CLASSY.

恋愛

「お前何やってんの?」彼氏に浮気がバレた女性の修羅場エピソード4つ

ほんの軽はずみな気持ちから始まった、浮気相手との恋。彼氏にはバレていないだろうし、このまま二人と関係を続けていければ……と思った矢先に、彼氏に浮気がバレてしまった! 絶対に彼にはバレないと思っていたのにどうして?

今回は、そんな“彼氏に浮気がバレた女性の修羅場エピソード”をご紹介します。

1.「浮気用」の裏アカウントが発覚

「浮気相手のツイッターをフォローするために裏アカを作って、そこにのろけ話を書いていました。でもある時、彼氏に裏アカの存在がバレてしまって大激怒。誰がばらしたのかは今でも謎のままです」(29歳女性・販売)

彼氏に内緒でこっそり作った裏アカが、彼氏にバレてしまったというこの女性。思わず「流出させたのは誰?」と犯人探しをしてしまったそう。

しかし、そもそも浮気に走って裏アカウントを作っていなければ修羅場にならずに済んだはず。一時の感情で浮気に走り、取り返しのつかないことにならないようくれぐれも注意しましょう。

2.突然の来客は浮気相手の恋人!

「私の家に彼氏を呼んでゆったりと過ごしていたら、突然『私、あなたの浮気相手の彼女』と名乗る女性が家に押し掛けてきたのです。実は、私自身が浮気をしていた男性にも彼女がいたようなんですが、そんなことは全く知らなくて……。ダブル浮気が発覚して、もちろん私は彼氏にフラれました」(29歳女性・公務員)

浮気相手本人ではなく、まさか浮気相手の彼女が家に押し掛けてきて修羅場に! 彼女の浮気を知った彼だけでなく、浮気をしていた女性本人もかなり驚いたそう。

どんなに隠し通せる自信があったとしても、こうした不測の事態が起こり得るのが浮気の怖いところ。軽はずみな気持ちで浮気に走り後悔しないよう、よく考えて行動するようにしてください。

3.浮気相手がSNSを通じて彼氏に……

「大学の時から付き合っている彼と、就職を機に遠距離恋愛になったんです。でも、寂しくて……。近くで優しく接してくれる就職先の同僚と、関係を持ってしまいました。同僚はずっと『俺にしなよ』と言ってくれていたのですが、どうしても決断できずにあいまいな態度をとっていたら、何だか気まずくなってしまったんです。そのすぐ後、同僚が彼氏にSNSのダイレクトメッセージで、私と浮気していたことを暴露したみたいで、彼氏に浮気がバレてしまいました」(26歳女性・SE)

寂しさに耐え切れず、身近なところにいる男性と浮気。彼氏とは遠距離恋愛で、まずバレることはないだろうと思っていたら、予想外の形で彼に浮気の事実が明かされることに……。

今や、直接の繋がりがなかったとしても、SNSを使えば誰とでもコンタクトができる時代です。また、本人がSNSをやっていなくても、本人の友達や知り合いなど間接的にやりとりできる場合も。遠距離恋愛でも浮気が発覚する可能性があることを忘れずに。

4.浮気を疑う彼氏がLINEを覗き見し……

「昔好きだった同級生と同窓会で再会して、そういう関係になりました。でも、会うのは私が帰省した時だけなのでバレないと思っていたんです。そうしたら、最近私の様子がおかしいからって彼がこっそり私のLINEを覗き見して、浮気がバレて、フラれてしまいました。さらにそのすぐ後に、同級生から『遊びのつもりだった』と言われ……。今となっては後悔しかありません」(28歳女性・サービス業)

地元の同級生との浮気が彼氏に発覚。さらにその直後、浮気相手にも「遊びのつもりだった」と言われて関係を絶たれてしまったというこちらの女性。

「地元でしか会っていないからバレないだろう」と思っていても、浮気をするようになってから、彼に対しての態度や接し方が無意識のうちに変化していたのでしょう。彼が勘づき、浮気の発覚へとつながる可能性もゼロではないようです。

 

いかがでしたか? どんなに浮気がバレないよう気を付けていても、ひょんなことから彼氏に知られてしまい、修羅場に発展してしまうケースもあるようです。

「浮気をしてもバレなければいい」のではなく、最初から浮気に走らないよう、慎重に判断できるよう心がけてくださいね。

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(Andrey_Popov、Antonio Guillem、Syda Productions、Dean Drobot、KM-Photography)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE