特集

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【ねじねじプチシニヨン】

短くてもできる、ボブのヘアアレンジはCLASSY.ONLINEでも人気のコンテンツ。ただ、シンプルな低めシニヨンや、ハーフアップにはちょっと飽きた…なんて方も。今回は、人気ヘアメークの小松胡桃さんに聞いた「秋のおすすめヘアアレンジ」を紹介します。今回は小さくくるんとまとめたお団子が可愛い!「タイトなミニシニヨン」です。

秋のボブアレンジ「タイトなミニシニヨン」

すっきりタイトなサイドと低めなシニョンでゆるモードな雰囲気

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【ねじねじプチシニヨン】

全体はタイトにまとめつつ、顔まわりやサイドに少しニュアンスを残したシニヨン。左右から2つにキュッとコンパクトに毛束をまとめるのがポイントです。トレンドのゆるニットやゆるトップスを着るときにもすっきり見えるのでおすすめ。意志のある知的な印象と女らしさを演出してくれます。

「タイトなミニシニヨン」を詳しく紹介

  • Front

  • Right

  • Left

  • Back

お仕事はもちろん、オンライン会議前にもちゃちゃっとできて便利そう!

「タイトなまとめ髪って、それだけで知的な印象になるから通勤におすすめ。それに顔周りのひと手間でちゃんと柔らかさが出ているし、小顔効果もあるから画面に映る時にもよさそうです」(ヘアメーク小松さん)

「タイトなミニシニヨン」の作り方は?

左右の髪を内側に小さく丸め込んで、小さなシニヨンを

  • ❶全体の髪を左右で半分に分けたら、右側の毛束を内側(半時計回り)にねじります。

  • ❷さらに内側に向けて、円を作りるようにタイトに丸めます。

  • ❸毛先をピンでしっかり固定して、小さなお団子にします。

  • ❹左側も❶〜❸の要領で内側に向けて毛束をねじり、毛先をピンで留めます。

  • ❺後頭部の毛を少しだけ引き出して、立体感を出します。

  • ❻まとめた前髪は、曲線を描きながら顔にかかるようにコームででほんの少しだけ引き出して余裕を出します。

  • ❼まとめたサイドの髪が耳に少しだけかかるように毛束を引き出したら完成です。

教えてくれたのは「ヘアメーク・小松胡桃さん(ROI)」

ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメークを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメークから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメークを提案してくれます。

撮影/中田陽子 モデル/光沢真美<CLASSY.LEADERS> ヘアメーク/小松胡桃(ROI) 取材/佐藤かな子 編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE