特集

広がりやすい剛毛の方が激変!話題の髪型「ハイレイヤー」がスゴい!

今季も流行の外ハネヘア。さらにオシャレしたい!という人におすすめしたいのが、「ハイレイヤーヘア」です。顔周りに今どきな動きが生まれて小顔も叶う優秀なスタイル。髪質や長さ別の詳細プロセスとともに紹介します!

小顔に見えてトレンドっぽい!大人におすすめの髪型「ハイレイヤー」成功のコツ。

ニュアンスが出つつフェイスラインをカバーしてくれる

感度の高い人が取り入れ始めてる「ハイレイヤーヘア」
毛先をハネさせるだけでは満足できない若い世代から火がついたハイレイヤー。顔周りに高めに入れて毛先を顔にかかるようにすると、今っぽいし小顔に見えると大人気に!

【髪の量が多くてハリもある広がりやすい髪質】

杉本まいかさん 33歳・フリーランスPR

  • 感度の高い人が取り入れ始めてる

    【after】
    ストレートな質感に仕上げて多い髪を広がらせない

  • 感度の高い人が取り入れ始めてる

    【before】
    髪が硬いので根元から立ち上がってしまいます。髪の量もあるためシルエットが大きくなってバランスが悪く見えがち。(担当:Tierra 中村康弘さん)

【ポイント】フェイスレイヤーはやや低め、全体は内側を毛量調節して

  • 感度の高い人が取り入れ始めてる

    Side

  • 感度の高い人が取り入れ始めてる

    Back

顔周りの髪を軽くしすぎると広がるので、レイヤーは低めのリップ下から入れて重さを残します。バックは髪が溜まるネープあたりを毛量調節して、縦長のシルエットにするのがスッキリ見せるコツ。

撮影/花村克彦 取材/よしだなお 再構成/Bravoworks.Inc

「ヘアスタイル」関連記事

湿気に負けない!簡単大人ヘアアレンジ【ロングヘアのポニーテール】

湿気に負けない!簡単大人ヘアアレンジ【長めボブの三つ編み】

湿気に負けない!簡単大人ヘアアレンジ【ロングヘアのシニヨン】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus