ピープル

元局アナ・宇賀なつみさんに聞く“自分らしい働き方”のヒント【脱サラしてフリーランスへ】

リモートワークが当たり前になり、仕事との向き合い方が柔軟化しつつあるニューノーマル時代。キャリアの重ね方が多様化している今、知りたいのは“自分らしい働き方”をどうやって手に入れるかということ。仕事にプライベートに輝く読者世代の“ワーキングウーマン”としてCLASSY.ONLINEに登場してくれた宇賀なつみさんのインタビュー記事をプレイバック!

PROFILE
宇賀なつみ(うがなつみ)●1986年東京生まれ。2009年テレビ朝日に入社し、入社当日に「報道ステーション」気象キャスターとしてデビュー。その後報道、情報、バラエティ番組を幅広く担当し、2019年33歳で同局を退社しフリーランスのアナウンサーに。大好きな旅行について発信する旅エッセイ「わたしには旅をさせよ」(朝日新聞デジタル)の連載や自身のルームウェアブランド「sana me」(https://sana-me.com)運営など幅広く活躍。プライベートでは大のお酒好きとして知られる一面も。 Instagram:@natumi_uga

キー局の花形アナウンサーから転身、現在はアナウンサー業だけでなくライフスタイルブランドのディレクション、旅エッセイの執筆など多彩に活動する宇賀なつみさん。会社を辞めたのはなぜ? 今のキャリアを選んだ理由は? 脱サラを経て見つけた“キャリアの履歴書”をお届けします。

「自由な仕事のスタイルを探りたい」アナウンサー勤続10年で“フリーランス”を選んだ理由

CLASSY.ONLINE(以

CLASSY.ONLINE(以下、C):キー局のアナウンサーとして10年間。節目の年に独立を決めた理由を教えてください。

入社したその日から退社する日まで、ずっと平日の帯番組に出演していました。毎日本番を迎えるという恵まれた環境で10年の会社員生活を送ることができたのは、とても貴重な体験だったと思っています。一方で、最後の1年間はどこか同じところで足踏みしているような感覚があって。このままじゃいけない、何かを変えたいという思いに駆られ、ふと「よし、会社を辞めよう」と思い立ったんです。会社のなかで異動希望を出すこともできましたが、あえて制約のない中で自由に自分らしく働きたい、生きてみたいと考えるようになりました。学生時代は「大きな会社に就職したい」と思っていましたが、働き始めてからフリーランスへ憧れる気持ちが強くなっていっていたのもありますね。「いつか挑戦できたらいいな」とふわっと心に抱いていたものが入社10年目にしてすとんと腑に落ち、決意に至ったという感じです。

C:フリーランスへの憧れとはどんなものでしたか?

会社員でいることで安定して仕事ができる反面、どうしても選択肢が限られてしまうこともあって。独立するとさまざまな選択肢が広がるのではないか、と感じていました。世の中がこんなにもデジタル化されて、気軽にコミュニケーションが取れるようになったのだから、自由な仕事のスタイルを探りたくなった。フリーランスは会社員と比べて不安定かもしれないけれど、その自由さに魅力を感じ、フリーランスの働き方に挑戦しようと決心しました。せっかく会社を辞めるのであれば、個人で頑張ろうというのもこのとき決意したことです。

◆続きをもっと読む

元局アナ・宇賀なつみさんが“脱サラ”した理由とは?【アラサー世代の“自分らしい働き方”】

自由に仕事できるからこそ“確固たる自分の軸”が必要

C:フリーランスをやっていく上

C:フリーランスをやっていく上で“やりたい仕事”と巡り合う秘訣はありますか? お仕事を断らざるを得ないときに気をつけていることは?

会社員時代に出せなかった素の自分を出してみようとか、いつもよりはっちゃけてみようとか、会社員時代の自分と全然違うことをしようとした時期もありましたが、私には合いませんでした。ありがたくも声をかけていただくお仕事と向き合ううちに、自分に求められていることが見えるようなってきたんです。

自分の軸にあるのは“アナウンサー”だと決めて、そこから幅を広げること。そうやってお仕事を重ねていく中で、自分のやりたい仕事が精査されていくと思います。そうしていくうちに、自分が本当にやりたいことを見極められるようになりましたし、自分に合わないと思ったお仕事はきちんとお断りするようになりました。お断りするときはできるだけ早く丁寧に、そして曖昧にしないように気を付けていますね。

C:会社員とフリーランスを比べて、特に違うと思うことはありますか?

フリーランスの場合、お仕事をすればするほどギャランティに反映されますよね。ギャランティは分かりやすく目に見える形で、成果として残るのが面白いなと感じています。スケジュールに合わせて、稼げる金額に強弱をつけたり調整できたりするのも会社員とは違うポイント。待っているだけではやりたい仕事に辿り着けないこともあるので、したい仕事があったら積極的に自分から営業をかけるようにしていて。トライアンドエラーを重ねる中で掴めた仕事は、喜びもひとしおなんです。

◆続きをもっと読む

【フリーアナ・宇賀なつみさんの仕事観】「自由だからこそ“揺るがない軸”が大切」

【衣装詳細】
トップス¥14,300(ストラ)パンツ¥15,400(CELFORD/CELFORD ルミネ新宿1店)イヤカフ¥19,800(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店)

〈問い合わせ先〉
エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店 03-6738-3845/ストラ03-4578-3431/CELFORD ルミネ新宿1店 03-6279-4750

撮影/吉澤健太 ヘアメーク/イワタユイナ スタイリング/近藤和貴子 取材/角田枝里香 再構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

元局アナ・宇賀なつみさんが“脱サラ”した理由とは?【アラサー世代の“自分らしい働き方”】

【フリーアナ・宇賀なつみさんの仕事観】「自由だからこそ“揺るがない軸”が大切」

アラサー読者が本音トーク! 自分らしいキャリアの築き方と理想のワークスタイル。

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus