CLASSY.

恋愛

「こんな人だったとは…」男性の裏の顔がわかった誤爆LINE3選

送るつもりだった人とは違う別の人にうっかり送信ミスしてしまう誤爆LINE。LINEを使っている人なら一度や二度は経験があるのではないだろうか。

しかし、こんなうっかりミスが恋愛関係にある人との間だと致命傷になることもあるのです。まさか、大好きなあの人にこんな一面があったと発覚することも!?

そこで、誤爆LINEで発覚した彼の本当の素顔について、登録者数1万7000人の「くじらの恋愛相談LINE@」で募集したところ、様々な回答が届きました。誤爆LINEの恐ろしさを感じてください。

1.単身赴任中の夫からデレデレLINE

「単身赴任中、休みの日に電話で話し、切った直後、夫からLINEが……。『これから北海道に出張です。真奈美が持ってきてくれた卵で初めて目玉焼きを作ったよ。いってきま~す』と。間違えて私にLINEを送ってきました。これが不倫がバレたきっかけ! 結婚25年の時、真面目で仕事一筋、完全に信用していた私は頭が真っ白! これで夫の見る目が変わりました……。未だ信頼性ゼロです」

誤爆LINEのお手本のような内容ですね(笑)。彼女に送るつもりが奥さんに送ってしまうという致命的ミス。直前まで奥さんと電話していたため、無意識に奥さん宛に送ってしまったのでしょう。25年かけて築きあげてきた、真面目で仕事一筋という信用貯金を一瞬にして残高ゼロにしてしまった旦那さんでした。

2.クリスマスに会えないと言っていたのに、妙なLINEが

「当時付き合っていた彼氏からのLINEです。クリスマス当日、仕事で会えないと言っていたのに『集まっているかな?』とLINEが。しばらくして慌てて『駅前に人が多いと思って!』とか誤魔化しきれない言い訳がきましたが。そのあとすぐに向こうからの音信不通で別れてしまったものの、どうやら二股をかけられていたらしいと分かったので……。きっとその時の相手か合コンかに関係するLINEだったんだと思います……』

一瞬で嘘がバレた誤爆LINE。仕事で会えないと言っていたにも関わらず「集まっているかな?」というLINE。これの言い訳が「駅前に人が多いと思って」だという。駅前に人が集まっているかをなぜ彼女に確認するのだ(笑)。慌てすぎて傷口に塩を塗ってしまっている。

それにしても合コンメンバーに対して「集まっているかな?」とLINEする感じは相当その合コンを楽しみにしていた感が伝わってくる。もう色々アウトすぎて笑ってしまう。これこそ誤爆に誤爆を重ねたLINEだ。

3.グループLINEに爆弾投下!

これはちょっと特殊なケースで女性の誤爆LINEバージョン。

『男からではないですが、女5人のグループLINEに「おはよう! 〇〇愛してるよ♡」とメンバーの1人が彼女の旦那ではない男の名前付けて挨拶。私含め他メンバーに一斉に不倫しているのがバレたって事があります。朝からトークルームがめっちゃざわざわしました。その頃はまだメッセージ取り消しが出来なかった頃なので誤爆に気づいてもどうしようもなかったみたいですね。その後彼女はグループから退会しました』

グループLINEに爆弾を投下したケース、より被害がデカイ……。きっと毎朝彼に送っていたLINEなんでしょう、起きがけの寝ぼけた頭でいつも通り送ったら、まさかのグループLINEへの送信ミス。グループがざわつくということは、彼女達の前ではそういう一面を見せていなかったということ。誰もいじるにいじれない緊張感が漂ってしまったことでしょう。しかし、言い訳せずに退会するところが潔い。女性の方が腹が据わっているということかもしれませんね。

 

というわけで裏の顔がわかった残念誤爆LINEの数々いかがだったでしょうか? 誤爆LINEは送ったほうも受け取ったほうも青ざめる、ウィンウィンの逆のルーズルーズだ(笑)。

まあ受け取ったほうは考え方によっては誤爆LINEにより早めに裏の顔がわかって良かったと取ることもできるだろうが心の整理は難しい。このLINEというシステムが利用されている以上、今日もどこかで誤爆LINEの大爆発が起こっていることだろう。

「こんな人だと思わなかった」というよりも、人間の印象なんてあてにならないことを念頭に置き、先入観を持たない恋愛をしよう。

オレはそう思っちゃうんだよね。

 

文/恋愛マスターくじら 画像/Shutterstock(Borysevych.com、Dean Drobot、Malysheva Liudmyla)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE