PR TIMES / 商品サービス

森永乳業が保有する育児情報×AI音声アシスタント Amazon Alexaに対応した「育児サポートスキル」を開発

約100万件の育児相談データを保有する「エンゼル110番」を活用!赤ちゃんを抱っこしたままハンズフリーで育児相談、離乳食の作り方を確認できる、子育てに関わる全ての方を応援

 森永乳業は、Amazon がスマートスピーカーなどに搭載しているAI音声アシスタント「Amazon Alexa」※1に対応した新サービス「育児サポートスキル」の提供を5月25日(水)より順次開始いたします。スマートスピーカーに話しかけるだけで、育児相談や離乳食作りなど育児に関する気になる情報を音声と動画で提供します。


 日本国内の出生数は緩やかな減少傾向※2が続いていますが、出産後も仕事を続ける女性や育児に積極的に参加する男性も増えています。また、今年4月から育児・介護休業法が改正※3され、男性の育児休業取得を促進するため、「出生時育児休業制度」が新設されるなど、子育てや家族の在り方における多様化の流れは今後さらに広がっていくと思われます。

 当社は100年以上にわたって、赤ちゃんの健康のために育児用ミルクの研究と開発を進めています。1975年に育児に関する無料電話相談窓口「エンゼル110番」※4を開設し、育児の悩みや不安に寄り添ってまいりました。その相談件数は2022年半ばには100万件を超えることが見込まれていることから、これまでに「エンゼル110番」に寄せられた相談や当社が保有する育児コンテンツをデータ化し、Amazon が提供する音声AI音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応した「育児サポートスキル」の開発に至りました。
 当社グループは、コーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」のもと、森永乳業グループ10年ビジョンにて「サステナブルな社会の実現に貢献し続ける企業へ」を掲げています。今後も子どもたちの健やかな成長を応援できる環境作りなど、当社グループならではの取り組みを通じて社会課題の解決に貢献してまいります。

詳細はこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d21580-20220520-59162c0a6e678985b120922cef05c9f6.pdf
<森永乳業ウェブサイト>            https://www.morinagamilk.co.jp
<森永乳業 妊娠・育児情報サイトはぐくみ>    https://ssl.hagukumi.ne.jp/
<育児に関する無料電話相談窓口エンゼル110番>  https://www.angel110.jp/
    フリータ゛イヤル 0800-5555-110  [時間]月~土10:00~14:00(日曜祝日・年末年始除く)

■「育児サポートスキル」について
 昨今、対話型の音声操作に対応したAI技術を持つスマートスピーカーが次々と発売され、急速に普及しています。中でもAmazon が提供するAI音声アシスタント「Amazon Alexa」には、第三者が開発可能なアプリ「Alexa スキル」が備わっており、このたび株式会社アイリッジ※5 と共同で、育児アドバイスを伝える「育児サポートスキル」を開発しました。両手がふさがっていることが多い育児シーンにおいて、声のみで育児に関する情報を取得できる利便性をご提供します。
 なお本サービスは、「Amazon Alexa」に対応した画面付きデバイスに対応して おり、これらをお持ちの方は無料でご利用いただけます。

※1 Amazon AlexとAlexaスキル
Amazonのスマートスピーカーに搭載されたアプリ。第三者が開発可能な機能「Alexaスキル」が備わっており、Amazon側の審査を通過するとAmazon Alexaスキルストアに公開され、Alexaを搭載したデバイスに「アレクサ、○○(作成したスキル名)を起動して」などと呼びかけて使えるようになる。
※2厚生労働省 (出生数、合計特殊出生率)
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-01-07.html
※3厚生労働省(育児・介護休業法について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html
※4エンゼル110番
エンゼル110番は森永乳業が1975年に開設した無料電話相談サービス。妊娠中のお母さんから育児でお悩みのパパなど、小学校入学前までのお子さんをお持ちの方を対象にしており、その相談件数は2022年半ばには100万件を超えることが見込まれる。(https://www.angel110.jp/
※5株式会社アイリッジ
企業向けにアプリの企画・開発・運用に加え、クラウド型で提供するプラットフォームなどの開発・提供、デジタルとリアルを統合したマーケティング支援等を行っている。今回Alexaスキルの開発においては独自の開発クラウドサービス「NOID(ノイド)」を用いた。

■「育児サポートスキル」でできること
「育児サポートスキル」は今後も継続的な改良を行い、進化させていきます。
1.育児相談
当社が提供する育児に関する無料電話相談窓口「エンゼル110番」に寄せられた累計約100万件の育児相談データから、特に相談の多い内容についてスキル化しました。「アレクサ、育児相談をひらいて」と話しかけ、相談したい赤ちゃんの月齢を答えることで、表示されるカテゴリに従ってお悩みに役立つ情報が聞けます。

2.ミルクの作り方(粉ミルクの調乳方法)
当社が提供する妊娠・育児情報サイト「はぐくみ」(https://ssl.hagukumi.ne.jp/)で紹介しているコンテンツをスキル化しました。初めて調乳する時や手順が不安になった時など、作業で両手が塞がった状態でも「アレクサ、ミルクの作り方をひらいて」と話しかけるだけで作り方を映像で確認できます。

3.月齢別離乳食レシピ
妊娠・育児情報サイト「はぐくみ」にて紹介しているレシピを月齢 (5~6ヶ月/7~8ヶ月/9~11ヶ月/12~17ヶ月/18ヶ月)ごとにスキル化しました。提供開始時点では各月齢ごとに約20件、合計112件のレシピに対応しており、今後増やしていく予定です。
「アレクサ、5ヶ月6ヶ月の離乳食をひらいて」と話しかけることで、ご希望の月齢に合ったレシピをご紹介します。

■開発者の想い


 今回「育児サポートスキル」の開発を進めたのは、2020年より当社の育児用ミルクなどのマーケティングに携わっている青木。
昨年お子さんが生まれてから、自身も育児に積極的に関わる中、「今聞きたい!」「今確認したい!」と思う育児情報が多かったそう。しかし、子どもを抱っこしていたり、両手がふさがりがちであったことから思うように調べることができず、もっと有効的に調べる手段がないか考えるように。そんな時、毎日愛用しているAmazon Alexaであれば声だけで確認することができるのではとひらめき、育児休業取得後すぐさま上司に当社が保有するエンゼル110番とAmazon Alexaで新しい育児サービスを提供できないか相談、開発に着手しました。

ヘルスケア事業マーケティング部 青木 陽
育児に関する情報は、近年書籍やインターネットなどさまざまなところで入手できます。一方、情報が
たくさんありすぎて迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。当社では45年以上培った育児相談「エンゼル110番」を新しいツールでご提供し、これから育児に関わる全ての方に少しでも貢献できればと思っており、かけがえのない育児期間になればと願っています。

<参考>
森永乳業の無料電話育児相談窓口「エンゼル110番」について

エンゼル110番は1975年5 月に開設し、2022年5月で47年を迎える無料電話育児相談窓口です。
これまでの相談件数は約99万件(2021年12月現在)にのぼり、2022年半ばには100万件を超えることが見込まれています。
また、時代とともに変化する育児の理解に役立つことを願い、相談内容から育児に関する傾向についてまとめた「エンゼル110番レポート」を1993年から毎年発行したり、看護学生の実習を受け入れるなど、蓄積した情報を活用した取り組みも実施しています。


ウェブサイト http://www.angel110.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus