特集

アラサーがやりがち!夏のNGヘア❸「ウェーブボブ」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.3】

女性であれば、髪の悩みは尽きません。ヘアサロンに行くたびに髪を切ろうか伸ばそうか悩み、前髪をどうしようかアドバイスを友人に求め、結果どんな髪型がいいのか分からない…なんてことも。
インスタグラムで人気連載「モテ髪研究所」を配信中のイラストレーターの@tmr_illustさんに、アラサー世代にちょうどいいオシャレなヘアスタイルについて、毎週解説していただく連載好評掲載中。今月のテーマは「夏のモテるボブ」です。

こういう人いる!アラサー世代のNG「ウェーブボブ」

くるんとカールがついた巻き髪ボブ、それ古いです

アラサーがやりがち!夏のNGヘア❸「ウェーブボブ」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.3】

内巻きのボブでもなく、外ハネのボブでもなくいわゆる「巻き髪のボブ」も根強く人気がある髪型です。今回紹介するありがちなNG例は、特にロングだった人がレングスを短くした際にやりがちなスタイリングかもしれません。長いレングスだとしっかりとしたカールがサマになりますが(とはいえロングヘアでも、あまり見かけなくなりつつあります)、ボブの場合は重たさが際立ち、もっさりして見えがちなので要注意です。

モテちゃう?オシャレな「ウェーブボブ」今のおすすめは

細かく巻いて、きちんと崩す。この2ステップで今ドキボブに

しっかりとしたカールの、動きあのあるボブで何より大事なのは「アイロンで細かく巻く」と「きちんと崩す」の2つを守ること。まずは、全体的に普段使っているアイロンで構わないのでざっくり巻いて、手ぐしを入れて毛先からしっかり崩します。さらに、顔周りや表面、毛先などポイントで細かく巻くと、今っぽいほつれたような質感に近づきます。目尻の横や後れ毛は内巻きにすると膨らんでしまうので、リバースに巻いたほうが可愛く。また、ハチ部分は根元まで巻かず、中間からリバースに巻くとボリュームが抑えやすいのでシルエットのバランスが取りやすいです。ちょっとしたアイロンの工夫でボブはもっとオシャレに!ぜひ、次のヘアスタイルの参考にしてみては?

💡まとめ「モテるアラサーのウェーブボブ」

●ウェーブボブは、ロングの時と同じアイロンの巻き方ではNG」
●まずは全体をざっくり巻いて、きちんと崩すことが大切
●顔周りや表面はポイントで細かく巻いて変化をつけるとさらに可愛く

この連載を担当するのは…
@tmr_illust
インスタグラムやtwitterにて「モテ髪女子」を発信しているイラストレーター・デザイナー。人気サロンのヘアスタイリストとの繋がりも豊富で、ファッションや美容に関するリアルな情報が集まっている。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE