特集

美容師さん直伝!絶対に失敗しない前髪セルフカット術【透けバング&流しバング】

髪が伸びてきてうっとうしいけど、美容室に行くほどじゃないかな…なんて時につい自分で切ってしまう、前髪!しかし、切りすぎてしまったり、思い通りにならなかったり…「切らなきゃよかった!」なんて後悔しやすいパーツなんです。
今回は、表参道で活躍する美容師さんが、失敗しない前髪の切り方を詳しく紹介します。今までの前髪セルフカット、もしかして間違っていたかも!?
実は切る姿勢や、前髪の持ち方、使う道具も大切だったんです!

セルフ前髪カットに大切な極意とは…?

【姿勢】
●カットの際はかがんだりせず、直立して切る
切った髪が床に落ちるからと、洗面台でかがんでカットしたりする人がいますが、これはは失敗のもと。普段の姿勢で切ることが、髪の毛流れに沿って切る大事なポイントです。また、切らない部分はダッカールで留めておくことも大切です。
【道具】
●眉切りバサミとスキバサミを併用する
工作用のハサミを使うのは、切りすぎてしまったり、逆に切れが悪くてラインがガタガタになってしまう可能性があるため、髪を切るのに不向きです。眉カット用のハサミを中心に使いつつ、もし持っているようであればスキバサミ(セニングシザーズ)を使うのがよいでしょう。
【切るとき】
●完全に乾いた髪が自然に落ちた状態で、少しずつ切る
いよいよ前髪を切る際に、手で引っ張りながら切ってしまう人がいますが、これは短く切りすぎてしまう一番の原因です。また、生えグセを完全に把握した状態で切るためにも、ウェットではなくきちんと乾いた状態でカットしましょう。

それでは、実際のカット手順を紹介します!

美容師さん直伝!絶対に失敗しない前髪セルフカット術【透けバング&流しバング】

1【前髪を切る前の状態】
めんどくさがらずに、ブロッキングはしっかりと!

顔周りの髪を少し残して、前髪だけを分け取ります。ダッカールで固定するか、ピンできちんと留めることが大切。余計な髪を前髪と一緒に切ってしまうことを防ぎます。髪を耳にかけただけだと、カットの最中にパラパラと毛が落ちてきてしまうので、念入りに準備をしておきます。

2【さらに最初に切る髪を残しておく】
一度に切ろうとせずに、中央から少しずつ切ること

前髪の中央部分だけを残し、最初に切る部分を設定します。黒目の内側の幅で、小さな三角形を描くような毛束を下ろします。この部分で前髪の長さを決めて、その両サイドの髪を切るようにします。
※美容師さんが実際に前髪を切る際も、実際によく使う方法で「三角ベースを取る」と言っています。

3【コームで毛束をとかして、力を入れないように手で持つ】
前や下にテンションをかけないのがポイント

2で分けた髪に、根元からコームを使って毛流れをまっすぐに整えます。このとき、テンションをかけないように持つことが大切。前に引っ張ってしまうと前髪に変な厚みが出てしまい(段が入った状態になる)、下に引っ張ってしまうと短く切りすぎてしまう原因になるので、髪が自然に落ちる位置で持ちましょう

5【眉切りハサミを使って切りたい長さでカット】
縦にハサミを入れて、少しずつ切っていく

いよいよカットです。自分が切りたい長さの位置まで、少しずつハサミを入れていきます。眉用のハサミを使って縦にギザギザのラインを入れるように、少しずつカットしていきます。中央部分を切り終えたら、両端の髪も長さを合わせるようにカットしましょう。

6【顔周りの毛にスキバサミを入れる】
縦にスキバサミを入れて「前髪の切りたて感」を軽減する

仕上げに顔周りの部分に、縦にスキバサミを入れます。前髪だけを切ると、顔周りから前髪が浮いてみえてしまうことがあるので、顔周りに少しハサミを入れることで前髪を自然になじませることができます。スキバサミは無印良品や、100円ショップなどで比較的安い値段で手に入れることができるので、1本持っておいて損はないはず。

これで自然な透けバングの完成!

トレンドの透けバングが完成。下ろしたときに自然な透け感が出ているスタイルです。ボブやロング、幅広いスタイルに合わせやすい万能な前髪です。

さらに、「下ろし流し前髪」にするならこのステップを忘れずに

【スキバサミを使って、流し始めの部分の毛量を減らす】
斜めにハサミを入れて、髪を流れやすくする

前髪を流したい人は、さらにもう1ステップ。前髪の分け目をつくり、流し始めたい部分に斜めにスキバサミを入れます。美容師さんが使う「角を落とす」というテクニックで、この部分の毛量を減らします。髪は、長い毛に短い毛が寄り添う修正があるので、この部分に短い毛を作ることで、髪が流れるようになります。

これで下ろし流し前髪の完成!

透けバングが自然に流れるようになりました。以前はぱっつん前髪やアイドル風の厚めの前髪をつくることもありましたが、最近ではこのぐらいのほどよい透け感があるほうがこなれて見えます。

いかがでしたか?つい失敗してしまいがちなセルフ前髪カット。姿勢や道具に気をつけて、正しくカットしてみてくださいね。

撮影/奥村浩毅 ヘア/鈴木富美子(EMBELLIR) メーク/宮寺真悠 モデル/山岡葵さん(看護師・31歳) 編集/ガヤ美(CLASSY.WEB編集室)

今回のヘアを解説してくれたのは…
ヘアメイクアーティスト
鈴木富美子さん(ヘアサロンEMBELLIR・代表)
スタッフ全員が毛髪診断士の資格を取得している、髪の美しさにこだわるヘアサロン「アンベリール」代表。大人らしい上品なヘアアレンジが得意で、着物やウェディングのアレンジ本を多数出版。20代~50代以上まで、幅広い層の女性たちからの厚い支持を受けている。サロンではオリジナルのヘアアクセサリーの販売や、ヘアセットのオーダーも可能。

EMBELLIR アンベリール
東京都渋谷区神宮前4-2-22 アビターレ2F
☎03-6447-4263 営業平日11:00〜20:00 / 土日祝 10:00〜19:00(火曜定休)
https://www.embellir.jp.net/
Instagram→@embellirhairstyle  @embelliromotesando

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE