【Before→After】読者が変身!「垢抜けて見える大人メークのコツ」【薄顔でも地味に見せたくない】

いつもの服を着ていても、顔周りの印象が美人なら断然素敵に見える!印象作りにメークがいかに重要かがよく分かります。とはいえ顔タイプが違えば、美人顔へのアプローチも異なるはず。悩みに合わせた3タイプ別の美人顔メークをGeorgeさんが伝授!

地味になりがちな薄顔さん…

明るい色使いで存在感を出して華やか美人顔に変身!

眉とまぶたに明るい色を使ってアイゾーンを大きく見せる!

\薄顔さんはふっくら涙袋も大事

\薄顔さんはふっくら涙袋も大事なポイント/
George:
柳沢さんの自分メーク、アイシャドウ何色ですか?
柳沢:ピンクブラウンをグラデーションにして使っています。薄顔なので目力を出そうとグラデーションにしても、映えません…。
George:たしかに薄顔さんはグラデーションアイをやりがちなんだけど、締め色を効かせすぎると逆に目は小さく、さらにくすんで見えてしまうんですよ。
柳沢:薄顔って本当に頑張り損な感じがします…(涙)。
George:薄顔さんがメークで華やかさを出すアプローチとしては、とにかく明るい色使いで存在感を出していくことなんです。フレッシュでくすみのないオレンジとか!色の力で、ぱっと見で華やかさを印象付けられますよ。
柳沢:色使いが大事なんですね。のっぺり見え対策はありますか?
George:のっぺり打破にはふっくらした立体感やツヤがポイント。ツヤチークで頰に丸みを作ったり、涙袋を強調したり、顔にメリハリを出す方法はいろいろありますよ。

教えてくれたのは…ヘアメーク・Georgeさん
説得力抜群のメーク&解説が大人気。美人度だけでなく、発色や崩れにくさまで計算されたテクニックは必見!

撮影/榊原裕一(人物)、五十嵐 洋(静物)ヘアメーク/George スタイリング/村瀬萌子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup