特集

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【ほんのりモードなハーフアップ】

短くてもできる、ボブのヘアアレンジはCLASSY.ONLINEでも人気のコンテンツ。ただ、シンプルな低めシニヨンや、ハーフアップにはちょっと飽きた…なんて方も。今回は、人気ヘアメークの小松胡桃さんに聞いた「秋のおすすめヘアアレンジ」を紹介します。今回はストレートタッチの質感がオシャレ!「オールバック風のハーフアップ」です。

秋のボブアレンジ「オールバック風ハーフアップ」

ハンサムなルックが流行のこの秋はハーフアップもカッコよく!タイトでシャープなアレンジが正解

簡単オシャレな秋の「ボブアレンジ」【ほんのりモードなハーフアップ】

今までのゆるくてふんわり後毛たっぷりの可愛いハーフアップはこの秋、いったんお休み。モード流行りの今年の秋冬は、タイトでシャープな印象のハーフアップがイチオシです。ブームになっているカチューシャを結び目につければ、よりいっそうトレンドっぽさが出せます。

「オールバック風ハーフアップ」を詳しく紹介

  • Front

  • Right

  • Left

  • Back

モードな雰囲気が出るので、スタイリッシュな着こなしやメークがお似合い

「まとめるヘアを多めにアップにして、後れ毛の量はいつもより少なめに。束感のある細めの後れ毛がポイントです。さらに襟足は外にハネさせてキュッとくびれたモード感のあるハーフアップなら、装いまで新鮮で今っぽく更新できること確実です!」(ヘアメーク小松さん)

「オールバック風ハーフアップ」の作り方は?

ストレートな質感をキープしたハーフアップに、大きめカチューシャを縦結び

  • ❶ストレートアイロンを横に使って、襟足をえぐるようなイメージで外ハネストレートを作ります。

  • ❷多めに髪の上半分の毛束を取って、耳横の高さでゴムで結んでポニーテールに。毛束が浮かないようにきつく結ぶのがポイントです。

  • ❸全体から毛束を細かく引き出してニュアンスを出します。指先で細かく毛束をつまみながら、トップをまんべんなく引き出すとうまくいきます。

  • ❹ワイヤー入りのカチューシャ(ヘアバンド)をポニーテールの毛束に一周させて、ひとつ結びを作れば完成です。横にリボン結びのようにするのではなく、縦に結ぶとよりオシャレ。

教えてくれたのは「ヘアメーク・小松胡桃さん(ROI)」

ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメークを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメークから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメークを提案してくれます。

撮影/中田陽子 モデル/光沢真美<CLASSY.LEADERS> ヘアメーク/小松胡桃(ROI) 取材/佐藤かな子 編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE