特集

CLASSY.スタッフの本気で自腹買いアイテム 【2020年10月号編】

CLASSY.スタッフが、最近買った名品とは…?憧れジュエリーから最新ヘアアイロンまで、幅広い9点をドドンとご紹介します。

  • CLASSY.スタッフの本気で自腹買いアイテム 【2020年10月号編】

    HERMÈSのサンダル
    街でもよく見かける「オラン」は、人とカブらない配色に惹かれて購入。意外と服の色を選ばずどんなコーディネートにも合うので、本当に毎日のように履いている、この夏の登場率No.1シューズです。(スタイリスト/荒木里実さん)

  • CELINEのミニバッグ
    お店にフラッと入って、あまりの可愛さに衝動買い!普段ロゴアイテムはあまり選ばないのですが、トリオンフとの組合せが上品だなと。キレイめにもカジュアルにも似合うので、早くもヘビロテ中です。(ライター/野田春香さん)

  • SOPHIE BUHAIのアンクレット
    スポサンやビーサンを履くときに女らしさやエッジが出せる〝ひとさじ〟を探していました。そんなときに出合ったのがこのアンクレット。バロックパールから漂うほどよいモード感も購入の決め手に。(ライター/棚田トモコさん)

  • 古谷浩一さんの和食器
    作家さんの器は一期一会なので素敵なものに出合ったら購入するようにしています。とくに白い器は使いやすいので集まりがち。買ってきたお惣菜もお気に入りの器によそうと、ちょっとした外食気分に。(スタイリスト/児嶋里美さん)

  • Cartierのトリニティリング
    異動の際「これからも頑張ろう」という言い訳とともに。スタイリスト斉藤美恵さんに「トリニティは人差し指がカッコいい」と教わり人差し指サイズで。ハンサムな雰囲気になる気がして気に入ってます。(編集/小林麻衣子)

  • allurevilleのパンツ
    細いサスペンダーと小さなドットが気に入っている楽ちんパンツは、今ならTシャツに、秋ならニットに合わせたりと、季節をまたいで使えます。ほどよいワイド感&シワになりにくい素材の優秀な1本です。(スタイリスト/平沼洋美さん)

  • little $uzieのパンツ
    「光沢のある楽ちんパンツが欲しいな~」と思っていた矢先、「まさに!」なものを発見。2色から絞れず、両方購入することに。ぶかっと大きなトップスに合わせて、リラックスに全振りしたコーデが気分です。(編集/陣内素実)

  • TOMORROWLANDのジャケット
    オシャレも怠惰になりがちな自粛期間に、シャキッとしたくてジャケットを新調。オンにもオフにも着られる大きすぎず小さすぎないサイズで、いつものカジュアルにサッと羽織るだけでサマになります。(ライター/佐藤かな子さん)

  • L4K3 ITALYのバッグ
    大きめトートが欲しくて見つけた「L4K3」は、スタイリストの妹とイロチ買い。ハンドクラフトの航海用ロープがアクセントになっていて、持っていると「どこの?」と訊かれるヒキの強いバッグです。(ライター/濱口眞夕子さん)

撮影 / 村本 祥一( BYTHEWAY)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE