PR TIMES / 調査レポート

お風呂が面倒と感じたことがある人は6割以上!20分以内で効率的にリラックスする方法とは?

いい風呂の日(11月26日)にちなんで、「お風呂事情」の実態調査を実施

落ち葉が舞い散り、温かいお風呂が気持ち良い季節になりました。株式会社 LIXILでは、11月26日の「いい風呂の日」にちなんで、20代~60代の男女661人を対象とした「あなたのお風呂事情」の実態調査を行いました。

調査の結果、全体の65.8%が、「お風呂に入るのが面倒と感じることがある」と回答し、その理由として最も多いのは、「疲れているから」(33.6%)、次いで「睡眠時間の方をより優先したい」(22.1%)、「身体や頭を洗うのが面倒だから」(21.1%)となりました。また、全体の6割の人が20分以内で入浴を済ませている一方で、「身体の疲れをほぐす」(27.8%)、「リラックスできる」(19.4%)など、多くの方がお風呂時間に癒しを求めているという実情も明らかになりました。

主な調査結果

■65.8%が「お風呂に入るのが面倒と感じたことがある」と回答
全体の65.8%が、「お風呂に入るのが面倒と感じることがある」と回答し、その理由は「疲れているから」(33.6%)が最も多く、次いで「睡眠時間の方をより優先したい」(22.1%)、「身体や頭を洗うのが面倒だから」(21.1%)、「お風呂後のケアが面倒だから」「裸になるのが寒いから」(各10.8%)となりました。

■平均入浴時間は「20分以内」が多数、短い間ながらも「癒されたい」
シャワーも含めてお風呂に入る平均時間は「11~20分と回答した人」が最も多く(43.1%)、「10分以内」(17.9%)と合わせると61.0%となりました。また、お風呂に最も求めている効果を聞いたところ、「身体の疲れをほぐす」(27.8%)が次点の「身体を清潔に保てること」(25.4%)を上回り、「リラックスできる」(19.4%)、「さっぱりリフレッシュできる」(16.3%)など、お風呂に癒しを求めるような回答が多く見られました。

■「毎日湯船につかる」派は約半数。シャワーと上手く併用
近年、シャワーで済ませる人が増えてきているものの、「ほぼ毎日湯船につかる」と回答した人は47.4%となり、「ほぼ毎日シャワー」(22.7%)を大きく上回りました。また、本当なら毎日湯船につかりたいという人は7割以上と、浴槽浴に対する本音の願望も。現実的には週に何度か湯船につかりながらシャワーと上手く併用している方が多いようです。

■半数以上が、気軽にできる「シャワーヘッド交換に興味あり」


お家時間の増加に伴い、自宅でできるお手軽美容やバスタイムを充実させようと考える人が増えてきています。中でも、気軽に機能UPできるシャワーヘッド交換には注目が高まっており、今回の調査でも、55.1%の人が「シャワーヘッドの交換(付け替え)に興味あり」と回答しました。

「効率的にリラックス」を叶える画期的な泡シャワー「KINUAMI U」


今回の調査によって、「本当はゆっくり湯船につかりたいけどできない」「身体の疲れをほぐしたい」「洗身が面倒」「リラックスしたい」など、さまざまな声を聞くことができました。
忙しく、疲れも多い現代人に、20分という限られた時間の中で、効率的に洗身をしてリラックスを提供する。そんなニーズにお応えできる、画期的な泡シャワー「KINUAMI U」をご紹介します。


泡立て~塗布までの面倒なステップを短縮
「KINUAMI U」は、シャワーヘッドから出るお湯を、濃密で温かく全身を包み込む”絹泡”を生成する泡モードに、スイッチひとつで切り替えることができる、類例のない画期的な泡シャワーです。シャワーから出てくる泡を身体に当ててやさしくなでるだけなので、ボディソープを泡立てて身体に塗布する、「面倒」と思われがちな作業を一気に短縮できます。


柔らかく温かい”絹泡”に包まれてリラックス
さらに、生成される泡は、独自開発された泡生成技術によって発泡倍率を約11倍に制御し、手では泡立てることができないほどの高密度。柔らかく温かい濃密な泡に全身を包み込まれる体験は、これまでに味わったことのないような心地よさとリラックス感をもたらします。

「KINUAMI U」をお得に購入できるキャンペーンを実施!
極上のバスタイムを提供する泡シャワー「KINUAMI U」をお得に購入できるキャンペーンを実施します。期間限定のお得なチャンスをお見逃しなく!

■「KINUAMI #いい風呂の日 キャンペーン」


期間:2022年11月25日(金)~12月26日(月)
内容:泡シャワー「KINUAMI U」(本体セット)が22,000円割引
※商品購入時にクーポンコード「1126kinuami」をご入力ください
対象商品:
・KINUAMI U 76,780円(税込)
・KINUAMI U タイル壁用マウントパーツ同梱セット 84,480円(税込)
※対象者は日本国内在住で、商品のお届け先が日本国内の方。
※購入はKINUAMI公式オンラインストアに限ります。
※他のキャンペーンとの併用はできません。
※本キャンペーンに関する詳細、お問合せはKINUAMI公式サイトまで。
KINUAMI U公式サイト:https://www.kinuami.com/

「KINUAMI U」製品仕様
本体サイズ:幅225×奥行125×高さ(ホース含まず)285mm
本体重量:約3.3kg
専用ボディソープ容量:500ml(保湿成分トリプルヒアルロン酸*/アロエエキス/モモの葉エキス配合)
*トリプルヒアルロン酸:ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸
※専用ボディソープ以外のものを機器に使用すると故障の原因になりますので絶対におやめください。

専用ボディソープ価格:990円(税込)
販売元:株式会社NITTO CERA

参考資料

■「ボディハグシャワー」について
・まさにお湯に「ハグされる」感覚
泡シャワー「KINUAMI U」と同様に、お湯にやさしく包まれて温まる、新感覚のシャワー「ボディハグシャワー」を2022年6月に発売。5分間浴びるだけで、従来のシャワー浴よりも身体全体が温まることが最大の特長です。10個のノズルから吐水するので、全身を一度に温めることができ、「ボディ“ハグ”シャワー」という名前のごとく、お湯に「ハグされる」ような浴び心地を提供します。入浴やお風呂掃除にかかる時間よりも他のことを優先したい時にはボディハグシャワーで手軽に身体を温め、時間がゆっくり取れる時には湯船に浸かる、そんなライフスタイルもご提案しています。

・5分浴びるだけで身体が温まる
ボディハグシャワーは、5分間浴びるだけで、従来のシャワー浴よりも身体全体が温まります。ハンドシャワーによる入浴と比べ、全身および首まわりにおいて入浴後の温まりが持続します。また、舌下温度計測による深部体温についても、ハンドシャワー入浴に比べて深部体温が下がりにくいと言えます。

・可動するアームと10個のノズルでやさしく包み込む
10個あるノズルは、位置により水の出方や量を変化させています。首や足にはややストレートに、胸やお腹には広く霧状に吐水し、身体全体でちょうどよい浴び心地と温まりを感じられる設計にしています。また、アームは可動式で当たる位置を調節でき、先端部分は回転させて首や肩にダイレクトに、ピンポイントに当てることができます。アームを手前に傾ければ、風呂椅子などに座った状態でも使用でき、浴槽に入ることが困難で寒くなりがちな方にも、全身が温まるシャワーを満喫いただけます。

・全身温まるボディハグシャワーはエコにも配慮
効率的に全身が温められると同時に浴槽の利用および清掃が減る分、浴槽浴利用と比較し、水量およびお湯をわかす時間が減り、浴槽浴と比較し約36%のCO2削減に貢献し、年間で水道料金とガス料金あわせて約17,700円節約。環境に配慮された製品です。

【試算条件】4人家族(男性2人、女性2人)が、年間平日分261日の入浴をボディハグシャワー(適正下限流量9L/min、1人当たり5分間)に切り替えた場合で算出。【比較品】浴槽実用水量240L(1600サイズ)、ユニットバス周辺温度10℃±2℃の環境下で4時間後の温度低下が7℃(半年間は温度低下が半分)【引用元】自社基準【単価】上下水道:265円/㎥(税込)、都市ガス:156円/㎥(税込)【CO2排出係数】水道:0.54kgCO2/㎥、都市ガス:2.23kgCO2/㎥※数値はあくまで目安であり、記載通りのCO2排出量の削減を保証するものではありません。
詳細や最新情報については、こちら(https://www.biz-lixil.com/service/law/eco_products/products_data.html)をご覧ください。

・既存のお風呂に取付けしやすい仕様と、空間を圧迫しないスマートなデザイン
既存のお風呂に取付しやすく設計しています。既存の水栓はそのままに、ボディハグシャワーを壁に取り付け、シャワーホースをつなぐだけで簡易な工事で利用が可能です。
また、デザインや寸法などについても、空間を圧迫しないスマートさを追い求めて開発・設計しています。意匠性は損なわず、快適なシャワーを体験いただけます。

・「ボディハグシャワー」特設サイト
https://www.lixil-online.com/bathroom/parts/bodyhugshower/

・販売価格:218,900円~(税・施工費込み)
※購入前の事前下見は無料。それ以降に購入検討いただけます。詳しくは特設サイトにて。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus