特集

2020年春にオススメの「アラサー向けボブ」を徹底解説【アレンジ方法つき】

きちんとしているけれど、どこかラフな雰囲気もあるCLASSY.モデルであるオードリー亜谷香のボブ。アレンジ次第でさまざまなイメージになれるから、デイリーに印象を変えたいときにもぴったり。この春の気分にしっくりくるように、さらにアップデートされたボブヘアを大解剖します。

おなじみのボブスタイル、春に向けて新しくなりました!

2020年春にオススメの「アラサー向けボブ」を徹底解説【アレンジ方法つき】

Point1…おろしてもまとめてもOKな長めの前髪
短くてすっきりしているけれど、アレンジもできるのがボブのいいところ。長めの前髪をつくっておけば顔周りの自由度がアップ。

Point2…顔周りがぐんと華やかになる、レイヤー
前上がりのボブをベースに顔周りにレイヤーを入れるのがオードリーボブの要。ひし形シルエットになるように入れるのが大切です。

Point3…前上がりボブで可愛らしい雰囲気を後押し
最新のオードリーボブは、フェミニンな印象に仕上がる、前上がり。前髪は長く薄めにして、色々なアレンジができるような工夫が。

ジャケット¥79,000(INÉDIT)タンクトップ¥9,800〈R JUBILEE〉デニムパンツ¥23,800〈SERGEde bleu〉(ともにショールーム セッション)ピアス¥11,782バングル[2本セット]¥4,419(ともにアビステ)

スタイリング方法はこちら!

  • 1.髪をざっくり4つに分け、26㎜のコテで毛先を外巻きに。細かく巻かないほうが旬。

  • 2.前髪から頭頂部までの髪を縦に2ブロックに分け、前髪を前方に引き出し毛先をひと巻き。

  • 3.頭頂部の髪も毛先から内にひと巻き。コテを垂直に持ち上げると髪が横に広がりやすく。

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)〈人物〉 モデル/オードリー亜谷香 メーク〈オードリー分〉/小松胡桃(ROI) スタイリング/中村真弓 イラスト/Yurie Terasawa 取材/棚田トモコ 編集/前田章子 撮影協力/AWABEES

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE