特集

【無印良品】新作「アイシャドウパレット」で別人級メークをしてみた【¥790】

抜群のコスパと名品揃いの宝庫としておなじみの「無印良品」は、コスメも充実。ナチュラルな色使いシンプルなパッケージが支持を得ています。今回は「実は気になっていたけど、まだ使ったことがない…」というアラサー女子に向けて、「無印良品コスメ」の実力をヘアメークアップアーティスト・小松胡桃さんと徹底調査。この冬に出たばかりの新作カラーを全アイテム、全色試してみました。アイテムによっては売り切れ間近ということで、要チェックです。第4回はベーシックカラーが新登場した「アイカラー 4色タイプ」をピックアップします。

前回の「無印良品コスメ」はこちら

【無印良品】新作「美容液リップ」全色レビュー【¥790】

2つのメークを比較すると...?

使い方次第で同じアイシャドウパ

使い方次第で同じアイシャドウパレットでも雰囲気が全く違った仕上がりに。オフィスから休日まで幅広く対応できる優秀アイテムの使い方を紹介します。

大人気4色パレットの新色「アイカラー 4色タイプ マットブラウン」¥790

シーン問わず使いやすい!メークの幅が広がる王道ベーシックカラー

口コミでの評価が高く、既に名品

口コミでの評価が高く、既に名品コスメとして知られる「アイカラー 4色タイプ」に待望のブラウンカラーが仲間入り。肌なじみ抜群の配色とマットな質感はそのまま、これまでのブラウンとは一味違った濃いめの配色を実現。グラデーション次第で目元に奥行きと立体感を与えてくれます。今回は陰影のつけ方で雰囲気が変わるメークを2パターンご紹介します。アイカラー 4色タイプ マットブラウン ¥790(税込)

❶ヘルシーに盛る「抜け感モテメーク」

透明感を損なわない優しいブラウンの配色で目力をアップ

  • 口コミでの評価が高く、既に名品

    【HOW TO】
    1. ①を上まぶた全体に広げて目元のくすみを取る。 2. ②を二重幅に入れる。 まぶた中央から目尻に向かって濃いめにのせるのがポイント。 3. 下まぶたに③のオレンジカラーをなじませて、目元を明るく。

  • 口コミでの評価が高く、既に名品

    「落ち着いたコントラストの組み合わせでも、二重幅にしっかりと色をのせてあげることで、ナチュラルに目を大きく見せることができます。締め色シャドウで目のキワを囲むのではなく、それぞれのカラーをふんわりと使って、抜け感のある目元を目指します」(ヘアメーク・小松さん)

  • 口コミでの評価が高く、既に名品

仕上がりはこんな感じ!

❷美人度を上げる「外国人風メーク」

ほどよくスモーキーに、奥行きのある目元とホリの深さを演出

  • 【HOW TO】
    1. ①を二重幅と下まぶた全体になじませる。2. 上まぶたの目尻側に②、下まぶたの目尻側に③をのせて目元を引き締める。

  • 「ブラウンの囲みメークで目元がはっきりとした印象に。深めのオレンジをベースに使っているので、目元が暗くなりすぎる心配もありません。メーク全体が強くなりすぎないようリップは薄いカラーをセレクト。引き算することで一気に女性らしさが上がります」(ヘアメーク・小松さん)

仕上がりはこんな感じ!

教えてくれたのは…ROI 小松胡桃さん

森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメークが得意。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメイクから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメークを提案してくれます。

次回は「無印良品コスメ」のみで揃えたメークをご紹介します。お楽しみに!

撮影/千葉太一〈人物〉、草間智博(TENT)〈静物〉 モデル/入江史織(CLASSY.LEADERS) ヘアメーク/小松胡桃(ROI) 取材/所 優里 構成/CLASSY.ONLINE編集室
※紹介した商品は、取り扱いのない店舗や、予告なしに販売が終了することもあります。

※記事中のリンクから商品を購入すると、売上の一部がCLASSY.ONLINEに還元される場合があります。

「無印良品」関連記事

【無印良品】新作「クリームアイシャドウ」全色レビュー【¥650】

【無印良品】新作「単色アイシャドウ」を全色レビュー【¥650】

【無印良品】¥1,990の「白シャツ」をスタイリストが本気で着こなしてみた

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE