特集

顔が大きく見えない!簡単小顔ポニーテール【ヘアメークさんが撮影でめっちゃ使ってます】

毎朝、さくっと時短でアレンジしたいのに、なんだか今っぽく仕上がらなくて何度もやり直した結果、何が正解なのか分からずダウンスタイルで出勤…なんてことありませんか?コツさえ掴めば、たった10分で問題解決!今回は顔が大きく見えない小顔アレンジを紹介します。こなれて見えるヘアアレンジをヘアメークさんに教えてもらいました!

1.絶妙に髪を散らし、立体感を演出した「ポニーテール」

【あるある!やりがちNGスタイル】全ての髪を潔くひっつめてしまう!

  • 顔が大きく見えない!簡単小顔ポニーテール【ヘアメークさんが撮影でめっちゃ使ってます】

    Front

  • Side

本当は一番楽なオールバックのアレンジ。やはり顔が全面に出てしまうから、小顔には程遠く、ただ結ぶだけでは手抜き感が隠せません。せめて頭頂部を引っ張ってメリハリを出しましょう。

【正解アレンジ】透け感のある前髪や後毛で今っぽさを出す

  • Front

  • Side

ちょっと恥ずかしいときは後れ毛テクニックに頼るのが正解!束感を出して顔周りを上手に隠します。シースルーで透け感のある前髪も今っぽさを出すポイントのひとつ。シルエットを野暮ったく見せないために、立体感を作るのは頭頂部から後頭部にかけてだけ。サイドはタイトにまとめます。

【透け感ポニーテールの作り方】

  • ① 高めの位置でポニーテールを作り、産毛に近い前髪をつまみ出します。全部を出すのではなく、シースルーっぽく3分の1程度バランス良く出していきます。

  • ② 頭頂部からトップの毛をつまんで引き出し、さらにその横にあるハチ周りの髪をつまみ出していきます。

  • ③ ポニーテールの結び目の下にある、襟足の髪をつまみ出します。そうすることでゆるっと感がアップ。

  • ④ 横から見たときに、結び目下のゆるっと感がポイントになります。

  • ⑤ 後れ毛の毛先にはワックスをつけて束感を出します。このアレンジが小顔効果を狙えるポイントです。

2.分け目をざっくり取るアシンメトリーな「ポニーテール」

【あるある!ありがちNGスタイル】デコ全開で顔デカに

一見クールな印象のおでこ全開のタイトなポニーテール。顔の大きさを包み隠さず出してしまいがちな、難易度の高いアレンジなんです。

【正解アレンジ】前髪にアレンジ!おでこに三角形を作って小顔見せ

前髪は全部あげてしまうのではなく、8対2の割合でサイドに寄せ、おでこに三角形のシルエットを作りますサイドの髪はふわっと散らしてニュアンスを残すこともポイント。

【斜め前髪ポニーテールの作り方】

  • ① 前髪をナチュラルに8:2の割合で分け、ジグザグに分け目を作ります。

  • ② 分け目に合わせて、束を取って逆毛を立ててボリュームを出します。コームか手グシを使って。

  • ③ 頭頂部にボリュームをもたせながら、下の位置でポニーテールをぎゅっと縛ります。このときサイドの毛は顔周りにふわっと散らせてニュアンスを残しましょう。

  • ④ ポニーテールの結び目に毛先から取った髪を一束巻きつけ、ゴムを隠して完成です。

教えてくれたのは
ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメイクを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメイクから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメイクを提案してくれます。

撮影/千葉太一 モデル/桐 嵯梨 ヘアメーク/小松胡桃<ROI> 取材/角田枝里香 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE