「正しい笑顔の作りかた」簡単3ステップ【写真で上手に笑えない人必見】

アラサーになると、途端にハードルが高くなる「他撮り」。でも、結婚式などの大事なイベントでは特に「写真映り」は重要ですよね。「どの写真も引きつった笑顔で不自然…」なんて事態は避けたいところ。そんな日に備えて、美しい笑顔を作るための「おうちトレーニング」を伝授します!

こんな悩み、ありませんか...?

「笑っているつもりが、どこか引きつったような顔に…」

「自分では精一杯笑っているつも

「自分では精一杯笑っているつもりが…一生懸命笑いすぎて引きつり、こわばった顔になってしまいます。『自然な笑顔で!』と言われるたびに、どんどん頭が混乱していきます。」(井原陽子さん 医療関係・32歳)

はじめに

まずは「フェイスニング」の効果を検証!

それでは、「フェイスニング」のやり方を紹介!

1. 歯を見せた笑顔のトレーニング

頬のこわばりを解消!

頬を斜め上に引き上げることで、目も自然と笑いやすく。

2. 口を閉じた微笑みトレーニング

口角の垂れ下がりを予防!

口角がナチュラルに上がった朗らかな笑顔に

3.まぶたの引き上げトレーニング

目元の垂れ下がりを予防!

ハリのある上まぶたを作り、目力アップ!

顔の内側に眠っている表情筋を呼び覚ますことで、自然で美しい笑顔を引き出してくれるフェイスニング。毎日実行し、5日以上は間隔をあけないように。このトレーニングは、「老け見え防止」にもぴったり!毎日実践して、写真映えする自然な笑顔を身に着けて。

こちらの先生方に教わりました!

フェイスニング講師 石田隆子さ

フェイスニング講師
石田隆子さん
赤坂にある教室「オフィス カラ(http://office-cara.com)」を主宰。トレーニングによって変わる顔の表情で印象が激変! 優しく丁寧なレッスンが人気。スカイプレッスンもあり。

ソシエテ ヴィザージュ 代表

ソシエテ ヴィザージュ 代表
犬童文子さん
美容医学研究所ソシエテ ヴィサージュ代表。医学と科学に基づいた顔のトレーニング「フェイスニング」を開発。マスコミやセミナーで活躍中。

再構成/CLASSY.ONLINE編集室
※この記事は「CLASSY.WEDDINGBOOK」2017秋冬号を再編集したものです。

Pickup