【アラサー女子の老化予想図】お姉さんがおばさんになっていく「7つの変化」

私たちアラサー女子は“お姉さん”と“おばさん”の境界線上にいる。残念ながら老化はしていくけれど、これからどう変わっていくか知ることで、心構えができ、きちんと対策できるもの。アラサー世代からしっかりと予防をしておけば、美しく、健康的に年を重ねることができるんです!

これから先、私たちに起こる エイジング予想図

いつだって「今が一番若い」ことを忘れないで

エイジングって、一体何が起こるものなの? 改めて聞かれるとよくわからない“老い”について、具体的にどんな変化があるのか、年齢ごとに教えてもらいました。

このお話を伺ったのは【銀座よしえクリニック都立大院 院長・青木 晃先生】

多くの生活習慣病患者やがん患者

多くの生活習慣病患者やがん患者の診療を経験。「老化が病気を引き起こす」という観点から、抗加齢医学の分野で早くから活躍。

老化のスピードは、あなたを取り巻く環境に約8割関係

アラサー世代の皆さんは、20代と比べて、ダイエットをしても結果が出にくいと感じていたり、肌の老化が気になりだしているのではないでしょうか。それもそのはず、基礎代謝は15~16歳をピークに落ちていきます。つまり、その頃と同じ生活をしていると太るということ。そもそも、神様は人間の寿命を50歳とプログラミングしています。しかし、文明の進化により人生100年時代に。本来50歳で死ぬはずの生物がその倍以上生きるということは、何かを足していくか、もしくは老化のスピードを緩やかにする必要があります。それを叶えるのがアンチエイジング(抗加齢)医学です。老化の仕方は、25%が遺伝、75%が環境です。その環境の部分をコントロールすることで老化のスピードはぐんと遅らせられます。注目すべきは、体を錆びさせる喫煙などの悪習慣から引き起こされる“酸化ストレス„と糖質の取りすぎで起きる“糖化ストレス„。この2つを早いうちからできるだけ食い止める努力が必要です。

イラスト/Yurie Terasawa 取材/棚田トモコ 

Pickup