特集

「オンライン飲み会」で赤っ恥!「改めて気を付けたい」5つのこと

外出自粛期間を経て、「オンライン飲み会」は今やスタンダードな交流の形に。最近では、このスタイルでの合コンやデートも増えたんだとか。新たな婚活の場となりつつある「オンライン飲み会」ですが、中にはヒヤっとするようなトラブルも…。今回は、オンライン飲み会で「改めて気を付けておきたいこと」を5つご紹介します。

◆あわせて読みたい

トイレの音が丸聞こえ?!「オンライン飲み会」でやらかした5つの失敗談【初心者あるある】

1.自分の「ネットワーク環境」を確認しておく

いざ始めようと思ったら...あれ、電波が繋がらない!

「オンライン飲み会」で赤っ恥!「改めて気を付けたい」5つのこと
どんなに格闘しても一生接続不良!(写真:「CLASSY.」2019年7月号)

「オンライン飲み会」で最も大切なものは、良好なネットワーク環境。「Wi-Fiがあるから大丈夫」と思っていても、実はエリアや時間帯によって繋がりづらかったり、契約次第では通信制限がかかっていたりと落とし穴あり。

Wi-Fiの調子が悪かったら、諦めてスマホのLTE回線を使うのがベターです。電波が悪いと、映像や音声が途切れて相手にも迷惑がかかってしまうので、チェックは入念に!

2.スマホやPCの充電をフルチャージにしておく

話が一番盛り上がったところで、いきなりシャットダウン!?

あれ、一瞬で充電が切れた!?(写真:「CLASSY.」2019年11月号)

ビデオ通話での電力消費スピードを甘く見てはいけません!肝心なところで電源が落ちて、再起動にも時間がかかっちゃう…なんてこともザラ。

さらに充電コードをつないだまま通話を続けると、本体温度の急上昇によりショートしてしまう可能性も!フル充電で飲み会に参加することを心がけて。

3. 「終了時間のめやす」を決めておく

そろそろお開きにしたいのに、タイミングがわからない...

本当はもう寝たいのに...(写真:「CLASSY.」2020年4月号)

「解散のタイミングを見失う」というのは外での飲み会でもよくあることですが、オンラインの場合「終電」という口実も使えないので余計に難しい!つい、だらだらと飲み続けてしまいますよね。

酔っ払いすぎて相手を放置したまま寝落ち…なんて失態を防ぐためにも、あらかじめ参加者の間で「だいたいの終了時間」を設定しておきましょう。

4.自撮り用の三脚やスタンドを用意しておく

スマホのベストな置き場がなくて、何度も倒れちゃう...

何度も画面を乱しちゃってごめんなさい...(写真:「CLASSY.」2020年2月号)

スマホ派の人にとって「カメラの位置が安定しない」というのは結構大きな悩みですよね。ベストな高さと角度で固定しておくのはなかなか至難の業。

度重なるスマホの転倒には、「三脚」や「卓上スタンド」が便利です。ネットでも数百円で購入できますが、どうしても間に合わない場合は「ベランダ用の洗濯ばさみ」2個でスマホを挟んで。即席スタンドのできあがり!

5.同居人がいる場合は「マイク付きイヤホン」を用意しておく

聞かれたくないオフレコ話がうっかりダダ漏れ!!

ヤバい、隣の部屋にも聞こえてた!(写真:「CLASSY.」2019年12月号)

一人暮らしなら心置きなくできる「オンライン飲み会」も、誰かと住んでいる人にとってはいろいろ不都合なことも。聞かれてはまずい「ぶっちゃけトーク」には、イヤホン必須!

また、同居人も同じタイミングで別の飲み会をしている場合、スピーカーの音どうしの喧嘩を防ぐ役割も。飲んだり食べたりしやすいように、ワイヤレス式がおすすめ。

新しい文化ゆえに、失敗談も多いオンライン飲み会。親しい友人が相手なら笑い話にもできますが、合コンやデートでやらかすのはもったいない!うっかりミスを避けるためにも、事前の準備は入念にしておきたいですね。

構成/CLASSY.ONLINE 編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE