特集

人気メンズファッション誌に聞いた「彼とシェアできる、大人女子向け名品アイテム」6選

私たち女子よりベーシック服に詳しいかも、なオシャレなメンズ。素敵な男性ほど、軸のあるアイテム選びに一家言あるものです。であればオススメをじっくり聞きたい!と人気メンズ誌の『OCEANS』に取材を敢行。彼とシェアしたい名品ばかりでした。

【ユニクロ】「メンズのスウェット」でも失敗しない、大人女子のカジュアルコーデ

1.California General Storeのスウェットパンツ

【アイテムのポイント】 ・生地

【アイテムのポイント】
・生地は環境に配慮したオーガニックコットン
・ルーズシルエットが気分
・ネイビーカラーは街着感アップ!

「大人の男にとって、スウェットパンツは部屋着ではなくて立派な街着だ!」。『OCEANS』がそう声高に宣言したのが、今からもう7~8年前。ここ最近の「リモートワーク」「ステイホーム」といった時代性が追い風となって、第2次スウェットパンツブームが到来。『OCEANS』5月号(3月25日発売)でも、パンツを含むスウェット大特集を行います。さて、選んだものは、サーフィンやヨガなどウェルネスライフを提案してSDGsや環境に配慮したモノ作りをする注目ショップのオリジナルアイテム。シルエットは、ずっと細めのものが主流でしたが、ここ最近は少し太めやバルーン風のシルエットのものが気分です。(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂がトライ!】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【ゆるスウェットパンツ】

2.Brooks Brothersのシアサッカージャケット

【アイテムのポイント】 ・(多

【アイテムのポイント】
・(多分)着るだけでモテる素材!
・アメリカントラッド・ブランドのアイテムがオススメ

見た目にも清涼感のあるシアサッカーは夏に欠かせない素材で、『OCEANS』にとっても外せない定番。この素材のアイテムを1つコーデに取り入れれば、無条件に「清潔」「清楚」「上品」といった好印象を獲得できて、そのうえオシャレに見える。だからか、シアサッカーは異性からモテます。なにせ僕ですら、この着用日に限り「今日、素敵ですね(……シアサッカーが)」と女性に幾度も声を掛けてもらえ、うれしい勘違いを楽しんでいます。ということで、柄はタテジマだけれどヨコシマな理由で今夏もレッツ・シアサッカー。そんなオヤジギャグも許されるんじゃないかな、シアサッカーを着ていれば。(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂がトライ!】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【夏ジャケット】

3.VANSのオーセンティック コンフィクッシュ

【アイテムのポイント】 ・快適

【アイテムのポイント】
・快適すぎる!ソールなどを改良した「コンフィクッシュ」
・見た目は定番のヴァンズだから使いやすい

誌面上はもちろん、プライベートでも何十年に渡って愛用している元祖&傑作サーファー&スケータースニーカー。スタイリストさんに「『OCEANS』でコーデ作りに困ったら、これに合うか合わないかを基準にしてほしい」と伝えているほどです。数年前にリリースされた「コンフィクッシュ」は、デザインはそのままに唯一の難点だったクッション性と履き心地を劇的に改良したもの。足を入れて一歩踏み出したときの別次元の気持ち良さと言ったら。「NOコンフィクッシュ,NO LIFE」。パンプス&ヒールで活躍している皆さん、こいつで自分を目一杯甘やかしてあげてください。by足腰が弱ってきた中年男子より。(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂がトライ!】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【VANSスニーカー】

4.MADISONBLUEのボタンダウンシャツ

【アイテムのポイント】 ・パー

【アイテムのポイント】
・パートナーとシェア使いできる絶妙なサイズ感
・洗いざらしで着られる気軽さが◎

オックスフォード生地のボタンダウンシャツは説明不要の定番。中学生のときに着たラルフローレンに始まり、数々のブランドのものを着てきましたが、これはベストのひとつ。ジェンダーレスに着られる不思議で新鮮なパターン。枝葉末節までこだわったサイズバランス。そしてヴィンテージへの愛を感じるディテールと上質な生地と仕様。’14年のブランドデビュー直前、デザイナーの中山まりこさんに試作品を見せていただき、その出来栄えに感動したことを今もおぼえています。これをきっかけに「マディソンブルー」がセンスのいい人の間で瞬く間に広まったことは書くまでもありません。洗いざらしでカジュアルに着て、何度も洗濯して生地がくたっとしたときの表情も抜群!(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂がトライ!】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【ボタンダウンシャツ】

5.nanamicaのステンカラーコート

【アイテムのポイント】 ・機能

【アイテムのポイント】
・機能素材「ゴアテックス」を搭載
・オン/オフ両用できる万能デザイン
・ベージュカラーが基本色

ナナミカ=「7つの海の家」という名の由来からして『OCEANS』が放っておくわけがない(笑)ブランド。今では当たり前になった街着にアウトドアウェアやスポーツウェアの機能を盛り込んだ服を15年も前に提案したパイオニアです。この「ゴアテックス」(アウトドアウェアの定番素材で防水透湿性が特徴。雨を弾いてくれて、蒸れを発散してくれる)を搭載したステンカラーコートはブランドの象徴的アイテムで、10年以上もリリースされ続ける名作。最近は、その使い勝手の良さと着回し力を知った愛用者のパートナーである女性購入者が増えているそうです。カジュアルはもちろん、ビジネスシーンで活躍するのも人気の理由でしょう。(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂が挑戦】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【ステンカラーコート】

6.New Era®のNYヤンキースキャップ

【アイテムのポイント】 ・自分

【アイテムのポイント】
・自分に似合う被りの深さを見つけるのがポイント
・実はティファニーがデザインした「NY」ロゴ

名門メジャーリーグチームのユニフォームキャップが、なぜ定番ファッションアイテムになったのか。それを書き出すとキリがないので割愛しますが、セレブリティ、ファッショニスタ、アート&カルチャー系の人々も愛用する「ザ・アメリカンクラシック」で、OCEANS世代にとっては’90年代のアメカジやストリートファッションの流れの中で出会った人も多い定番です。このブラック&ホワイトの都会的な色の組み合わせとティファニー社がデザインしたといわれる「NY」ロゴが、カジュアルなのにファッション性が漂う理由かもしれません。最近ではオシャレな女性が着用している姿もよく見かけます。ヘインズのTシャツやデニムシャツなど、とことんメンズライクなアイテムとコーィネートする人がいたら素敵だなと思います。(江部寿貴さん)

◆この記事を詳しくチェックする

【櫻坂46・土生瑞穂が挑戦】メンズ誌の素敵名品アイテムを、大人女子が着こなしてみたら…【ニューエラのキャップ】

教えてくれたのは…

『OCEANS』編集長/江部寿

『OCEANS』編集長/江部寿貴さん
大人の男性の日常を楽しくする情報を発信している雑誌・OCEANS。「FUN LIFE making MAGAZINE」をテーマに掲げ、2006年の創刊から携わっている編集長・江部さんに、こだわりのベーシック論を教えてもらいました。

撮影/魚地武大(TENT)〈静物〉 スタイリング/MaiKo yoshida  取材/清水亮子  撮影協力/AWABEES、Compartment. 再構成/Bravoworks.Inc

「ベーシックコーデ」関連記事

「ラルフローレン大好きアラサー女子」が語る、ブランド人気の理由5つ

「ラルフローレンは永遠のトレンド!」大人女子の間で「人気のキャップ」や理由を紹介

真似しやすい、大人の春コーデ「ネイビーのジャケットの意外な着こなしのコツ」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus