PR TIMES / 調査レポート

「楽天ラクマ」、2022年版「ファッションの参考にする国」に関するアンケート調査結果を発表

-女性は10代~50代で「韓国」が今年も1位、男性は全年代で「アメリカ」が1位に。「イギリス」は10代女性で2.2ポイント、20~40代男性で平均4.6ポイント上昇 –

 楽天グループ株式会社(以下「楽天」)は、運営するフリマアプリの「楽天ラクマ」において、「ファッションの参考にする国」に関するアンケート調査をインターネットで実施しました。今回の調査は、2022年6月1日(水)から6月6日(月)の6日間、「楽天ラクマ」ユーザーの3,903人を対象に行いました。本調査は2016年から毎年実施しており、今年で7回目となります。

【「ファッションの参考にする国」調査結果】
●女性が「日本以外で最もファッションの参考にしている国」は、10代から50代までで「韓国」、60代以上では「フランス」がトップ

「日本以外で最もファッションの参考にしている国」(単一回答)を各年代の女性に質問したところ、60代を除く全世代で「韓国」が最も高い結果(10代75.0%、20代59.0%、30代38.8%、40代28.9%、50代21.5%)となりました。60代以上では「フランス」(29.3%)が1位となりました。

10代女性においては、2016年の調査開始時から今回まで、「韓国」をファッションの参考にしている割合が7年連続で1位を継続していますが、ピークである2020年(79.4%)と比較すると、2021年(77.3%)は2.1ポイント減、2022年(75.0%)は4.4ポイント減となりました。
「韓国」が減少傾向にある一方、「イギリス」は2021年(2.0%)から2022年(4.2%)の間で2.2ポイント増となりました。

●男性が「ファッションの参考にしている国」は、全年代で1位「アメリカ」、20から40代で2位「イギリス」(20~40代)が浮上
「日本以外で最もファッションの参考にしている国」(単一回答)を各年代の男性に聞いたところ、全年代で「アメリカ」が1位となりました。また、10代では2位「韓国」(12.4%)、20代と30代の2位は「イギリス」(20代18.6%、30代12.0%)、40代においては2位が「イギリス」と「イタリア」(ともに14.0%)、50代から60代以上においては2位「イタリア」(50代22.2%、60代以上21.6%)という結果となりました。2021年の調査では、20代においては2位「韓国」、30代と40代では2位「イタリア」でしたが、今年は20代から40代の男性においては、「イギリス」が2位にランクインしました。「イギリス」は昨年と比較すると、20代男性で7.1ポイント、30代男性で2.7ポイント、40代男性で4.0ポイント上昇しています。

●上記で回答した国の最も注目しているブランド、10代女性は「SHEIN」「SONA」「KIRSH」、男性は10代~40代までが「NIKE」
「ファッションの参考にしている国で回答された国の、最も注目しているブランド」(複数回答)について質問したところ、10代女性では「SHEIN(シーイン)」(n=22)、「SONA(ソナ 旧ソニョナラ)」(n=13)、「KIRSH(キルシー)」(n=10)が上位3位にランクインしました。「SHEIN」は中国発のブランドですが、「韓国」をファッションの参考にすると答えた方からも多く支持を集めていました。女性の30代、40代で「ZARA」(30代 n=32、40代n=16)、50代および60代以上では「CHANEL」(50代n=15、60代以上n=5)が1位でした。

男性の10代~40代までは、「NIKE」(10代 n=6、20代 n=10、30代 n=34、40代 n=39)が1位で、幅広い年齢層に支持されていることがわかりました。「Supreme」(20代 n=8、30代 n=24、40代 n=19)は20代から40代の男性のトップ3にランクインしており、50代、60代以上の男性には「ARMANI」(50代 n=22、60代以上 n=7)「Ralph Lauren」(50代 n=19、60代以上 n=12)がランクインしました。

●「ファッションの参考にしているアーティスト・タレント・著名人」は、女性の1位は「TWICE」、男性の1位は「木村拓哉」さん
「ファッションの参考にしているアーティスト・タレント・著名人」をフリー回答で質問したところ、女性全体では1位「TWICE」(n=42)、2位「BTS」(n=21)、3位「BLACKPINK」(n=13)と男女問わず韓国グループがトップ3に名を連ねました。「BTS」は、10代から50代の幅広い年代の女性に選ばれており、「BTS」を選択した回答者が選んだ好きなブランドには、ラグジュアリーブランドのほか、「BTS」がアンバサダーを務めるファッションブランドが挙げられていました。また、女性の4位には韓国グループ「aespa」と同数で、イギリスのロイヤルファミリーである「キャサリン妃」(いずれもn=9)が挙がっていました。

男性全体では「木村 拓哉」さん(n=36)が最も多く、20代から60代以上の幅広い層に支持されました。2位は「所 ジョージ」さん(n=16)で40代から50代の回答者が最も多く、3位の「菅田 将暉」さん(n=13)は20代から50代までの回答者に選出されています。

●各国のファッションに注目する理由は、「韓国」と「中国」は「安さ」、「アメリカ」は「自分らしさ」、「フランス」と「イギリス」は「伝統的な文化」
全ての回答者を対象に「ファッションの参考にしている国」に関して、「その国のファッションに注目する理由」(複数回答)を質問したところ、「韓国」は「安くて気軽に買えるから」(62.4%)が最も多く、同国では唯一「その国のタレント・アーティスト・著名人が好きだから」(37.1%)という理由がベスト3にランクインしていました。前述の「ファッションの参考にしている人」ランキングでもトップ5に4組のK-POPグループがランクインしていることから、韓国のタレントやアーティストなどがファッションに影響を与えていることがわかります。

一方、「アメリカ」は「自分らしさを表現できるから」(43.3%)、「フランス」と「イギリス」は「その国の伝統的な文化が好きだから」(「フランス」43.4%、「イギリス」51.6%)、「イタリア」と「スペイン」は「信頼できるブランドがあるから」(「イタリア」50.5%、「スペイン」42.3%)が最も多い結果となりました。

●各国ファッションの情報源は、「韓国」「アメリカ」「フランス」「イギリス」「スペイン」「中国」は、「Instagram」が1位。「イタリア」は「雑誌」が1位
各国ファッションの情報源を探るために、「ファッションの参考にしている国」の「ファッション情報をどのように得ているか」(複数回答)について質問したところ、「韓国」(59.7%)、「アメリカ」(37.5%)、「フランス」(40.8%)、「イギリス」(33.1%)、「スペイン」(39.4%)、「中国」(34.8%)では、「Instagram」が1位となりました。本調査において、情報源に「雑誌」が最も選ばれた国は「イタリア」(32.7%)でした。昨年は、「フランス」の1位が「雑誌」(42.2%)、「スペイン」の1位においては「ブランドサイト」(34.5%)でしたが、今年は両国とも「Instagram」が1位という結果になりました。

【調査概要】
調査エリア: 全国
調査対象者: 「楽天ラクマ」ユーザー
回収サンプルサイズ: 3,903サンプル(女性 2,095サンプル、男性 1,808サンプル)
調査期間: 2022年6月1日(水)から6月6日(月)
調査実施機関: 「楽天ラクマ」

【フリマアプリの「楽天ラクマ」について】
「楽天ラクマ」は、2012年7月にサービスを開始した日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天で運営していた「ラクマ」が2018年2月に統合して生まれました。繋ぐ力で物を棄てずに循環させる「循環の輪」を広げ、誰でも手軽に活躍できるECの世界を築くことにより、サーキュレーション市場の活性化を図り、循環型社会の実現に貢献することを目指しています。2022年5月時点で「楽天ラクマ」のアプリは3,500万ダウンロードを突破しました。

※記載されているブランド名などは、各社の登録商標または商標です。
※本レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合があります。
以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus