CLASSY.

特集

世界一簡単&キレイなポニーテールの作り方【前編】

簡単そうに見えて、実は難しいひとつ結び。シンプルだからこそ、ヘアアレンジの基本が問われる髪型なんです。中でも見落としがちなのは、「巻く前のベースづくり」「ゴムの結び方」の2つです。今回は、前編ということで「ゴムの結び方」について紹介します。本誌「CLASSY.」でヘアメークを数多く担当している、ヘアサロンnaturaの保志ゴローさんに「きれいなポニーテールの作り方」をうかがいました。

まずは、キレイなポニーテールの特徴って?

①結び目を見せない
ゴムが見えているだけで、生活感が出てしまい、手抜きした印象に。結び目は必ずきちんと隠すようにして!
②トップのボリューム
オシャレなひとつ結びに見せるには、トップがペタンとせず、高さがあることが大切。シルエットを整えることを意識しましょう。
③立体感のある毛流れ
シンプルなひとつ結びを、普段使いからお出かけ仕様に格上げするのが立体的な毛流れです。毛束を引き出してラフに仕上げます。
④毛先のふんわり感
髪を結ぶ前に、アイロンでベースの巻きを仕込むひと手間を惜しんではいけません。空気感のある素敵なアップに近づきます。
⑤適度な後れ毛
こなれた雰囲気に見せてくれる、顔周りで揺れる後れ毛。顔型を補整して見せる効果もあるので、小顔に仕上げるには欠かせません。

それでは、「ゴムの結び方」に大切なことって?

ポイントは大きく分けて3つ!

  • Rule 1
    目線は上で下はしっかり、上はふんわり持つ
    まずは手ぐしを通しながら耳下の髪をきつめに持ち、耳上はふんわりと毛束をつかみます。目線を上げて結ぶことで、衿足の髪がたるんでしまうことを防ぐことができます。

  • Rule 2
    結ぶ位置は目の高さがベスト
    結ぶ位置は目の高さにするのがベスト。どんな服にも似合う万能なひとつ結びになります。鏡がなくて見て確認できないときは、後頭部の膨らんでいる位置で結ぶようにして。

  • Rule 3
    結び目に2回巻きつけて隠す
    ゴムが見えると生活感が出てしまい、オシャレ感が0に。ポニーテールの毛先から少量の毛束を引き出し、ゴムに巻きつけて隠します。髪が短い人は1回でもよいので必ず隠して。

結ぶ位置でもイメージが変わります

  • 通常の場合
    目の高さで結んでいます。

  • 高めなら…
    元気・カジュアルな雰囲気に
    つむじの位置で結ぶと、全体の毛流れが上に向かいポニーテールが揺れやすくなり、元気でカジュアルなイメージに仕上がります。

  • 低めなら…
    大人っぽく落ち着いた印象に
    衿足くらいの低めのひとつ結びは、ウエイトが下になるので大人っぽい雰囲気に。エレガントな服に最適のアップです。

ゴムの結び目の隠し方は実はコツを掴めば簡単!


  • 何重かに結んだゴムの1本を引き出し、内側から左手の親指と人差し指を通します。


  • レイヤーの入っていない、右下の髪を1束引き出して反時計回りに2回巻きつけます。


  • 巻きつけた毛束の毛先をつかんで引き出し、ゴムに通すことで結び目を隠します。


  • さらにゴムに通した毛先を半回転下にずらし、ひとつ結びにした毛束の裏に隠します。


  • 巻きつけた毛束を下に、ポニーテールの毛先を上に引っ張って、キュッと締めます。

あわせて読みたい

簡単ヘアアレンジシリーズ

ボブの人に最適!ゴムだけでできる超簡単ひとつ結びアレンジ4選

1分でできる!オシャレなのに超簡単!夏のひとつ結びヘアアレンジ4選

ショート&ボブの「短くてもできる」簡単ヘアアレンジ①~普段の日~【アラサー向け】

ボブ向けも!アイロン不要の「おしゃれで楽」なヘアアレンジ①

不器用さんでもできる!ゴム1本でできる「ボブ向け」簡単アレンジ【通勤にぴったり】

撮影/須藤敬一 ヘア/保志ゴロー(natura Aolani) メーク/中村真奈、松岡咲由梨 スタイリング/児嶋里美 取材/よしだなお 再構成/CLASSY.WEB編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE