特集

不器用さん向け!ボブ&ロングの簡単ヘアアレンジ【くるりんぱが楽すぎ】

新型コロナウイルスの影響で、大切な「おうち時間」。しばらくヘアサロンに行けない人もいるかもしれません。そんな時は、これを機会にヘアアレンジをもう一度練習してみてはいかがでしょうか。今回は、簡単にできるスタイルを、ボブの人とロングの人向けに2種類ご紹介します。不器用さんでもできるヘアアレンジ、またみんなで外出できる日に備えて練習してみましょう!
第1回目はおなじみの「くるりんぱ」を使ったアレンジからご紹介します。

1. ボブの人の「くるりんぱ」ヘアアレンジ

髪が短い人はオールバックのハーフアップで手軽にデキる女感を演出

  • 不器用さん向け!ボブ&ロングの簡単ヘアアレンジ【くるりんぱが楽すぎ】

    Front

  • Side

  • Back

オールバックの前髪と、くるりんぱをミックスしたボブ向けのハーフアップです。毛流れをタイトにしている部分をつくり、シルエットにメリハリを出して頭を小さく見せます。顔周りは潔く出して、すっきりと。気合を入れて仕事をしたい日におすすめのアレンジです。

こんな人に向いています

Before
☑肩につかない長さのショートボブ
☑ワンレングス~ややグラデーション
☑前髪はなし
☑髪質はやや柔らかい髪質
☑クセは少しある

【How to】くるりんぱはタイトに作るのがポイント

  • ❶トップの髪をゴムで結んでポニーテールにします。あまり多く分量を取らないこととがポイントです。

  • ❷表面部分を指でつまんで引き出します。細かく数回引き出して、高さと立体感を出します。

  • ❸サイドの髪をぐっと後ろに持ってきて、先ほど結んだゴムの上で結びます。毛束を鉢巻きのようにタイトに締めて、シルエットにメリハリを出します。

  • ❹毛先を上から通してくるりんぱします。毛束は崩さずに、タイトさをキープして完成です。

2. ロングの人の「くるりんぱ」ヘアアレンジ

ロングヘアのボリュームを生かしてざっくりと仕上げる

  • Front

  • Side

  • Back

一見普通のくるりんぱですが、中には三つ編みが隠れています。シンプルにくるりんぱをつくるよりも、ボリュームがでて、髪の動きがより表現しやすくなります。「髪を引き出して崩して、こなれ感を出す」という工程が苦手な人にもぴったりのアレンジです。カジュアルなコーデに合わせたい、ルーズな毛流れもポイント。

Before
☑鎖骨くらいのミディアムロング
☑表面にレイヤーが入ったワンレングス
☑前髪は目にかかる長さ
☑髪質はやや硬い髪質
☑クセはあまりない

【How to】三つ編みとくるりんぱの毛束は大胆に引き出して

  • ❶トップの髪を、三つ編みにします。中間から毛先ぐらいまで、ざっくりと編んでいきます。

  • ❷他の部分を、三つ編みとまとめて一つに結び、ポニーテールのような状態にします。

  • ❸三つ編みにした部分の上に毛先を挟み込むように、毛束を上から通してくるりんぱします。

  • ❹ゴムを手で押さえながら、くるりんぱした部分と三つ編みを指でつまんで引き出します。回数は多めに、束は太めにざっくりと引き出すのがポイントです。

今回のヘアを解説してくれたのは…
ヘアメイクアーティスト
鈴木富美子さん(ヘアサロンEMBELLIR・代表)

スタッフ全員が毛髪診断士の資格を取得している、髪の美しさにこだわるヘアサロン「アンベリール」代表。大人らしい上品なヘアアレンジが得意で、着物やウェディングのアレンジ本を多数出版。20代~50代以上まで、幅広い層の女性たちからの厚い支持を受けている。サロンではオリジナルのヘアアクセサリーの販売や、ヘアセットのオーダーも可能。

EMBELLIR アンベリール
東京都渋谷区神宮前4-2-22 アビターレ2F
☎03-6447-4263 営業平日11:00〜20:00 / 土日祝 10:00〜19:00(火曜定休)
https://www.embellir.jp.net/
Instagram→@embellirhairstyle @embelliromotesando

撮影/奥村浩毅 ヘアメーク/鈴木富美子(EMBELLIR) モデル/吉村奏<ボブ>(フリーランス・27歳)、金城華乃子<ロング>(28歳・ライター/マーケティング)【ともにCLASSY.LEADERS】 取材・編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE