PR TIMES / 調査レポート

【働く女性の健康対策について調査】約4割の方が自分らしい働き方は週5日と回答!いつまでも健康で働くためにどのような対策をしている方が多い?

大人のデトックス&スタジオ『Re・Bodybalance』(https://rebody-b.com/)を運営する株式会社シーシーティー協会(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:飯間 百子)は、働いている30代~60代女性に「働く女性の健康対策」に関する調査を実施しました。

日々頑張って働いている女性のみなさん。
家族や子どものために、身を粉にして働いている方もいるかと思います。

若いころは、多少無理をしても身体に支障がなかったものの、年を重ねるにつれて
「体力がなくなった気がする」
「腰痛持ちになった」
など、身体の衰えを感じる方もいるのではないでしょうか?

では、働いている女性のうち、どのくらいの方がそのような身体の衰えを感じ、どのような対策をしているのでしょうか?

そこで今回、大人のデトックス&スタジオ『Re・Bodybalance』https://rebody-b.com/)を運営する株式会社シーシーティー協会は、働いている30代~60代女性にを対象に、「働く女性の健康対策」に関する調査を実施しました。

生活で必要な月収は20万円未満、預貯金額は100万円未満が3割が最多

はじめに、働き方や現在の状況について伺っていきました。

「週に何日くらいの勤務が“自分らしい働き方”だと思いますか?」と質問したところ、週に5日(38.0%)と回答した方が最も多く、次いで週に4日(34.2%)』『週に3日(20.4%)となりました。

続いて、「生活していくうえで必要な手取り月収はどのくらいですか?」と質問したところ、20万円未満(31.2%)と回答した方が最も多く、次いで20万円以上25万円未満(28.6%)』『25万円以上30万円未満(19.6%)という結果となりました。

さらに「現在の預貯金額はどのくらいですか?」と質問したところ、『100万円未満(29.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『1,000万円以上(20.0%)』『100万円以上200万円未満(12.4%)』と続きました。

家族構成によっても、必要な手取り月収や貯金額は異なりますが、週に4日~5日程勤務するのが理想と考えている方が多いようです。

働いていても自分の時間は大切!自分の時間がある方の割合とは

生活のために働いている女性のみなさんですが、仕事や家事、育児に追われて自分のために使える時間がないのではないでしょうか?

そこで、「一日のうち、自分のためだけに使える時間はありますか?」と質問したところ、4時間以上(28.5%)と回答した方が最も多く、次いで2時間程度(21.7%)』『3時間程度(21.6%)と続きました。

一日に4時間以上自分のために使える方が多い結果となりましたが、家族構成などによって異なるのかもしれません。

多くの女性が気力や体力の衰え、更年期不調を感じていた!その症状とは

年齢や状況により、気持ちは変わらずとも体力や気力などの衰えを感じている方もいるでしょう。
実際に感じているのか、また感じているならどのようなことを感じているのでしょう?

そこで、「気力、体力の衰えとしてどのようなことを感じますか?(複数回答可)」と質問したところ、体力低下(65.2%)と回答した方が最も多く、次いで記憶力低下(52.2%)』『筋力低下(49.1%)と続きました。

年齢を重ねるにつれて、気力や体力の衰えを感じる方が多いかと思いますが、では、更年期の不調についてはどうでしょう。

「更年期についてどのような不調を感じますか?(複数回答可)」と質問したところ、発汗やのぼせ(23.1%)と回答した方が最も多く、次いでイライラ(22.5%)』『腰痛・膝痛・関節痛(21.6%)と続きました。

更年期の症状は個人によってさまざまかと思いますが、発汗やのぼせを感じている方が多いようです。

いつまでも健康でいたい!自身の身体で一番気になることとは

な衰えや不調を感じている方いる中で、どのような健康対策を行っている方が多いのでしょうか?

そこで、「健康対策としてどのようなことをしていますか?(複数回答可)」と質問したところ、サプリメント、湿布、市販薬を使う(30.5%)と回答した方が最も多く、次いで屋外でウォーキングやランニングをする(26.2%)』『病院に行く(鎮痛剤などの処方、リハビリ、保険適用整体など)(20.0%)と続きました。

3割以上の方が、サプリメントで不足している栄養素を補ったり、湿布や市販薬を使用したりしているようです。
また、積極的に体を動かしている方や、病院で専門家に相談する方も少なくない様子がうかがえます。

生活していくうえで、まず大切なのが健康であることですよね。
では、現在身体について一番不安なこととは何なのでしょうか?

続いて、「身体について、今一番気になること(不安なこと)は何ですか?」と質問したところ、『特にない(32.0%)』と回答した方が最も多かったものの、女性特有の病気(20.7%)』『がん(13.7%)』『コレステロール値(12.5%)と続きました。

特にないと回答した方が最も多かった一方で、女性特有の病気が、がんを上回る結果となりました。

【まとめ】働いているからこそ身体を大切に!エイジケアで身体を整えよう

今回の調査で、働いている女性の多くが体力の低下を感じており、また、更年期について発汗やのぼせを感じていることが明らかになりました。

家族構成によっても、必要な手取り月収や貯金額は異なりますが、そのような不調がある中でも、週に4日~5日程勤務するのが理想と考えている方が多いようです。

また、体力低下や発汗、のぼせといった不調に対して、サプリメントで不足している栄養素を補ったり、積極的に体を動かしたりしている方が多く、何かしらの対策を行っていることが分かりました。

何をするにも健康が第一ですから、しっかりと身体のケアを行っていつまでも健康な身体を目指しませんか?

身体のエイジケアなら『Re・Bodybalance』

今回調査を行った株式会社シーシーティー協会は、大人のデトックス&スタジオ『Re・Bodybalance』https://rebody-b.com)を運営しています。

Re・Bodybalanceは、自然治癒力を高め、健康を根本から見直す「ウェルネス・バランスケアセラピー」を行っています。
「病気じゃない、だけど辛い」
首・肩などのカチコチ筋肉や眼精疲労・良質の睡眠・女性特有のお悩みを改善するお手伝いをしています。

★筋膜デトックスリリース
筋膜リリースとは筋肉と骨の間にある接着剤の役割をしている筋膜に着目した手技です。
筋膜は全身のあらゆる器官を包んでその「形」「位置」を安定させ保護します。
全身タイツのように体を覆う一枚の膜が癒着を起こすと身体が歪み、リンパがつまり、代謝が悪くなり、太りやすくなってしまいます。
筋膜・骨膜の癒着は歪みの大元。
脂肪には老廃物が蓄積する性質があり、深部からのインナーリセットをしていきます。
独自のオールハンドのテクニックで、硬くなった筋膜の「癒着」をゆっくりはがし、固まっていた体の可動域を広げていきます。

【このようなお悩みに!】
・四十肩、五十肩、ひどい肩こりが緩和
・ひどい腰痛が緩和
・基礎代謝がアップし、痩せやすい身体に導く
・デトックス促進
・身体の動きが円滑に

■全身ボディリリース
はじめて筋膜リリースをされる方におすすめのスタンダードな筋膜リリース+リンパのセットプラン
<初回特別価格>19,800円→7,800円(90分)

■トータルリセット 全身ボディリリース+ヘッドリリース
首・肩・頭の痛み、疲れが気になる方に人気No.1
<初回特別価格>23,000円→9,800円(120分)

★アラフォーからの自分スタイル独立「筋膜エイジケアセラピスト」育成プロジェクト参加者募集中!!
手に職をつけ、経験・体験を活かして、より良い未来への1歩「筋膜ヘッドケアセラピスト養成 50%off」をスタート♪

・ヨガ、パーソナルトレーナー+セラピスト
・介護士、看護師+セラピスト
・子育て、介護経験+セラピスト
・自己心身不調、闘病経験+セラピスト
・離婚、シンママ経験+セラピスト

お客様の心・体・肌を癒すセラピストとして、未来に向けて、自分の「やりがい」「居場所」をここからつくってみませんか?

■Re・Bodybalance:https://rebody-b.com/
■株式会社シーシーティー協会:https://ccta.co.jp/
■お問い合わせ:info@ccta.co.jp

調査概要:「働く女性の健康対策」に関する調査
【調査日】2022年10月13日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,013人
【調査対象】働いている30代~60代女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus