永遠のモテコーデは結局この2つ!

いつまでも女子にはわからない男ゴコロ。でも、長年CLASSY.本誌でモテ企画を担当してきたライターと編集がついに結論に達しました!男性が「いい!」と間違いなく思う着こなしはたった2つ。その理由も含め、2大モテコーデを徹底解説します。

[モテ服1] Vネック×タイトスカート

[その理由は…]仕事ができる感

[その理由は…]仕事ができる感じといい女感をさらりと両立するから

ニット¥15,000(フォードミルズ/アングローバルショップ 表参道)スカート¥20,000(エ
ストネーション)バッグ¥24,000(キャロルジェイ/シップス 有楽町店)スカーフ¥7,000
(マニプリ/フラッパーズ)靴¥13,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ネックレス¥58,0
00(ヒロタカ/ショールーム セッション)

お手本コーディネート3

[モテ服2]ざっくりニット×スキニーパンツ

[その理由は…]親近感と一人で

[その理由は…]親近感と一人でも大丈夫そうなヘルシー感

ニット¥18,000〈イエナ〉ピアス¥17,000〈ルル ド ラ ファレーズ〉(ともにメゾン イエナ)パンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)ストール¥62,000(ジョンストンズ/リーミルズ エージェンシー)バッグ¥32,000(ANAYI)靴¥39,000〈ネブローニ〉バングル¥18,000〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉(ともにフラッパーズ)サングラス¥39,000(オリバーピープルズ/オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

お手本コーディネート3

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/泉 里香 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリング/三好 彩 取材/棚田トモコ 撮影協力/たつや恵比寿

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup