特集

だらしなく見えないけど「楽ちんなオシャレ」のポイント6つ

年上の素敵な女性を見ると、なんだか嬉しい。そのままにはなれないかもしれないけれど、自分の未来に希望が持てるから――そんな憧れのお姉さんスタイリスト、斉藤美恵さん。彼女のオシャレはいつも、決して無理はしていないのにカッコいい。その秘密を教えてもらいました。

極意1、シャツはそのまま着る。

これまでは折ったり抜いたり…

だらしなく見えないけど「楽ちんなオシャレ」のポイント6つ

何もしなくてサマになる一枚はシャツに強い新ブランド・#Newansで
この秋デビューの新ブランドからまずローンチされたのは、白いシャツばかり。美恵さんおすすめはそのまま着ただけでサマになる、サイドスリットの深い一枚。シャツ¥12,000(ハッシュニュアンス/オンワード樫山)パンツ¥33,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)バッグ¥51,000(スタジオプロミ/RHCロンハーマン)パンプス¥32,000(ピッピシック/ユナイテッドアローズ 有楽町店)ピアス¥24,000〈MODERN WEAVING〉(ショールーム セッション)サングラス¥34,000(モスコット/モスコット トウキョウ)

インしたり、袖をまくったり、衿を抜いたり…。これまでは色々と手を加えて着ていたシャツ。今年は一枚でサマになるビッグシルエットをあえて何もせずにバサッと着るのが気分。

極意2、投資すべきは意外とカーデ

これまではトレンチだったけど…

洗練されたリラックスカジュアルが叶う
一張羅カーデこそ30代に必要なもの素材だけでなく、ボタンや裏地などディテールにこだわって選ぶことが重要。本当にいいものなら、10年は着られる。カーディガン¥89,000 ニットパンツ¥43,000(ともにドゥロワー/ドゥロワー六本木店)タンクトップ¥7,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)ネックレス¥16,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン 青山店)シューズ¥58,000(ブロック コレクション/ロンハーマン)パールネックレス¥128,000(プリーク/エイチビューティ&ユース)

トレンチやジャケットに比べ、流行に左右されず着る場所も選ばないから、カーデこそいいものを。上質なカーデがあれば、ラフに着崩しても品のあるカジュアルに着地。

極意3、優しいワントーンで心地よく

これまではキリッとモノトーン…

少しずつトーンの異なる色を重ねて着こなしにメリハリを出して
ストイックすぎないワントーンコーデで、自分も周りも疲れないオシャレを。キャメルのバッグは持っておくと重宝。タートルニット¥24,000(POSTE REGANT/エスケーパーズオンライン)パンツ¥32,000(セオリー/リンク・セオリー・ジャパン)ヘッドアクセ¥12,000(アヴェニュー/ドゥロワー六本木店)バッグ¥216,000(トッズ/トッズ・ジャパン)サンダル¥13,400(バナナ・リパブリック)

今年らしくてこなれて見えるワントーンコーデは黒やネイビーの強い色で作ると気張って見えがち。この秋冬多い、キャメル〜ベージュトーンなら優しく見えて今どき感も簡単に。

極意4、ワンサイズUPしたパンツでゆるっと

これまではジャストサイズが正義…

真面目にはかないパンツスタイルで今っぽい抜け感を
ジャストウエストではいていたパンツを、2、3㎝下に落とすだけで、ワン・ツーコーデがグンと素敵に。ヒップや太もも周りにゆとりが出て、体型カバーにも効果的。パンツ¥36,000(エイトン/エイトン青山)ニット¥16,000(någonstans)ベルト¥8,000(レフィエ/フラッパーズ)バッグ¥54,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 表参道店)ビーチサンダル¥2,700(ハワイアナス/リップカールジャパン)

パンツはジャストウエストよりも少し落として腰位置ではけるサイズ感を選ぶと、見た目もはき心地もストレスフリー。ニット+パンツの組合せも一気に今っぽい空気に。

極意5、Itシューズはらくちんスリッパ

これまではバレエシューズかヒール…

  • トレンドを押さえた一足で定番スキニーも新鮮に見違える
    CLASSY.世代からも人気のINSCRIREから、シューズラインが初デビュー。甲深めのスリッパで無理なく今っぽい。

  • シューズ¥39,000(アンスクリア/アマン)ニット¥39,000(ロンハーマン)デニムパンツ¥21,000(RHC/RHCロンハーマン)バッグ¥18,000(コア ニューヨーク/スティーブン アラン トーキョー)ピアス¥23,000ネックレス¥14,000(ともにMARIA BLACK/ショールーム セッション)

ストレスフリーに欠かせないフラットシューズ。そのシーズンを反映したIt Flatをまずは毎シーズン買い足します。服は定番のものでも、ココが違うだけで止まっていない人に。

極意6、長袖ワンピでコーデいらず

これまで羽織り必須だったけど…

長く着るアイテムだからこそ、気分がアガる柄やデザインを選んで
羽織りや足元問題を気にすることなく、単体でコーデが出来上がる長袖マキシワンピ。ドラマチックなシルエットを選べばチェック柄も甘すぎず、大人見え。ワンピース¥109,000(クリスチャン ワイナンツ×デミルクス ビームス/ビームス ハウス丸の内)バッグ¥160,000ローファー¥99,000〈ともに9月発売予定〉(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)めがね¥31,000(モスコット/モスコット トウキョウ)

テクニックいらずでコーデが完成する長袖ワンピもノンストレスなオシャレに欠かせないアイテム。中にヒートテックを着れば今買って真冬までOK、むしろ一年中使えるのが嬉しい。

解説してくれたのは 斉藤美恵さん

スタイリスト・斉藤美恵さん
東京都出身。OL、専業主婦、VERYライターを経て、スタイリストに転身。ベーシックを軸に作られる、洗練されたスタイリングに、憧れるモデルやスタッフも多い。現在は女性誌やオンラインメディアなど幅広く活躍。

スタイリング/斉藤美恵 撮影/水野美隆(zecca) モデル/有末麻祐子  ヘアメーク/渡嘉敷愛子  取材/坂本結香

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE