40代の先輩が後悔してる…「10年後のために大人女子がしておくべきだったヘアケア」7選

美しい髪の毛、それは女のコにとって永遠のテーマ。ツヤのある手入れの行き届いた髪の毛には、ちょっとしたアラなら帳消しにしてくれちゃうくらいのパワーがあります。髪がキレイなら、それだけで人生底上げされたようなもの。そんな女子にとっての命綱的髪の毛を、この先もキープしたいなら、エイジングに抗う3人の先輩のアドバイスにぜひ耳を傾けて。

10年後が確実に変わる!根本ヘアケア7選

この先、確実に年を取っていく髪の毛のために長期戦略を立てるなら、根本的なテコ入れが必須です。これから育つ髪の毛のために、7つ全部が必修事項!

\教えてくれたのは…/
編集室長 / 水澤薫
細くて多くて硬くてクセのある湿気に弱い髪質。白髪カバーのために続けているハイトーンのために傷みとも格闘中。
ライター / 西道倫子
今企画を担当。ボワッと広がるクセとダメージに加えエイジングにも悩まされる日々。もう一度、ロングにしたかった…。
ライター / よしだなお
CLASSY.のヘア担当。太くて多くて硬くてクセ毛。若いころからの地道なケアと最新知識を総動員し、美髪をキープ中。

撮影/魚地武大 (TENT)〈静物〉 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup