特集

ボブの華やかアレンジ・2020年最新トレンド【アラサーのハーフアップ】

ボブのヘアアレンジ、パーティなどのイベントの日のアップスタイルは、サロンに行くか迷うところですよね。でも大丈夫、自宅でもできる簡単なヘアアレンジがあるんです。今回は、時間がない時にも最適な、ハーフアップ編をお送りします。不器用さんでもできるアレンジ、ぜひ活用してみてください。

【写真・解説つき】「ボブの華やかアレンジ」フルアップ編

2020年トレンドの「ハーフアップ」の作り方を詳しくチェック

【シンプル派】崩した「外ハネ」のハーフポニーテールが簡単・安心

  • ボブの華やかアレンジ・2020年最新トレンド【アラサーのハーフアップ】

ファッションもシンプルなものが人気を集めている今、ヘアアレンジにもその波が到来。アイロンで外ハネにしたダウンスタイルをベースにしながら、トップの髪をさっとまとめただけのハーフアップがオシャレ見えします。前髪は上げて顔周りはすっきりと見せ、特別感を演出します。

参考:最新【外ハネボブ】カタログ10選

ヘアアレンジの作り方はこちらをチェック!

  • ①全体を32㎜のアイロンで外巻きにします。ストレートアイロンよりも、コテを使うほうが少しかしこまったシーンにはちょうどいい、自然な外ハネにできます。

  • ②トップの髪をゴムで結んでポニーテールに。毛量が少ない人はシリコンゴム、多い人は布ゴムを使いましょう。

  • ③ポニーテールの毛先から少量の毛束を取り、ゴムに巻き付けて隠します。

  • ④ポニーテールの毛先は、左右に毛束を細かく裂いてくずします。

  • ⑤トップはゴムを手で押さえながら、指で引き出して崩します。表面に溝をつけるようにして、立体感を出します。

【エレガント派】「くるりんぱ」ハーフアップなら難しそうに見えるけど実は簡単

ボブでも簡単にできるヘアアレンジとして人気の「くるりんぱ」を使ったスタイル。何回かくるりんぱを繰り返すだけで、毛流れが複雑に見えて手の込んだ印象に。セルフアップなのに、サロンでひと手間かけたように見える、エレガントなハーフアップです。

ボブの【ハーフアップ】をより上手に作るには?

ヘアアレンジの作り方はこちらをチェック!

  • ①全体の髪はゆるくアイロンで巻いておきます。トップの髪を少なめに取り、ゴムで結びます。

  • ②結び目を手で押さえながら、トップを引き出して高さを出します。

  • ③両こめかみ付近の髪を取り、左寄りの位置でゴムで結びます。最初に結んだゴムが毛束で隠れるようにするのがポイントです。

  • ④さらに毛先を上から通してくるりんぱします。

  • ⑤くるりんぱした部分は指で引き出してくずします。

  • ⑥サイドの髪を取り、右寄りの位置で結びます。先ほどと同様にくるりんぱし、指で引き出してくずします。

  • ⑦耳後ろの髪を取り、左寄りの位置で結び、同様にくるりんぱして引き出してくずします。

  • ⑧合計3回くるりんぱしたら、全体を指で引き出して、散らして完成です。

ちなみに…今回のアレンジはこんな人に向いています!

Before
☑肩につくレングスで、ややレイヤーの入ったボブ
☑髪がやわらかい、毛量が少ない
☑クセが強いので、うねりが気になる
☑アイロンでは巻くというよりクセを伸ばす

今回のヘアを解説してくれたのは…
ヘアメイクアーティスト
鈴木富美子さん(ヘアサロンEMBELLIR・代表)
スタッフ全員が毛髪診断士の資格を取得している、髪の美しさにこだわるヘアサロン「アンベリール」代表。大人らしい上品なヘアアレンジが得意で、着物やウェディングのアレンジ本を多数出版。20代~50代以上まで、幅広い層の女性たちからの厚い支持を受けている。サロンではオリジナルのヘアアクセサリーの販売や、ヘアセットのオーダーも可能。

EMBELLIR アンベリール
東京都渋谷区神宮前4-2-22 アビターレ2F
☎03-6447-4263 営業平日11:00〜20:00 / 土日祝 10:00〜19:00(火曜定休)
https://www.embellir.jp.net/
Instagram→@embellirhairstyle  @embelliromotesando

撮影/奥村浩毅 ヘア/鈴木富美子(EMBELLIR) メーク/宮寺真悠 モデル/武岡真理恵さん<ボブ>(ディベロッパー勤務・33歳) 編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE