PR TIMES / イベント

デザイナーの旅好きから生まれた個性的なブランド「LaLa Senorita」がオンラインショップをローンチ|ポップアップストアの情報も記載

持つだけでウキウキ、ファッショナブルにコーディネートして出かけたくなるパラソル、バッグ、団扇などを取り扱い

https://lalasenorita.fashionstore.jp/
「Lala Senorita (ララ セニョリータ)を運営する有限会社カオス」の創始者であるデザイナーの角香織は、 1996年に「Kaos(カオス)」というブランドを、パリの合同展示会でスタートさせました。ヴィンテージの着物の持つテクスチャーや、独特な雰囲気を生かし、リメイクバッグ、アクセサリーや財布を作っています。その後の2002年に立ち上げたのが「LaLa Senorita」というブランドです。


ヴィンテージの着物を使い、日本独特の素材を使用する「Kaos」とは反対に、「LaLa Senorita」はラテンのスパイスや旅からインスパイヤされた、ブランドの世界観を構築しています。

ボルネオ島の熱帯雨林、アラビア半島江海の群青色、ラジャスタン色の渦、タイムスリップしたキューバの街の風景など、果てしない世界のイメージに思いを寄せたデザインが手にとる人に特別な情景をあたえます。

洋服のように季節感のある楽しい雑貨ブランドとしてウキウキする気持ち、ファッショナブルにコーディネートしたいパーツとして立ち上げられたブランドです。

そんな LaLa Senorita はこれまでセレクトショップやアパレルショップ、デパートにて商品を販売してきました。しかし今回、ファン待望のオンラインショップをローンチ。日本全国各地のお住まいの方々にプロダクトをお届けできる運びとなりました。

オンラインショップ:https://lalasenorita.fashionstore.jp/



下記、角より

LaLa Senoritaのインスピレーションの源と、なぜブランドを始めようと思ったのですか?

“当時Kaosブランドを毎シーズンパリで展示会をして国内海外のセレクトショップや百貨店に卸していたころ、国内のファッションストアをターゲットにした切り口の違う雑貨ブランドを作ろうと思い始めました。
Kaosがバッグやアクセサリー中心だった事から、ララセニョリータはストーリーを感じるデザインの展開で、アイテムも洋服以外どんなアイテムでも必要と思えば作ってきました。

また、Kaosが古い着物素材を使っていることからララセニョリータはアフリカやラテンのスパイスを感じるような、どこか明るいはち切れ感を大切にしてきました。”

LaLa Senoritaの傘について、他のブランドと違うスペシャルなところを教えてください

“デザイナーの考えるデザインと国内の職人の技をコラボした、ディテールに凝った他にない商品
クオリティーの高さや、他社ではなかなか作れないオリジナルパーツ等がスペシャルなところです”

現在、実店舗での取り扱いは、アパレルショップ、セレクトショップ、デパートが中心となっております。是非お近くの方はお手にとってみてください。

取扱店舗 (STOCKIST)

高島屋日本橋本店
伊勢丹新宿
タクルタートル (南青山)
ミナトバッグ (横浜元町)
京阪百貨店 (大阪)
ラスティーネール (神戸)
ラルティーグ (福岡)
Jolisac (姫路)
藤崎 (仙台)
Rokkodo (静岡)

ポップアップストア開催のお知らせ

Seiji inoue x LaLa Senorita

mid summer final event!
(sample sale品もございます)

日時
8/21 fri 1pm-7pm
8/22 sat 10am-7pm
8/23 sun 10am-7pm
8/24 mon 10am-5pm

場所
東京都渋谷区広尾5-16-3 1F
mille fleuve ミルフルーヴ
(広尾駅から徒歩2分のギャラリー)

各アイテムの特徴


日傘がメイン、もちろん晴雨兼用に使用可能。

国内の綿生地にオリジナルデザインの刺繍、スゥエーデン、西アフリカ、インドネシア等のプリント生地等を輸入して国内で撥水、UV加工を施して傘に組み立てたものなど。

手元は今や希少なアクリル職人の手作り、手染めのものや楠木を木彫家が彫刻したもの等のオリジナルも制作。
年々天然木などの面白い素材も減って中国量産型が殆どになってきた中、国内の職人達の細やかな仕事は貴重です。— 角

バッグ
材料はその都度変化し、アフリカンプリントを使ったり、モロッコのかごをベースに国内で加工したり、マダガスカルのラフィアも使用。最近の新作は日本の絣とユーズドデニムを使ったかごバッグなど。

団扇
団扇で使用しているアフリカンプリントは四国の丸亀の工房にて加工いただいています。一本の竹を割いて作る昔ながらの美しい職人芸。

ファッションの楽しさや喜びは、人生を豊かなものにし幸福度を与えてくれるもの。
日本の伝統である団扇、絞りの着物までが海外で安く大量生産させるようになり、職人が減っていっている日本。そして、日本製がますます希少になっているいま。

日本ならではのクオリティとオリジナリティを掛け合わせることによって、知る人ぞ知る、そしてコアなファンを多く抱えるブランド「LaLa Senorita」。

気分がブルーになる雨の日には気持ちをハッピーにさせてくれ、かんかん照りの真夏の日にもおしゃれな気分にさせてくれること間違いない LaLa Senorita のオンラインストアはこちらから、https://lalasenorita.fashionstore.jp/

有限会社カオス
http://www.in-kaos.com/about/

LaLa Senorita Online store (ララ セニョリータ オンラインストア)
https://lalasenorita.fashionstore.jp/

【本件に関するお問合せ先】
デザイナーへの直接インタビューも可能です。
株式会社Y&L Projects 部署:LaLa Senorita PR部
メールアドレス:hello(アットマーク)ylprojects.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE