特集

指先までオシャレは抜かりなく!CLASSY.スタッフのネイル拝見①|

オシャレは指先まで抜かりなく!そんなCLASSY.スタッフのネイルをお届けします!次のネイルチェンジ時に、是非参考にしてみてくださいね。

1.辛口カジュアル派もネイルは遊び心たっぷり

ライターMさんのデザインは白ラインがポイント

  • 指先までオシャレは抜かりなく!CLASSY.スタッフのネイル拝見①|

    いつもデザインがオシャレ!と評判のファッションライターMさんの6月のネイルがこちら。優しいレモンイエローと深いグリーンの配色に、繊細な白ラインが爽やかさを添えて。

  • そしてチェンジした7月のネイルデザインがこちら。ミントブルーの涼しげなカラーを基調に、白ラインのラインがアクセント。色々な塗り方を組み合わせているのに、色数を絞ることで大人っぽくまとまっているのがさすがです!

2.キレイめ派はさりげない可愛さをネイルで演出

スタイリストKさんはドットやボーダー使いが◎

  • 変わりフレンチで個性を出したスタイリストKさん。小さめドットを黒のラインで引き締めて、薬指だけコーラルピンクにして抜け感をプラス。甘すぎない大人のドットネイルの手本です。

  • こちらはスタイリストKさんの別の月のデザイン。細ピッチのボーダーと、ペールブルーの組み合わせが絶妙です。インパクト抜群なミッキーのリングともマッチしてますよね。

3.シンプル派はワンカラーでさり気なく

トレンドカラーや季節感をネイルで表現

  • 編集Mはくすみブルーのワンカラーに、パールとストーンで薬指にワンポイントをプラス。ニュアンスのあるブルーの発色が、夏らしくも大人っぽい印象です。

  • こちらは編集Tのネイル。前回がシンプルなベージュ系だったらしく、その反動で(!?)気分一新、ピンクにしてみたそう。夏ど真ん中を過ごすネイルは、ちょっと派手めでも◎。ややパープルがかったピンクは、トレンドの茶系の服と相性が良さそう、とのこと。

  • 最後は編集Nのネイル。基本はシアー感のあるピンクブラウンに、ゴールドのラインや天然石のように輝く“マグネットネイル”をポイントで。さらに、左の薬指の先端には雨粒のようなアクセントをあしらいました。

構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE