PR TIMES / 調査レポート

【9割以上の女性が、化粧品の「水」に注目?!】35歳以上の敏感肌の女性に聞いてみた、敏感肌の悩みと化粧品選びのポイントとは?

季節の変わり目に乾燥が気になると回答した女性は約8割!

オーブス株式会社(本社所在地:長野県北安曇郡、代表取締役:岸 清美)は、35歳以上の敏感肌に悩む女性を対象に、「敏感肌の悩みと化粧品」に関する調査を実施しました。

年齢を重ねるごとに増える肌の問題…。
加齢によるシミやたるみに悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

今あなたに起きている肌トラブル。
加齢だけではなく、乾燥も原因のひとつとなっているかもしれません。

最近では季節の変わり目によって、肌の変化を感じている方もいるでしょう。
特に敏感肌の方にとっては厳しいシーズンです。
だからこそ、スキンケアにはより力を入れたいところですよね。

では、敏感肌に悩んでいる方たちは、スキンケア用品を選ぶ際どのようなことに注意しているのでしょうか?

そこで今回、オーブス株式会社https://orbs-i.co.jp/)は、35歳以上の敏感肌に悩む女性を対象に、「敏感肌の悩みと化粧品」に関する調査を実施しました。
敏感肌にぴったりの化粧品を選んで、肌トラブルからの解放を目指しましょう。

肌の悩み調査!洗顔後などに肌がつっぱる感覚がある方は約8

はじめに、女性の抱える肌の悩みに関して伺っていきたいと思います。

「敏感肌で困っていることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『特に季節の変わり目に肌荒れする(60.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『化粧品選び(48.0%)』『マスクを着用すると肌荒れする(40.8%)』と続きました。

6割以上の女性が、季節の変わり目になると肌荒れに悩まされていることがわかります。
敏感肌は外からの刺激に弱く、寒暖差や気候の変化による影響を受けやすいともいえます。
また、敏感な肌質に合う化粧品を選ぶのは、なかなか難しいことかもしれません。
さらに今や必需品となったマスクも、肌荒れの原因となっているようです。

季節の変わり目は、敏感肌にとって要注意の時期だといえるでしょう。
では、具体的にどのような肌の悩みを抱える方が多いのでしょうか。

そこで「季節の変わり目に気になる肌の悩みを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『乾燥(79.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『目元や頬のたるみ(38.1%)』『ハリや弾力がない(35.9%)』と続きました。

8割近くの女性が、季節の変わり目には肌の乾燥を気にしているようです。
肌が乾燥することで、つっぱりやカサつきといった肌の悩みを引き起こしてしまいます。
また、たるんでハリツヤのない肌は、見ていて憂鬱な気分になってしまうかもしれません。

多くの女性にとって、肌の乾燥は見過ごせない問題だといえます。
では、その原因とはいったい何なのでしょうか。

「乾燥の原因は何だと思いますか?」と質問したところ、『水分不足(65.6%)』と回答した方が最も多い結果となりました。

肌の水分量が足りなかったり、保湿が十分でなかったりすることで乾燥してしまうのかもしれません。
しっかりと肌に潤いを与えてあげることが、乾燥対策のポイントといえるでしょう。

■敏感肌に悩む方の声!カサつき、かゆみ、痛みなど悩みは尽きず
・スキンケア用品・化粧品等、なかなか自分に合うものがみつからない(30代/パート・アルバイト/兵庫県)
・季節の変わり目にかゆくなったりカサカサ乾燥する(40代/専業主婦/福岡県)
・季節の変わり目に肌が痛くなる(40代/パート・アルバイト/鳥取県)
・マスクの擦れによる赤み、ニキビ、かゆみ(50代/自営業・自由業/東京都)

やはり季節の変わり目には、肌の乾燥などトラブルが起こりやすいようです。
また、自分に合う化粧品が見つからず、苦労しているという声も見受けられました。
マスクによる肌荒れやニキビも、女性にとって深刻な問題ですよね。

敏感肌の方がセルフケアで特に意識していることは『自分の肌に合うかどうか』

ここまでの調査で、季節の変わり目の肌荒れに悩む女性が6割以上いることが明らかになりました。
様々な肌悩みの中でも、特に乾燥を気にしている女性が多いようです。
乾燥の原因と考えられる水分不足を補うために、スキンケアを徹底していきたいですよね。
では、敏感肌の方は肌のセルフケアにおいてどのような点を意識しているのでしょうか?

「敏感肌のセルフケアで特に意識していることを教えてください」と質問したところ、『自分の肌に合うアイテムを探す(48.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『化粧水をたっぷり使う(37.0%)』『配合されている成分にこだわる(7.6%)』と続きました。

半数近くの女性が、自分の肌に合うスキンケアアイテムを選びたいと考えているようです。
敏感肌の場合、肌に合うかどうかという点が非常に重要となるので、この結果にも頷けます。
また化粧品の使い方を工夫したり、配合成分にこだわったりと、セルフケアにおける個々の努力が伺えます。
肌の状態を健やかに保つために、スキンケアの方法やアイテム選びにはこだわりたいですよね。

実際に、敏感肌の方はどのようなセルフケアをしているのでしょうか?

敏感肌のセルフケアはここがポイント!
・敏感肌用の化粧品を使用する(30代/会社員/神奈川県)
・敏感肌用のスキンケアを選ぶこと。化粧水はたっぷり使う(40代/パート・アルバイト/大阪府)
・化粧水をたっぷり重ね付けしている(40代/専業主婦/東京都)
・鉱物油、保存料、香料が無添加のもの(50代/公務員/千葉県)

敏感肌に合うよう作られた化粧品を選ぶ女性が多いようです。
また化粧品は惜しみなくたっぷりと使っている、という意見が多数寄せられました。
さらに、添加物・保存料不使用といった配合成分も重視しているようです。
敏感肌の方は、肌質に合ったセルフケアを強く意識しているといえるでしょう。

化粧品選びにおいて『使っている水が重要』と思う方が9割以上

敏感肌の女性の多くが、自分の肌に合うスキンケアアイテムを必要としているようですが、肌の悩み・トラブルを防ぐには、化粧品による適切なセルフケアがカギとなるでしょう。

そこで「普段のスキンケアで困っていることはありますか?」と質問したところ、『しっとりしない(29.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『痒くなる(21.8%)』『べたつく(17.7%)』と続きました。

スキンケアをしても肌の潤いを感じられない、という不満の声が集まりました。
また痒くなったりべたついたりと、不快感を覚える場合もあるようです。
普段使いする化粧品で肌に馴染んでいないと感じるのは、辛いですよね。

このような普段のスキンケアに関する悩みについて、詳しく聞いてみました。

敏感肌のスキンケアは難しい?
・潤いが長続きしない(30代/会社員/福井県)
・カサつくかべたついて、ちょうどよくならない(30代/パート・アルバイト/兵庫県)
・しっとり感が足りず、化粧水の重ね塗り、パックなど時間がかかる(40代/会社員/東京都)
・肌がよく痒くなる(40代/専業主婦/岡山県)

しっとり感が続かず、保湿できていないと感じる方が多いようです。
またカサつきだけでなく、べたつきや痒みも起こりやすいというのは、敏感肌の方に多いスキンケアの悩みだといえるでしょう。
自分にぴったりのスキンケアと出会えている女性は、実は少ないのかもしれません。

普段のスキンケアについて、悩みを抱える女性は多いといえます。
肌に合うかどうかという点を重視するなら、スキンケアアイテムは慎重に選びたいですよね。

そこで「普段化粧品(スキンケア用品含む)を選ぶ際、特に気をつけていることを教えてください」と質問したところ、『アルコールフリー(34.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『防腐剤フリー(15.2%)』『合成香料フリー(13.0%)』と続きました。

アルコールをはじめ、防腐剤・合成香料を使っていない化粧品への支持が高いことがわかります。
無添加の化粧品を使うことで、肌への負担を軽減したいという方が多いようです。
肌トラブルを避けるには、化粧品の素材や成分もチェックした方がいいかもしれません。

添加物の有無はもちろん、化粧品に含まれる成分として「水」も大事な要素のひとつといえます。

そこで「化粧品選びにおいて「使っている水」は重要だと思いますか?」と質問したところ、『とても重要だと思う(35.5%)』『重要だと思う(55.0%)』と9割以上の女性が重要だと回答しました。

前項では『使っている水に気をつけいている』と回答した方は少ないものの、今回の質問では9割の方が『水は大事』と回答しました。
化粧品の「使っている水」を重要視する女性は非常に多いようです。
ベースとなる素材の品質にこだわった化粧品なら、安心して使うことができますよね。
敏感肌のトラブルにお悩みの方ほど、自分に合う化粧品選びの基準にしてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】敏感肌の方が求めているのは『水』にこだわった化粧水!?

今回の調査で、敏感肌に悩む女性のスキンケア事情が分かりました。

季節の変わり目に乾燥で肌が荒れてしまったり、肌トラブルが起きやすいものの、自分に合うスキンケアアイテム選びに苦戦している方も一定数いるようです。

そのためスキンケア用品にどのような成分が入っているかを気にされている方も多いことがわかりました。
しかし、大事だとは思うもののどんな「水」を使っているかまでこだわっている方はまだまだ少ないようです。

肌トラブルでお悩みの方は改めて今お使いのスキンケアアイテムを見直してみて、水にこだわったものを選んでみるのも良いのではないでしょうか?

「水」のみで仕上げた化粧水『夢水肌 スキンベースウォーター』

敏感肌に悩んでいる女性におすすめなのが、『夢水肌 スキンベースウォーター』https://orbs-i.co.jp/products/yumemihada/)です。

皆さんは観葉植物が乾燥しているときに何を与えますか?

いきなり栄養剤を刺したりはしないですよね。
まずは渇きを潤す「水」を与えることが大切です。

肌もそれと同じで「水」を与えてあげることが重要なのですが、今までのケアはオイルなどで肌の水が外に出ないようにする「保水」のケアばかりでした。

しかし、植物の例で分かるように重要なのは水を与えること、水を補うこと、つまり「補水」です。
そして水を補う「補水」は水にしかできません。

しっかりと肌が水で満たされていることで、その後に肌に与える美容成分や、肌の外に水を出さない「保水」のケアが効果を発揮します。
弊社の長年の研究開発により完成した『夢水肌 スキンベースウォーター』は、肌を水で満たされている状態にする「補水」のケアに特化した化粧水です!

お試しいただくとわかるのですが、本当に水です!
非常にキメの細かい水に「補水」に特化した微量ミネラルが配合をされておりますので、しっかりと肌に水による潤いを与え、肌本来の美しさを引き出します。

さらにプレ化粧水として普段のスキンケアの前に使うだけでOKなので非常にお手軽!
合成の化学剤は一切不使用ですので、肌トラブルが起こりやすい方にもおすすめです。

オーブスは、自然界の水の特性の研究から、水として不安定な「純水」を密度を上げ安定させることに成功し、目的別に産業用原材料水の開発を行っています。
この安定した「オーブス高密度安定純水」を利用するオーブス独自の水抽出法により、自然界の植物類より天然のミネラル・ビタミン構造物を抽出することで、 各種微量成分のはたらきを増強させ、安定させることが可能になりました。

■オーブス高密度安定純水の特徴
1.製品効果の持続性・安定性に優れる―経時変化がない 水は安定性のない物質とされているが「オーブス高密度安定純水」は、安定性に優れています。
(H2O水分子の水素結合が強い)紫外線
加熱・冷却(沸騰や凍結)
加圧
電磁波
などの影響を受けず、安定で(持たせた効能効果も安定)工場生産・工業製品にも使用が可能です。

2.ミネラル・ビタミン構造物を処方し、目的別に開発している 「オーブス高密度安定純水」により、独自の水抽出法により抽出された天然のミネラル・ビタミン構造物の調配合により製品化されています。
生体への安全性に優れており、構造化され密度の高い水の器(親水コロイド状)に囲まれ、水抽出されていることで、各種成分のはたらき量を増強することができるのです。

3.使用水または、原材料に添加タイプとして利用でき、生産量の多いものにも対応が可能 何トン、何万トンという輸送をせず、配送費のコストが軽減されています。
生産業工場で使用されている使用水や原材料、または製品に倍率を定め添加することで、生産品の品質を向上させることが可能。

オーブス高密度安定純水により、乳化剤・保存料・安定剤なく「水」のみで仕上げる安全性に優れる製品づくりが可能になりました。 トラブル肌やデリケートな方にもお使いいただける化粧品です。

肌の潤いが不足している、乾燥肌に悩まされている、肌の老化が気になるという方は、ぜひ『夢水肌 スキンベースウォーター』を使って肌に補水してみるのはいかがでしょうか?

■オーブス株式会社:https://orbs-i.co.jp/
■TEL:0261‐72‐8177
■お問い合わせ先:http://mizu-orbs.jp/publics/index/3/

調査概要:「敏感肌の悩みと化粧品」に関する調査
【調査日】2021年5月13日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,120人
【調査対象】35歳以上の敏感肌に悩む女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE