特集

【750円から】「キャンメイク」はアイシャドウもリップも超使える!春のプチプラコスメ大研究

季節によって買い足したくなる新作コスメも、ワンシーズンで使いきれないことの方が多いですよね。上品な雰囲気に仕上げてくれるハイブランドコスメももちろん必須ですが、最近のプチプラコスメが優秀すぎるとSNSを賑わせています。そこで今回はアラサー世代でも使いやすい「プチプラ神コスメ」を徹底解析!CLASSY.をはじめ、数多くの女性誌で活躍されるヘアメークさんにアラサー世代にぴったりの使い方を教えてもらいました。
今回は、ファンも多い「キャンメイク」のアイシャドウパレット&新色リップの実力を検証します。

「キャンメイク」のアイシャドウ4色パレットはデイリーに最適

毎日使いにぴったり!750円でこのクオリティはすごい!

【750円から】「キャンメイク」はアイシャドウもリップも超使える!春のプチプラコスメ大研究

秋冬に愛用していたボルドーカラーから移行しやすい深みのあるピンクカラー。春はいろいろなバリエーションのピンクが人気です。くすみを飛ばせるような透明感が増す発色なのでぐっと春めいたアイメークが叶います。

使ったアイテムは【CANMAKE シルキースフレアイズ02】

ヘアメークの小松さん曰く「02のローズセピアはピンクが入っているアイシャドウをまず試したいという方に使いやすい4色」とのこと。上2色は抜け感がある色でバランスよく配色されているので使いやすく、左下を中間色、右下を締め色として使うのが正解。他にはベージュ系や赤みブラウン系とどれも使い勝手が良さそうなラインナップ。CANMAKE シルキースフレアイズ 上から01、02、03 各¥750(すべて井田ラボラトリーズ)

5STEPの簡単【逆横グラデ】で上品なアイメークの完成

  • ① 左下のピンクをとって、ブラシで二重幅の目頭を中心に乗せます。濃い色を目頭にもってくるときゅっと中心に寄ったメークに。

  • ② 右上のラメを上まぶたの外側から内側にかけて、①のプロセスの流れと逆になるように乗せます。

  • ③ 左下の色を黒目の下に入れます。

  • ④ 目元全体が赤っぽく見えてしまうのを避けるため、③に右上の色を重ねて緩和させるように馴染ませます。

  • ⑤ 右下の色を上まぶたにアイライン代わりとして細く入れて、目をきゅっと引き締めたら完成です。

こちらも注目!「キャンメーク」のリップ新色3色塗り比べ!

生レアルージュの新色は早速完売注意報!

2019年に発売され完売が続いた人気リップ「メルティールミナスルージュ」にティントタイプが登場。唇に乗せると溶けるような塗り心地のリップはSNSでも人気沸騰!みずみずしい質感でリップグロスを塗ったようなツヤが生まれ、なおかつ落ちにくいティントタイプと言うことなし!4月1日発売予定の新色3色の塗り比べをレポートします。

①薄めのコーラルピンクでぱっと華やかに

  • 顔色が明るくなるのに派手すぎないブライドピンクコーラルカラー。春めいたメークやコーディネートにも相性よく使えます。

  • CANMAKE メルティールミナスルージュ T01 ¥800(井田ラボラトリーズ)

②上品なのに可愛いピンクベージュカラー

  • 黄味寄りのベージュでTPO問わず使えるリップ。顔色が悪く見えると懸念しがちなベージュもほんのりピンクが混ざると使いやすいんです。

  • CANMAKE メルティールミナスルージュ T02 ¥800(井田ラボラトリーズ)

③ビタミンカラーのような鮮やかレッド

  • 秋冬使っていた暗めの赤リップも一旦卒表!ビビッドな朱赤リップを選んでテンションを上げましょう。透け感があるので重く見えません。

  • CANMAKE メルティールミナスルージュ T03 ¥800(井田ラボラトリーズ)

教えてくれたのは
ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメイクを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメイクから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメイクを提案してくれます。

撮影/千葉太一 モデル/桐 嵯梨 ヘアメーク/小松胡桃<ROI> 取材/角田枝里香 構成/CLASSY.ONLINE編集室

お問い合わせ先:井田ラボラトリーズ 0120-44-1184

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE