特集

大人女子の「秋ニットコーデ」6選【タートルネック編】

秋もだんだん深まり、肌寒くなってきました。こんな時季に着たくなるのは、やっぱり「ニット」。ひとえにニットと言っても、その種類は様々。アラサー女子が着ると、イタく見えしてしまうニットもありますよね。そこで、大人っぽく着こなせる秋のニットコーデ6選をご紹介します!今回は、小顔効果も実現できる「タートルネック」編です。

 

こなれ感抜群のタートルネックコーデ6選

  • ボリューミーな上半身で華奢見え確実!
    タイトなリブニットは1枚で着ると、デブ見えしがち。ドラマティックなファーベストを羽織れば、コーデにメリハリがつき、ほっそりと見せてくれます。スカート¥29,000(COCUCA/ザ ストア バイシー 代官山店)ファーベスト¥150,000(サクラ/インターリブ)ニット¥16,000(ウォーレン スコット フォー RHC/RHC ロンハーマン)頭に巻いたスカーフ¥18,000(マニプリ/フラッパーズ)バッグ¥108,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ブーツ¥84,000(ミッシェル ヴィヴィアン/アパルトモン 青山店)ピアス¥4,419バングル¥4,910(ともにアビステ)

  • ジレ

    「ぴた×ゆる」でつくる体型カバーコーデ
    身体のラインが分かりやすいワンツーコーデには、オーバーサイズの黒ジレを合わせるのが正解。すっきりと見せてくれて、ハンサムな印象を生み出します。ジレ¥26,000(ソーノ/ミラク)ニット¥25,000(アンタイトル エッセンシャルクルー)パンツ¥24,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)帽子¥7,300(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥49,000〈ペリーコ〉ストール¥26,000 〈アルテア〉(ともにアマン) パンプス¥8,400(マミアン/マミアン カスタマーサポート)バングル¥16,380(ソコ/ZUTTOHOLIC)

  • 旬のワントーン風でキレイめカジュアルに
    首回りに余裕があるタートルネックは、小顔効果も抜群。グレーデニムとの間に白を挟めば、こなれ感のあるデニムスタイルに刷新されます。ニット¥11,000 中に着たブラウス¥11,000 〈ともにステートオブマインド〉デニムパンツ¥23,000〈アッパーハイツ〉( すべてゲストリスト)ハット¥10,000(メゾンドリリス)ピアス¥13,000リング¥15,000(ともにウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)ブーツ¥23,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)バッグ¥23,500(ヴァジック/TOMORROWLAND)

  • 全方位ウケするモテニットスタイル
    タイトなニットを合わせると、甘すぎてしまうカラースカートコーデ。たっぷりとしたニットなら、ほどよい抜け感で、今っぽく仕上がります。ニット¥20,000(ALDERNEY LAMMBSWOOL/メゾン イエナ)スカート¥15,000(ミューニック/ピーチ)バッグ¥68,000(エレメ/アマン)ストール¥53,000(ロンハーマン)ローファー¥19,000(カミナンド×ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)イヤリング¥7,637バ ングル¥955(ともにアビステ)

  • スタイルアップも叶えた究極のモテコーデ
    チェックスカートが主役のコーデは、シンプルなアイテムで引き算が正解。ハイネック×タイトスカートの縦ラインが、スタイルアップも実現します。ニット27,000(ミュラー オブ ヨシオクボ)スカート¥21,000(エリオポール/エリオポール代官山)バッグ¥28,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)スカーフ¥12,000(マニプリ/フラッパーズ)ブーツ¥21,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ネックレス¥5,400(アビステ)

  • 王道白タートルはキレイ色スカートで今年らしく
    モテアイテムの代表ともいえる、白タートル。今年は、キレイ色のプリーツスカートと合わせて、洗練度をアップ。スカート¥4,550(ストラディ バリウス/ストラディバリウス・ジャパン)ブーツ¥ 82,000〈ネブローニ〉スカ ーフ¥12,000〈マニプリ〉ともにフラッパーズ)ニット¥12,000(ビューティ& ユース/ビューティ& ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)バッグ¥92,000(J&M デヴィッドソン/J &M デヴィッドソン 青山店)イヤリング¥9,000(エネーダ/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)バングル¥10,400(ソコ/ZUTTOHOLIC)

寒さ対策もバッチリなタートルネック。ほっこりしすぎない、大人な着こなしに挑戦してみてくださいね。

※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。
取材/岸本真由子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE