特集

女性誌の編集スタッフが「この夏ハマっているブランド」3選

日々あらゆる新しい情報をキャッチしているCLASSY.スタッフ。編集部内で同時多発的に流行るモノもあったりするのですが、それは「コレいい!」と思ったことはみんなに教えたい♡という素直な欲求があるから。この夏をもっと楽しくするアイデアをシェアします!

女性誌の編集スタッフが「今ハマっているもの」【ハイブランドのブローチ】

CLASSY.スタッフおすすめ!夏のHITアイテム3選

  • 日々あらゆる新しい情報をキャッ

    “CASA FLINE”の今どきサステナ服が気になる!
    サステナブルやリユース、ローカルメイドなど地球にやさしい生産工程を踏んだものだけを扱う「CASA FLINE」。都会的なデザインに注目!
    「サステナブルなブランド=落ち着いたデザインが多い中、CASA FLINEは華やかで洗練されていて。肌見せの具合が絶妙に美しいところもさすが!」(スタイリスト・村瀬萌子さん)
    リサイクルポリエステルワンピース¥59,400(CASA FLINE/CASA FLINE表参道本店)サンダル¥2,970(ハワイアナス/リップカールジャパン)ピアス¥2,200(アメリカンホリック/アメリカンホリック プレスルーム)

  • 日々あらゆる新しい情報をキャッ

    インスタで火がついた!〝willfully〟が可愛いんです
    シンプルなアイテムにひとクセ加えたオシャレが楽しくなるデザインが得意!
    「ワンポイント特徴のある服は、薄着の季節にうれしい存在。このカットソーもレイヤードしているふうに見えるドッキングアイテム。普段のコーデに変化をつけたい人にオススメ!」(スタイリスト・栗尾美月さん)
    カットソー¥6,930(willfully)パンツ¥9,990(バナナ・リパブリック)ネックレス¥27,500(フォーク バイ エヌ/UTS PR)

  • 日々あらゆる新しい情報をキャッ

    〝メッシュバッグ〟をラフに持つのが気分♪
    かごバッグもいいけど、今年はメッシュも◎!ワンマイルのおでかけも楽しくなる♪
    「夏らしさが欲しいときに投入。メインバッグとしてはもちろん、きちんとしたミニバッグと2個持ちしてサブバッグとして使うのも可愛い」(スタイリスト・大島愛さん)
    [右]¥50,000(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)[左]¥9,800(ケッシュル エッセンシャル)

撮影/須藤敬一〈人物、ロケ物〉、坂田幸一〈スタジオ物〉 モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/佐藤エイコ(ilumini) スタイリング/三好 彩 取材/野田春香 撮影協力/AWABEES、UTUWA 再構成/Bravoworks.Inc

「夏のトレンドアイテム」関連記事

女性誌の編集スタッフが「最近やたら持っているブランド」3選

女性誌の編集スタッフの間で「最近やたら流行っている服」5選

CLASSY.スタッフの自腹買いアイテム9選【2021年8月号編】

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus