,000(ハイク/ボウルズ)ドレスパンツ¥54,000(ebure)カラーパンツ¥18,000(マカフィー/トゥモローランド)レギパン¥26,000(Theory/リンク・セオリージャパン)レザーパンツ¥65,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

一時期のスカートブームが落ち着き、今シーズンのプレスルームでは断然パンツが目立ちます。いわゆるテーパードのようなスタンダードなタイプはもちろん、ニットパンツやレギンスの進化版、カラーパンツなどトレンドを反映したデザインも多く、スカートやワンピよりもバリエーションが豊か。だから、せっかく買い足すなら、今の空気を纏える1本を意識するのがおすすめ。これまで黒スキニーや美脚デニムみたいなベーシックアイテムで作っていた着こなしも、一歩踏み込んだシルエットや素材、色で選ぶと簡単にアップデートできます。今回はスニーカー派、デニム派、スカート派、シャツ派、ワンピ派の5タイプに向けて取り入れやすい旬のパンツを厳選しました。自分のテイストやワードローブに合わせて選べば、新顔パンツも取り入れやすいし、自然とスタイリングの幅も広がるはず。コーディネートは難しく考えず、シンプルでも間が持つから大丈夫。パンツは今のライフスタイルにもフィットする、ストレスフリーな着こなしが叶うアイテム。トレンド感のある1本を買い足して、新しい着こなしに挑戦してほしいです。

タイプ別のオススメは…

・スニーカー派は「極太パンツ」
・デニム派は「ドレスパンツ」
・スカート派は「カラーパンツ」
・シャツ派「レギパン」
・ワンピ派「レザーパンツ」

教えてくれたのは…

スタイリスト Mie Saito

スタイリスト Mie Saito

東京都出身。OL、専業主婦、VERYライターを経て、スタイリストに転身。女性誌やオンラインメディアなどで提案する、洗練されたスタイリングに憧れるモデルやスタッフも多い。「秋冬はスカートをはかない」と言うほどのパンツ派。

それぞれの着こなしは、明日以降お伝えしていきます。お楽しみに。

スタイリング/斉藤美恵 撮影/草間智博〈TENT〉

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE