恋愛

「最後にしたのいつ?」カラダ目当ての男性が送るLINE5選

男性からマメにLINEが届いたとしても、本気で好きかはわからないもの。とりあえずエッチできればいい……というカラダ目当ての男性だっています。そんなヨコシマなチャラ男は、女性を落とすためにどんなLINEを送るのでしょうか? 実はそこには共通の特徴があるのです。

■「彼氏と別れてどれくらい?最後にしたの、いつ? 」

カラダ目当ての男性はまず、女性に彼氏がいないことを確認するようです。恋人がいる女性と関係を持てば修羅場になりかねませんし、気を引くのも信頼させるのも簡単じゃありません。その上で、「彼氏いないと、夜はさびしいでしょ? 」「人肌恋しくない? 」というLINEを送り、女性にエッチを想像させるようです。

彼氏がいない女性のなかには、男性にしばらく触れられていないことを指摘されると、寂しさや女性として扱われない物足りなさで流されてしまう女性もいるようです。「そういえば、彼氏と別れてからしてない。私このままでいいのかな……」女性が少しでもそんな風に考えれば、カラダ目的のチャラ男の思いどおりになってしまいます。恋愛のブランクや、最後にエッチしたのがいつかという質問LINEが来たら、警戒したほうが良いかもしれません。

男性の多くは、好きな女性の恋愛遍歴を知りたくないようです。元彼と最後にしたのがいつかなんて、真剣交際を考えていれば、まずは聞いてこないでしょう。

■「今から会いたい」「今夜会える? 」「俺はいつでも大丈夫! 」

カラダ目当ての男性のなかには、女性とのLINEを楽しもうとする男性が少なく、できるだけ早くデートを実現させ、エッチに持ち込もうとするのだとか。

そのため、「おいしいイタリアンのお店があるから、一緒に行かない? 」とか、「水族館なんてどう?」といったデートの誘い方はあまりせず、とにかく「会いたい」と送ることが多いようです。飲みに誘うLINEも送りますが、その目的は女性を酔わせてホテルに連れ込むというような狙いもあるようで、夕方に「今夜会える? 」と居酒屋やバーを提案してくるパターンが多いでしょう。

また、「俺はいつでも大丈夫だから」と女性の都合にすべて合わせてくるのも、エッチ目的の男性の特徴。二人きりで会えるチャンスは絶対に逃すまいと、相手ファーストになるのです。

■下ネタが多い

下ネタをLINEで送り、応じてくれる女性であればエッチが誘いやすい、と考える男性もいます。下ネタを拒否しないで受け入れてくれるということは、それだけ性に対してオープンだということ。割り切ったセフレ関係を期待させるのでしょう。

それほど打ち解けてもいない間から、やたらと下ネタLINEを送ってくる男性は、カラダ目当てである可能性が高いといえます。

■「カワイイ」「俺のタイプ」「キレイ系だよね! 」

褒めておだててエッチに誘いやすくする……というやり方です。カラダ目的のチャラ男は、女性のご機嫌取りが上手! というのも、とにかくエッチしたがる男性は、そこにたどり着くまでの女性の攻略に長けていて、女心も熟知しているから。恋愛経験があまり多くない男性に比べれば、女性を「私の気持ち、わかってくれてる! 」と思わせる言動が多いのでしょう。

そのため、褒め言葉や告白とも取れるLINEが続くなら、浮かれる前に疑ってみるべき。調子の良すぎる男性は、カラダ目当てかもしれません。

■本気で好きにさせる男性もいるので注意!

エッチ目的のチャラ男は、丁寧に疑似恋愛をして女性を油断させる場合もあります。本気で好きにさせて、欲望が満たされればポイ捨て……なんて最低なやり方。ですが、そういう男性は確かにいるので、自分で自分を守るしかありません。「何かあれば相談に乗るよ」と居酒屋で話を聞き、涙を誘うようなことを言って、さりげなく肩を抱く……。そんなイケメンみたいなことを平気でするチャラ男だっているでしょう。

 

関係がそれほど深いわけでもないのにホテルに誘われるとき、ムードに流されず、「どうしてこの人は私をホテルに誘うんだろう? 」と冷静に考えることが大事です。かなりクールに男性の真意を探ったら、虚しいカラダだけの関係を築くこともないはずです。LINEで送られてくるメッセージをよく読んで、カラダ目当ての男に騙されないよう気をつけてください!

 

文/沙木貴咲 画像/Shutterstock(Dean Drobot、g-stockstudio、JKstock、Rido、S_L)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE