特集

既に売り切れ間近!? YOKO CHANのペプラムトップス【やっぱり可愛いのが好きな大人へ】

大人になったからって、好きなものは諦めなくていい――。発売中のCLASSY.10月号「大人になっても『可愛い』がやめられないあなたへ」は、編集部内でも甘党&アラサー以上(!)のスタッフで作っています。そんな甘党スタッフ=スタイリスト児嶋里美さん、ライター北山えいみ、編集Kが誌面に掲載した中から「私だったら特にコレ欲しい!ていうか買っちゃいました!」を紹介。第二回目はライター北山のBEST 1をその理由とともにお届けします。

YOKO CHANのペプラムトップス¥22,000

既に売り切れ間近!? YOKO CHANのペプラムトップス【やっぱり可愛いのが好きな大人へ】

す、素敵~♡ とコーディネートルーム(スタイリストさんがコーデを組む場所)でみんなで声を合わせてしまったのがこちら、YOKO CHANのペプラムトップス。ライター北山さん、めちゃくちゃ着てそうです。

「はい(笑)。元々ペプラムトップス×黒パンツは私の制服コーデです。背が158㎝と高くなく、小さい子供もいるので足元はぺたんこが鉄則。だからお尻が隠れるペプラムトップスにストレートなパンツは、スタイル良く見えてラクなので一番よくするコーディネートかもしれません」

わかります!ラク・スタイルよく見える・気分がアガるの3大条件は、アラサー以上の装いに欠かせないですよね。

「それだけに、ペプラムトップス何枚持っているんだ(笑)って感じですが、それでもこのYOKO CHANのトップスが即欲しい!と思ったのは、上がカットソー地で下がハリ感のある光沢素材、と切り替えてあるから。カットソー×光沢素材のハイブリッドゆえ、母的行事などのきちんとシーンには×きれいめパンツで、撮影などのカジュアルシーンには×デニムで…とどちらにも着られると思います」

確かに…。濃いネイビーなのも、×黒でも、誌面のコーデのようにベージュでも、そしてデニムでも合いそうでいいですよね。

「でも!このトップス、CLASSY.発売日にすでに、ブランドに多数問い合わせがあったとのことなんです。だからもう売れちゃっているかも‥私も急いで買いに行こうと思ってます!」

【撮影日のライター北山】この日もSEVEN TEN by MIHO KAWAHITOの赤ペプラムトップス×パンツ♡ 足元はもちろんぺたんこでした。神戸出身ゆえ、ミーハー魂ありつつも根がコンサバ、とは本人の弁。VERYでも活躍中。
【撮影日のライター北山】この日もSEVEN TEN by MIHO KAWAHITOの赤ペプラムトップス×パンツ♡ 足元はもちろんぺたんこでした。神戸出身ゆえ、ミーハー魂ありつつも根がコンサバ、とは本人の弁。VERYでも活躍中。

撮影/水野美隆(zecca)  構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE