特集

顔が大きく見えない!ボブ&ロングの簡単ヘアアレンジ【2020年春夏】

ボブの人も、ロングの人もヘアアレンジするときに一番気になる「顔が大きく見える」という悩み。よく「顔周りに後れ毛を残して輪郭カバー」して小顔に…と言われますが、実はすっきりと髪をまとめた方が、顔が大きく見えないこともあるんです。特に顔がたるみがちな人に有効なテクニックを使ったアレンジを、ボブ&ロングの両方の人に向けてご紹介します。

ボブの人向け「くるりんぱハーフアップ」

縦長のシルエットで丸顔を解消

  • Front

  • Side

  • Back

ハーフアップにくるりんぱを何回も繰り返したヘアアレンジ。ボブの場合、顔周りに後れ毛を残すと輪郭カバーできずに、むしろ逆に顔が大きく見えてしまうことも。そこで、髪を後ろに向けて引っ張ることでたるみをケア。フェイスラインをすっきりと見せてくれます。トップに高さを出して、縦長のシルエットを作ることも大切です。

Point「顔周りの髪をキュッと後ろに引っ張ること」

トップ、サイドの髪を後ろに持ってきて結んでいるので、フェイスラインをキュッと引き締めます。細かく何回も後ろに持っていくのがポイント。

プロセス

  • ❶トップは毛束をゴムで結んでポニーテールにします。ややたるむ程度に結びましょう。

  • ❷左サイドの髪を、先ほど結んだポニーテールの根元付近を通して後ろに引っ張ります。

  • ❸さらに、毛先は右サイドの髪と合わせて写真のようにポニーテールにします。

  • ❹トップは表面部分を細かく毛束を引き出して、高さをしっかり出します。

  • ❺左右の耳上の髪は、先ほどの2つのポニーテールをまたぐようにしてゴムで結びます。

  • ❻毛先を上から通して、くるりんぱします。

  • ❼同様に、耳後ろの髪も後ろにもってきて、ゴムで結んでくるりんぱします。

  • ❽くるりんぱした部分は指で引き出して崩して完成です。

ロングの人向け「サイドタイト低めシニヨン」

サイドをタイトに締めることが大切

  • Front

  • Side

  • Back

ロングのアレンジでは、低めの位置でロールをつくった“ギブソンタック”風のヘアがおすすめです。毛量が多く見えるロングでは、サイドをタイトに締めるのがポイント。頭が大きく見えないように意識してアレンジをつくりましょう。

Point「サイドに締まりをつくる」

ボブのアレンジと同様に、顔まわりはすっきりさせつつ、髪を後ろに引っ張ることでフェイスラインを引き上げます。全体を一度に後ろに持っていくのではなく、サイドの部分の毛束を後ろに持っていくことで、引き締め効果がアップします。

プロセス

  • ❶サイドの髪を残して、全体をゴムで結んでポニーテールにします。

  • ❷毛先を上から通して、くるりんぱします。

  • ❸トップは表面を指でつまんで細かく引き出して崩します。

  • ❹サイドの髪は、後ろに引っ張るようにして持ってきて、ゴムで結びます。

  • ❺毛束を上から通して、くるりんぱします。毛先は最初にくるりんぱした部分の中に入れ込み、他の毛束と合わせます。

  • ❻くるりんぱした部分は指でつまんで引き出して崩します。

  • ❼毛先付近をゴムで結びます。

  • ❽くるくると内側に向けて丸めていきます。

  • ❾毛先はピンで固定します。

  • ➓左右に毛束を引き出してロールを大きくして完成です。

今回のヘアを解説してくれたのは…
ヘアメイクアーティスト
鈴木富美子さん(ヘアサロンEMBELLIR・代表)
スタッフ全員が毛髪診断士の資格を取得している、髪の美しさにこだわるヘアサロン「アンベリール」代表。大人らしい上品なヘアアレンジが得意で、着物やウェディングのアレンジ本を多数出版。20代~50代以上まで、幅広い層の女性たちからの厚い支持を受けている。サロンではオリジナルのヘアアクセサリーの販売や、ヘアセットのオーダーも可能。

EMBELLIR アンベリール
東京都渋谷区神宮前4-2-22 アビターレ2F
☎03-6447-4263 営業平日11:00〜20:00 / 土日祝 10:00〜19:00(火曜定休)
https://www.embellir.jp.net/
Instagram→@embellirhairstyle  @embelliromotesando

いかがでしたか?ただ顔周りに後れ毛を残して顔型をカバーするのではなく、髪を後ろに引っ張ることで、フェイスラインを引き締めるアレンジも有効です。ぜひお試しを。

撮影/奥村浩毅 ヘアメーク/鈴木富美子(EMBELLIR) モデル/吉村奏<ボブ>(フリーランス・27歳)、金城華乃子<ロング>(28歳・ライター/マーケティング)【ともにCLASSY.LEADERS】 取材・編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE