AIに仕事を奪われないための「キャリアフリーダム」に必要な4つの能力【専門家の見解は】

ChatGPTなど生成AI機能がより進化して身近になり、私たちの仕事をとりまく環境もめまぐるしく変化しています。自分がやりたいことを選び、自分らしく働くことができる「キャリアフリーダム」な状態を手に入れるために必要なことについて考えます。

知っておきたい!「キャリアフリーダム」に必要なこと

「キャリアフリーダム」に必要なのは、変化に応じて自分の意思で自由にキャリアを形成することができる力。詳しくお話を伺いました。

「キャリアフリーダム」に必要な考え方4つ

仕事との向き合い方で使える〝ikigai〟チャートが話題です!

自分らしく強みを活かして働ける

自分らしく強みを活かして働ける場所をみつけるヒントに
自分にとって最も自己実現できるキャリアを見つけるためのヒントにしたいのが「ikigaiチャート」。「好き」「得意」「お金」「需要」の順番でチャートに書き出し、4つの要素を満たすものが生きがい(ikigai)を感じて生きていく核となり、キャリアを考える上でのヒントになります。特に仕事と切り離すことができないのが「お金」。自分にとって満足できるお金がどれくらいなのかを見直すことは、周りの価値観にとらわれず自分らしく働く上で重要です。

キャリアもファッションのように「自分に合うものを選ぶ」のが大切です

キャリアはファッションのようなもの、自分自身を表現でき、「選べるもの」なんです。ファッションなら試着をしたり、店員さんからアドバイスをもらったり、カラー診断を受けたりしますよね?
キャリアも同じく診断をしながら「自分らしく、自由に」選んでいくものなんです。多様な価値観に触れながら、仕事において自分が大切にしたいことや働く意義をしっかりと見直し、変化の時代の中で主体的にキャリアを選んでいきましょう。私たちの協会の代表である法政大学の田中研之輔教授は「キャリアは蓄積である」と言っています。現在と未来の目標とのギャップを見極め、今までの自分がどんなスキルを積み重ねてきたかを洗い出し、今から何を積み上げていくかを考えて、自分自身のキャリアをデザインしてみてください。

お話を伺ったのは…

お話を伺ったのは…プロティアン・キャリア協会/4designs(株)CGO・栗原和也さん
キャリア自律の推進・講師を務める。外資系IT企業で5,000名超の学生と対話した経験から、若い世代のキャリア支援に力を注ぐ。

イラスト/雨月 衣 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup