今日の服装

【今週の服装】定番スタイルなのにオシャレな「着映えコーデ」7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

  • 【今週の服装】定番スタイルなのにオシャレな「着映えコーデ」7選【アラサー女子】

    ほっこり見えしない秋の「ボーダーコーデ」とは?
    定番の「ボーダーコーデ」は、ブラウンで秋っぽく更新。透け感のあるベージュのフレアスカートなら、女性らしくシックな仕上がりに。足元はローファーを合わせれば、きちんと感も叶えてくれます。

    カットソー¥12,000(Le minor for SALON/サロン アダム エ ロべ/ジュングループカスタマーセンター)スカート¥28,000(バウム・ウンド・ヘルガーデン/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア店)バッグ¥28,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)シューズ¥25,500(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン/銀座ワシントン銀座本店)ピアス¥7,440(マシェット/ZUTTOHOLIC)リング¥42,000(ココシュニック)

    『CLASSY.』2020年10月号より

  • 定番の通勤コーデを「モテ配色」で着こなすには?
    通勤アイテムの定番「テーパードパンツ」をほんのり甘めに着こなすには、ラベンダーを選ぶのが正解。トップスはグレーのニットを合わせて、同一トーンでバランスよく。足元のシルバーパンプスが、洗練されたキレイめ要素を加えてくれます。

    パンツ¥18,000(カデュネ)ニット¥54,000(アンスクリア/アマン)バッグ¥233,000パンプス¥103,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥15,120(パス コレクティブ/ZUTTOHOLIC)ネックレス¥46,000(ココシュニック)

    『CLASSY.』2020年10月号より

  • おばさん見えしない「レギンスコーデ」とは?
    おばさん見えしがちなレギンスは、トレンドのベージュを遊んで都会っぽく。トップスを黒で引き締めれば、ほっこりしません。カチューシャやアクセサリーで、メンズライクコーデの中にも女らしさを残すのが今っぽい。レオパード柄のバッグでアクセントをつけて完成です。

    自転車¥53,000(tern/リピト・イシュタール)ジャケット¥26,000(ミューニック/ピーチ)ロングTシャ¥24,000(エイトン/エイトン青山)レギンス¥4,800(ルーニィ)バッグ¥24,000(マッキントッシュxポーター/マッキントッシュ青山店)スニーカー¥13,000(ナイキ スポーツウェア/NIKE カスタマーサービス)カチューシャ¥11,000(マルツォリーネ/エイチ ビューティ&ユース)ピアス¥11,000(ニナ・エ・ジュール/フリークス ストア)リング¥13,000(ニナ・エ・ジュール/ショールーム 233)バングル¥129,000(チェリーブラウン)

    『CLASSY.』2020年10月号より

     

  • マスクでもオシャレに見えるコーデって?
    甘くみえがちな「ピンクマスク」は、落ち着いたブラウントーンでまとめると◎。シャツとカーディガンでグラデ―ションを作るのが、こなれて見えるコツです。ミディ丈のスカートなら、ハイカットスニーカーが抜け感を出しやすいのでおすすめ。大ぶりピアスで顔周りを華やかにして。

    マスク¥1,200シャツ¥4,900(ともにベイフロー/アダストリア)カーディガン¥21,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)スカート¥17,000(マカフィー/TOMORROWLAND)バッグ¥17,000(マルシェ/フラッパーズ)スニーカー¥12,000(コンバース/コンバース インフォメーションセンター)ピアス¥18,000(ラウラロンバルディ/素ピック&スパン ルミネ有楽町店)

    『CLASSY.』2020年10月号より

  • 「白シャツ」を使ったあか抜けコーデって?
    キレイ見えする白シャツは、カットオフのデニムパンツを合わせれば、こなれた着こなしに。シャツを前だけにインすることで、ほどよいラフ感が演出できます。足元は、真っ赤なヒールでアクセントをつけると◎。

    シャツ¥34,000デニムパンツ¥29,000ジャケット¥123,000(すべてマディソンブルー)バッグ¥155,000(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)パンプス¥26,000(ツル バイ マリコ オイカワ)時計¥12,900(クルース/ズーマ)ネックレスチェーン¥28,800チャーム¥16,000(ともにノウハウ/ノウハウ ジュエリー)

    『CLASSY.』2020年10月号より

  • 「リラックスワンピ」を上品に着るなら?
    手抜きに見えがちなリラックスワンピは、ジャケットを羽織ることで、高見えな着こなしに。ジャケットの袖を少しまくれば、抜け感が備わります。明るめのブラウンの小物で、秋要素をプラスして。

    ワンピース¥62,000(ebure)ジャケット¥49,000(カオス/カオス表参道)リング[右手]¥115,000[左手]¥200,000バングル¥155,000(すべてウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サンダル¥83,000バッグ[9月展開予定]¥209,000(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)

    『CLASSY.』2020年10月号より

  • 脱ブラック!今年らしい「甘めブラウス」とは?
    いつものブラウスコーデをアップデートするなら、ブラウンを選んで女性らしい落ち着いた雰囲気を手に入れて。ウエストマークのリボンは、さりげなく甘めの要素をプラスしてくれます。レオパード柄のバッグやブルーのパンプスを合わせれば、ワンツーコーデが一気に華やかな仕上がりに。

    ブラウス¥9,800(アンクレイヴ/オンワード樫山)パンツ¥13,000(ヘルシーデニム/ゲストリスト)バッグ¥240,000(ザンケッティ/ドレステリア 新宿店)パンプス¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)イヤリング¥7,000(エネーダ/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)ネックレス¥17,000(ココシュニック)

    『CLASSY.』2020年10月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、上野ほのか
※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE