特集

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【NEWポニーテール】

短くてもできる、ボブのヘアアレンジはCLASSY.ONLINEでも人気のコンテンツ。ただ、シンプルな低めシニヨンや、ハーフアップにはちょっと飽きた…なんて方も。今回は、人気ヘアメークの小松胡桃さんに聞いた「秋のおすすめヘアアレンジ」を紹介します。第3回目は一見ポニーテールにも見える!簡単オシャレな「進化系ポニーテール」です。

秋のボブアレンジ「進化系ポニーテール」

崩れやすさを逆手に取った大胆な後毛使いがポイントです

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【NEWポニーテール】

ゴムで結んだ毛先をさらにもう1度結んだ立体的なポニーテールと、パラパラと細い束感のある後れ毛が顔周りにニュアンスを出してくれます。首回りがシンプルなニットやブラウスに合わせても十分な存在感です。

「ボブのアレンジは、どうしても髪の短さのせいでスタイルが崩れやすいのが弱点。そこで、後れ毛を最初からきれいに作り込んでしまうのがこのアレンジのポイント。ヘアオイルでベースをしっかり作って後毛に束感を出すのがオシャレに見せるポイントです」

「進化系ポニーテール」を詳しく紹介

  • Front

  • Right

  • Left

  • Back

おしゃれな人と会う時にホメられること間違いなしのヘアアレンジ

「大胆な後れ毛使いが新鮮で、一歩先行くような雰囲気のアレンジ。おしゃれな友達と会う時に、とくによさそうです。後毛にあわせたスイングピアスや、モチーフアクセなどをコーディネートしてアレンジを楽しむのもおすすめです」(ヘアメーク小松さん)

「進化系ポニーテール」の作り方は?

後れ毛を顔周りや襟足にたっぷり残しつつ2回に分けてポニテを結ぶ

  • ❶まずはベース作りから。軽めのヘアオイルを手に伸ばしたら、襟足から中心にかけてなじませます。

  • ❷ドライヤーで髪をかきあげるようにオイルをもみ込んでいきます。

  • ❸トップの毛を2箇所、ひとつまみ浮かせてヘアクリップで留めます。ドライヤーの風を当てて、トップに高さを出して。

  • ❹写真のように、左側の毛束を斜めに分けとります。顔周りの髪は多めに残しておきます。

  • ❺分けとった左側の髪は、ゴムで結んでポニーテールにします。

  • ❻さらに、それ以外の毛束を全てまとめてゴムで結び、襟足付近で毛束を結んでポニーテールにします。襟足には後れ毛を多めに残しておきましょう。

  • ❼ゴムで結んだ部分は、毛束を左右に引っ張って結び目をきつくしてたるまないようにします。

  • ❽ゴムで結んだ部分を手で押さえながら、指で引き出して崩します。大きく引き出して、ラフさを出して完成です。

教えてくれたのは「ヘアメーク・小松胡桃さん(ROI)」

ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメークを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメークから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメークを提案してくれます。

撮影/中田陽子 モデル/光沢真美<CLASSY.LEADERS> ヘアメーク/小松胡桃(ROI) 取材/佐藤かな子 編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE