渡韓40回越えライターが実践【韓国に着いたらまずすること】3選!

2019年は計7回渡韓(うち9月は2回)したライターの角田です。
11月には初めての釜山へ、そして今年最後の渡韓では「キムチを漬ける」という長年の夢も叶え、感無量で幕を下ろしました。2020年はワンランク上ののんびりしたソウルステイをしてみたいなぁと思い描きながら新年を迎えようとしています。
さて、InstagramのDMでよくいただく質問の中から、今回は【空港に到着したら済ませておいたほうが良いこと】を3つに絞ってお届けしようと思います。韓国旅行初心者の方でも簡単にできると思うのでよかったら参考にしてみてください!

①国内の約1/3の金額で借りられる!wi-fiレンタルは事前予約で楽々解決!

韓国は日本に比べてwi-fi-普及率が高いので街中やお店の中でもwi-fiを拾いやすいですが、安定した回線を持っておきたいものですよね。以前は出国前日に自宅に届くように手配していましたが、金額が負担に。例えば4泊5日で約5,000円。韓国なら5,000円あれば2軒は飲みに行けるので。
韓国通の友人に聞いてから利用している「無制限に使えてバッテリーも長持ち、コスパも良くて安心して使える」wi-fiレンタルについて紹介します。
韓国情報専門サイト「KONEST」のwi-fi予約特典を利用すると、「KT wi-fi」というキャリアなら1日3,000won(約300円)「LG U+」というキャリアなら1日4,000won(約400円)でwi-fiルーターをレンタルすることができるんです。これはお得!

【wi-fiルーターレンタル方法】

  • 渡韓40回越えライターが実践【韓国に着いたらまずすること】3選!

    ①KONESTから「WI-FI・携帯」をセレクトし、「予約手続きへ」に進みます。

  • ②予約は24時間前までにしておくと安心です。「予約確認書」が表示されるので
    スクリーンショットで画面を保存しておきます。

  • ③入国審査までの間に空港のwi-fiを拾うことができます(写真は金浦空港のもの)。
    空港ではwi-fiルーターをレンタルする前後もインターネットを使うことができます。電波は結構強いです。

  • ④金浦空港到着口を左手に進むとカウンターが見えます。金浦空港より数倍広い仁川空港も到着口を出ると
    空港内にwi-fiレンタルのカウンターを見つけることができます。
    見つけられるか不安なときは前もって空港内マップを確認しておくと良いでしょう。(写真は金浦空港のもの)

  • ⑤カウンターにて②でスクショした画面を見せ、wi-fiを受け取り、クレジットカードとパスポートを提出。
    私はいつも返却のときに支払いをしています。wi-fiルーター、電源プラグ、ルーター用充電用ケーブルが入ったケース
    を受け取ります。ルーターは充電してあるのですぐ使うことができるのも嬉しい。
    在庫のタイミングにもよりますが、ルーターは薄くて軽く、大体8時間くらいはバッテリーも持つので、すごく使えます。

1日約300円から400円でレンタルできるコスパの良さだったら、友達や家族と一緒でもそれぞれ持っておけるのでちょっとした別行動をするときでも安心ですよね。返却は指定した空港の同カウンターに戻せばOK。行きと帰りで利用する空港が違う場合は予約時に指定しておきます。私は毎回この方法でwi-fiルーターのレンタルをしています。

②高い手数料不要!両替は空港内の「自動両替機」にお任せ!

さて、次は「両替」について。韓国もキャッシュレス化は進んでいますが、やはり現金は持っておきたい。そしてできればレートの良いところで両替したいものですよね。
渡韓に慣れない頃は空港内の両替所や銀行で高い手数料にも気付かず両替していましたが、最近では空港内や主要な駅に設置されている「自動外貨両替機」を利用しています。初心者の方は街中で両替所を探すのも大変だと思うので空港内で済ませておくのがおすすめ。両替機の道順さえ分かれば簡単です。必要なのはパスポートと日本円のみ。では早速、利用方法をレポートしますね!

【自動外貨両替機の使い方】

  • ①金浦空港には「地下鉄金浦空港駅」に、仁川空港では「第1ターミナル空港鉄道駅構内」に設置されています。
    (画像は金浦空港駅のもの)
    金浦空港は国際線到着ロビーから1階下り、地下道を通り地下鉄金浦空港駅の改札近くにあります。
    仁川空港は「第1ターミナル空港鉄道駅改札内」のため、地下鉄を利用する方に限り適用します。

  • ②「日本語」を選択し、スタート。まずパスポートをスキャンして本人確認をします。

  • ③画面が切り替わり「外貨投入」。両替希望額の日本円を投入します。

  • ④30,000円を入れました。その日のレートで金額は変わります。このときは「318,000won」に両替できると表示されました。
    両替機からwonが出てきて完了。とってもスピーディ。

こちらの自動外貨両替機は、主要駅や外国人観光客の利用が多いホテルなど、ソウルを中心に設置場所を拡大しているそうです。金額が高ければ高いほど手数料も増えてくるので、高レートで済ませたいときは自動外貨両替所をおすすめします。私は普段1回の渡韓(平均4日)で3万円を両替しておいて、余ったらwonは次回の渡韓用に取っておきます。現地では友達とご飯代を割り勘するときに現金を使い、買い物やタクシーはほとんどカードで済ませています。

③すぐ街に繰り出したい!そんなときは「配送サービス」が超便利!

さて最後は最近利用してすごく便利だった「スーツケース配送サービス」について。こちらも韓国旅行情報専門サイト「KONEST」にて検索しました。空港から指定したホテル間の手荷物を配送してくれるサービス。7月の渡韓では、朝一韓国到着で15時のホテルチェックインまで時間があるけれど予定をびっしり入れたかったので「スーツケース配送サービス」を利用することにしました。

【スーツケース配送サービスの利用方法】

  • ①KONESTから「ZIMZOM AIRスーツケース配送サービス」をセレクト。(他にもいくつか配送サービスプランは選べます)
    こちらも24時間以内に済ませておくと安心です。

  • ②希望日と往復片道の選択、預ける荷物のサイズを選択し、個人情報などを入力。
    ホテル名と荷物預け予定時間、宿泊代表者名を入力します。支払いは事前にクレジットカードで済ませました。

  • ③空港に到着したら指定された荷物預けのカウンターに向かいます。
    (写真は金浦空港のもの。到着口を左手にまっすぐ。化粧室の目印手前に見つけることができます)

  • ④荷物の受け渡しのときに名前を伝え、引き換え券を貰ったら完了。
    名前の下には宿泊予定のホテル名が書かれています。

到着日のソウルが雨予報だったのと、到着直後からあちこち地下鉄で時短移動したかったので、預けて大大大正解でした!ZIMZOM AIRではLINEかカカオトークでIDを追加すると、荷物の配送状況や受け取り完了など状況確認メッセージを受け取ることも可能です。一度夕方の道路混雑で遅れたときも、現在地情報や荷物到着目安を送ってくれたので、安心でした。

まとめ

以上!私が空港に着いたらまずすること「3つ」でした!韓国に通い始めた10年前を思い起こすと…サービスも増え、だいぶ便利になったと思います。旅の出だしをスムーズにしてくれる使えるサービス。渡韓のときの参考になれば嬉しいです。

韓国旅行前にチェック!

韓国女子旅で必ず行きたい!オシャレなグルメスポット4選【週末や三連休でも行ける!】

韓国&台湾でシミ取り!日本より安い、噂の美容レーザーの効果って?【アラサーライターが実体験レポ】

【韓国のお土産No,1】絶対に買って帰りたい!おすすめ最新フェイスパック・シートマスク3選

【韓国グルメ】やっぱり美味しいお肉が食べたい!絶対外さない本場韓国の焼肉を味わうならココ!

【韓国ショッピング】一足約3,000円!プチプラで疲れない、理想の靴が揃うソウルの靴ブランド

もっと買えば良かったと後悔した!最新「韓国コスメ」オススメ5選【お土産にも】

映画『HERO』の舞台、韓国の「甘川文化村」って?釜山で行きたい絶景観光スポット!

<ライタープロフィール>
ライター角田枝里香
大学在学中より14年間、「JJ」ライターとして活動。その他、新聞やwebメディアなどで韓国取材を担当。渡韓歴10年、渡韓回数は約40回。
光文社通販サイト「kokode Beauty」にて韓国美容コラムの連載もスタート。2019年6月よりCLASSY.ONLINEでも執筆をスタート。
Instagram:@kakutaerika@erika_tabemono

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE