特集

PMS対策コスメ5選|アラサー的女性ホルモンとの付き合い方【連載 コスキチCLINIC-Vol.6-】

肌が荒れたり、眠くなったり、イライラしたり…。生理前に起こる心や体の不調、PMS(月経前症候群)。オーガニックコットンのナプキンやハーブティーなどコスキチらしい目線のお助けアイテムを紹介します。

ホルモンバランスを 整えてくれるハーブを 上手に取り入れるのが PMS改善の近道!

1、やさしい肌触りでPMS、そして生理痛も軽減したという声も!

肌に触れる部分はオーガニックコットン、他の部分も自然素材で作られたナプキン。ナトラケア ウルトラパッド スーパー(ふつうの日~多い日用 羽付き)10個¥620(コスメキッチン)

2、生理前後の肌トラブルや顔・背中などにできた〝大人ニキビ〟の救世主

プツッとニキビができたときや、できそうなときにたっぷり塗って、ストレスフリーな肌へ。アロマセラピーカンパニー フェミニンSOS クリーム 25g¥3,700(コスメキッチン)

3、ヨーロッパで月経不順やPMS対策に用いられる伝統的なハーブ

女性ならではの不調をサポートし、伝統的なハーブとして重宝される〝チェストベリー〟のお茶。エルボリステリア ティザンヌ チェストベリー 100g ¥2,600(コスメキッチン)

4、女性ホルモンの乱れをサポートする、ブレンドタイプのハーブ浸出液

生理前のむくみ、倦怠感、便秘、イライラなどにも! お水に入れるだけで手軽に摂取できます。コスメキッチン エルボリステリア タンチュメール for woman 30g¥2,800(コスメキッチン)

5、どんと重い下腹部やだるさを感じる部分をゆっくりマッサージ

月経時にリラックス効果や快適さを与えるハーブを配合したオイル。生理が始まる1週間前から使用するのがおすすめです。アルジタル 5DAYオイル 30㎖ ¥3,600(コスメキッチン)

 

【Column】他にもPMS対策の豆知識をご紹介。まずは自分が心地いいと感じる範囲で、適度に体を動かすこと。たとえばヨガは、ホルモンバランスを整えたり、深い呼吸で精神的にもリラックスできます。また女性ホルモンに似た働きをする〝イソフラボン〟を摂取するのもおすすめです。

撮影/佐々木 健 取材/広田香奈 編集/月田彩子 撮影協力/富士フイルム、AWABEES、UTUWA

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE