【Before→After】読者が変身!「垢抜けて見える大人メークのコツ」【濃い顔でもケバく見せたくない】

いつもの服を着ていても、顔周りの印象が美人なら断然素敵に見える!印象作りにメークがいかに重要かがよく分かります。とはいえ顔タイプが違えば、美人顔へのアプローチも異なるはず。悩みに合わせた3タイプ別の美人顔メークをGeorgeさんが伝授!

ケバく見えやすい濃い顔さん…

透明感のある淡色メークでやさしげ美人顔に変身!

〝黒〟の要素を減らす代わりに、淡色で透明感と抜け感を!

\きつく見える黒をとにかく抜い

\きつく見える黒をとにかく抜いていく!/
George:
濃い顔さんはパーツや毛がしっかりしているので、厚化粧に見えがちですよね。
宇川:そうなんです。本当はカラーメークもやってみたいのですが、ケバくなってしまう気がして…。定番の茶系や黒が基本です。
George:実はそこに落とし穴があって、茶系シャドウのようなコンサバな色を使うと、さらに彫りが深く見えちゃうんです!
宇川:そんな…!あと老けて見えるのも悩みです(涙)。
George:大丈夫、安心してください。難易度が高そうに見えて、濃い顔さんはシンプルなアプローチです。とにかく顔の中の黒の要素を抜いて、代わりに淡色を使うのがポイント。眉毛やまつ毛も淡色に、彫り深なまぶたの凹凸をなくすためにも淡色シャドウ!
宇川:眉は髪色に合わせるものだと信じて疑わなかったです(笑)。
George:あとは黒の濃さをはね返す、透明感も重要。宇川さんが好きなラメシャドウにチーク、リップで透明感を上げましょう。

教えてくれたのは…ヘアメーク・Georgeさん
説得力抜群のメーク&解説が大人気。美人度だけでなく、発色や崩れにくさまで計算されたテクニックは必見!

撮影/榊原裕一(人物)、五十嵐 洋(静物)ヘアメーク/George スタイリング/村瀬萌子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup