スタイリストが解説!「今年の着こなし正しいのはどっちクイズ」【GUの短丈シャツ】

夏に欠かせない、ノースリカットソー、クルーネックT、ロゴTなどの定番トップス。トレンド関係なく着られるアイテムだからこそ、古臭く見えるか、今年っぽく見えるかの差は、着こなしと合わせる小物やボトムス。CLASSY.の企画を数多く担当する人気スタイリスト・児嶋里美さんに、今年っぽい着こなしを教えてもらいました。今回は、テクいらずでスタイルアップできる「短丈シャツ」

今回のお題「短丈シャツ」

振り切った短さで、トレンド感をアピール

ファストブランドだけでなく、ハ

ファストブランドだけでなく、ハイブランドでも見かける短丈シャツは、シャツのもつグッドガールな雰囲気はありつつも、振り切った短さがトレンド感抜群のアイテム。ボトムスにインせずとも、着るだけで脚がすらりと長く見えるのも嬉しい魅力。シャツ¥1,990(GU)

スタイリストの正解は 「シャツはラフに着ず、ボタンはきちんととめて」

今回のお題「短丈シャツ」の着こなしコツ

ラフに着崩さずに、きちんと感をアピールして

「短丈シャツは、デザインそのも

「短丈シャツは、デザインそのものが最旬なのでラフに着崩さず、ボタンを上まで留めてきちんと着こなすのがおすすめ。ボトムスは、肌が見えないハイウエストのものを選んであくまでもグッドガールな雰囲気で着こなすと、アラサー世代になじむスタイリングになります」(スタイリスト・児嶋里美さん)

解説したのは…スタイリスト・児嶋里美さん

CLASSY.で数多くの企画を担当する人気スタイリスト。スタイルアップする理論にトレンド感、女らしさを盛り込んだスタイリングが得意で、モデルからの指名も後を絶たない。

【問い合わせ先】キャセリーニ03-3475-0225/ゲストリスト03-6869-6670/GU0120-856-452/ダイアナ 銀座本店03-3573-4005

撮影/杉本大希<人物>、大石葉子(静物) ヘアメーク/RYO スタイリング/児嶋里美 取材/味澤彩子 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

Pickup