特集

「心の疲れのレベル」を判定!セルフチェックテスト【元自衛隊のメンタル教官が解説】

辛くても我慢して頑張るだけが困難を乗り越える方法ではありません。ストレスを華麗にスルーしながら、挫折を経験値に変えて、しなやかに令和の時代を生きていく心の強さが「レジリエンス」。ポキンと折れない柔軟な大人の心=レジリエンスについてご紹介します。

元自衛隊のメンタル教官に聞いた「頑張る!我慢!」がNGな理由とは

どうして「心が折れる」のか?元自衛隊メンタル教官が解説!

「心が折れそう」という言葉、よく使っていると思いますが、そもそもどうして心は折れてしまうのでしょうか?「私は大丈夫!」と頑張る人こそ実は心が折れやすいという傾向も。ぜひ一度セルフチェックを。

疲れのレベルをセルフチェック!

心の疲労に自分で気づくために、

心の疲労に自分で気づくために、まずは今の状態をセルフチェックして。3個以上当てはまる人は「プチうつゾーン」、7個以上だと「うつゾーン」となり、今すぐに休む必要があります。

ストレスやリスクを柔軟にかわす「大人の心」がレジリエンス

「子どもの心の強さ」に対して、

「子どもの心の強さ」に対して、もう一つの心の強さが「大人の心の強さ=レジリエンス」。動物が子どもに最初に教えるのは敵からの逃げ方。逃げなければ死んでしまうからです。人間も同じで、自分が弱っていたり、強いストレスにあった時には「避ける」という「大人の心の強さ」が必要。目の前の目標を変えたり、修正したりして生き続けながら、大きな目標を追い続ける柔軟さ、しぶとさこそがレジリエンスです。今まで頑張ってきた「子どもの心」のやり方をあきらめることは挫折体験になりますが、その体験こそが「大人の心」を鍛えるチャンスなのです。

答えてくれたのは...

下園壮太さん 陸上自衛隊初の心

下園壮太さん
陸上自衛隊初の心理幹部として自衛隊員のメンタルヘルス教育、カウンセリングを担当。退官後は心理カウンセラーとして講演や研修を行いメディアでも活躍。最新刊『とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?』も好評。

イラスト/松元まり子 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

「メンタルヘルス」関連記事

元自衛隊のメンタル教官に聞いた「頑張る!我慢!」がNGな理由とは

元自衛隊のメンタル教官に聞いた「メンタル強くなりたい!」の言葉がNGな理由とは

「免疫力」の敵!ストレスを下げる6つの習慣

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus