特集

人気スタイリスト11名に聞いた「買って後悔しない、大人の定番服」11選

オシャレのことはその道のプロに聞くのがいちばん!毎月たくさんのブランドから服を借り、CLASSY.の誌面に合うコーディネートを考え抜いている彼女たちなら、最高の答えを持っているはず。CLASSY.が誇る11人の御眼鏡に適ったこの夏の鉄板――そう、それこそが「優勝ベーシック」!

スタイリスト11人が認めた「大人女子の間違いない服」11選【Tシャツ、スカート…】

スタイリスト・荒木里実さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【Tシャツ】ATON(エイトン)
    「シンプルで上質。ちょうどいいツヤ感が上品!」(荒木さん)
    ずっとCLASSY.スタイリストから熱い支持を集めるエイトン。これがあれば無敵のTシャツ×デニムスタイルが叶います!Tシャツはクリームがかったニュアンス色だから、×デニムの簡単ワンツーも断然オシャレで大人っぽい。Tシャツ¥17,600(エイトン/エイトン青山)デニムパンツ¥13,200(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)バッグ¥64,900シューズ¥112,200(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ベレー帽¥4,950(オーバーライド/オーバーライド神宮前店)ピアス¥9,900ゴールドバングル¥9,350シルバーブレスレット¥13,200(すべてワンエーアール バイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・荒木里実さん
    CLASSY.的コーデを知り尽くす、人呼んで荒木師匠。ピリッとハンサムな辛口カジュアルが得意!CLASSY.では表紙など数多くのページを担当しています。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【荒木里実さんの場合】

スタイリスト・大野千歩さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【ショーパン】uncrave(アンクレイヴ)
    「丈が絶妙!脚が長く見えてキレイにはける」(大野さん)
    じわじわ流行中のショートパンツだけど、「少年っぽい」「脚太く見える…」と、なかなか挑戦できないのも事実。そんな中、スタイリストたちが異口同音に「アンクレイヴのショーパンがすごい!」と熱弁。称賛すべきはその絶妙な丈感。脚が自然とキレイに見え、上品にはけちゃう魔法のレングス。センタープレス入りなのも、大人っぽく見える秘訣です。パンツ¥12,100ジャケット¥20,900(ともにアンクレイヴ)Tシャツ¥8,250(+81 BRANCA/UTS PR)バッグ¥81,400(コーチ/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)ピアス¥27,540バングル¥8,640(ともにアビステ)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・大野千歩さん
    CLASSY.編集部きってのベーシック派スタイリストである、大野さん。作るコーデは、女らしさとカッコよさのバランスが絶妙なんです。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【大野千歩さんの場合】

スタイリスト・乾 千恵さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【スカート】THIRD MAGAZINE(サードマガジン)
    「ワンツーコーデが増える夏にちょうどいい華やかさ!」(乾さん)
    ドット×裾プリーツという女心にぐっとくる要素が詰まった一枚!シンプルにTシャツを合わせるだけで、あっという間に素敵なコーデが完成。スカート¥49,500(THIRD MAGAZINE)ノースリT¥8,580(スローン)バッグ¥13,200(バリワークスタット/カレンソロジー新宿)シューズ¥103,400(マノロブラニク/ブルーベル・ジャパン)ストール¥29,700(アソースメレ/カオス丸の内)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ピアス¥7,560【右手】ブレスレット¥10,290 バングル¥8,640【左手】ブレスレット¥18,900(すべてアビステ)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・乾 千恵さん
    女心ときめくフェミニンなスタイルが得意で、CLASSY.の甘め派読者からのファン多数。ニュアンスカラーの魔術師。あだ名は“コアラちゃん”。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」3つ【乾千恵さんの場合】

スタイリスト・濱口沙世子さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【ドレスワンピ】MARIHA(マリハ)
    「着れば気分が上がる魔法のワンピース♡」(濱口さん)

    いろんなセレクトショップで見かけるマリハのワンピース。こんなにたっぷり生地を使っているのに、意外と2万円台という隠れコスパも魅力のひとつ。こんなふうに裾をひらりとなびかせて軽やかに着こなせば、間違いなくこれは2021夏の優勝ワンピ!ワンピース¥29,700(マリハ)バッグ¥12,100(ケッシュル エッセンシャル)サンダル¥113,300(マノロブラニク/ブルーベル・ジャパン)ピアス¥151,800ゴールドチェーンネックレス¥110,000ペンダント¥77,000シルバーネックレス¥154,000【手首側から】ブレスレット¥269,500、¥132,000、¥162,800(すべてウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・濱口沙世子さん
    華やかなビビッドカラーやミーハーな小物使いなど、見ると元気になるスタイリングが持ち味の濱口さん。読者はもちろん、CLASSY.スタッフの間でもファン多数!

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【濱口 沙世子さんの場合】

スタイリスト・三好 彩さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【サンダル】TKEES(ティキーズ)
    「ミニマルな気分にぴったり。カジュアルだけど大人っぽい足元に」(三好さん)
    どんなサンダルが流行っていても、やっぱり一番心地いいベーシックはビーサン。ティキーズはその上品なデザインで“街ビーサン”として支持率No.1!今年はちょっと太めのストラップが気分。こんなオールブラックコーデにも、抜け感とこなれ感が生まれます。サンダル¥12,100〈ティキーズ〉パンツ¥38,500〈カオス〉ネックレス¥33,000バングル¥66,000〈ともにアダワット トゥアレグ×カオス〉(すべてカオス丸の内)ノースリT¥11,000(イレーヴ)バッグ¥68,200(FURLA/FURLA JAPAN)サングラス¥33,000(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・三好 彩さん
    ファッション、ハイブランド、ジュエリー…と幅広く活躍する、CLASSY.編集部きっての理論派スタイリスト。MIXカジュアルはおまかせ。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【三好彩さんの場合】

スタイリスト・平沼 洋美さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【スニーカー】PIERRE HARDY(ピエール アルディ)
    「3色入っているから、意外と何でも合わせやすい!」(平沼さん)
    CLASSY.誌面で頻出のピエールアルディのスニーカー。毎シーズン旬の3色をチョイスしてデザインされています。その中の色を拾ってコーディネートすればいいから、簡単にオシャレ見え!ちょうどいい厚底でスタイルアップも叶うし、ちょっと高くても投資する価値ありなんです。スニーカー¥79,200 シルバーバッグ¥107,800 バッグ¥145,200(すべてピエール アルディ/ピエール アルディ東京)シャツ¥30,800(マディソンブルー)スカート¥20,900(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)イヤリング¥6,300【手首側から】バングル¥9,720、¥6,480(すべてアビステ)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・平沼 洋美さん
    今っぽい大人カジュアルに定評がある平沼さん。CLASSY.の目玉企画「着回しダイアリー」も数多く手掛ける。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」3つ【平沼洋美さんの場合】

スタイリスト・児嶋 里美さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【イージーパンツ】N.O.R.C(ノーク)
    「ウエストゴムで、脚がシュッとして見える。キレイめなのに楽ちん!!」(児島さん)
    今の時代と気分にぴったりの、ちょうどいい“キレイめ楽ちん服”が揃うと評判のノーク。なかでも名品は、こちらのイージーパンツ。シャカッとした気持ちいい素材、ウエストゴム、そしてシュッと美脚に見えるシルエット…全アラサー女子に心から勧めたい優勝パンツです!パンツ¥13,500(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)ノースリT¥7,700(THIRD MAGAZINE)肩にかけたカットソー¥13,200(ルミノア/ゲストリスト)バッグ¥165,000ローファー¥105,600(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)メガネ¥37,400(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ピアス¥11,000バングル¥18,700(ともにワンエーアールバイ ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・児嶋 里美さん
    “可愛いもの”と言えば、CLASSY.では児嶋さんの出番!甘い服を大人っぽく取り入れるテクニックは、アラサー世代の女子ならぜひ真似したい。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」【児嶋里美さんの場合】

スタイリスト・大島 愛さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【デニム】Levi’s®(リーバイス)
    「少しずつ自分の体になじませながら永くはいていきたいデニムです」(大島さん)
    ずっとCLASSY.スタイリストから熱い支持を集めるリーバイス。これがあれば、無敵のTシャツ×デニムスタイルが叶います!この夏は薄めカラーを選べば、×デニムの簡単ワンツーも断然オシャレで大人っぽい。Tシャツ¥17,600(エイトン/エイトン青山)デニムパンツ¥13,200(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)バッグ¥64,900シューズ¥112,200(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ベレー帽¥4,950(オーバーライド/オーバーライド神宮前店)ピアス¥9,900ゴールドバングル¥9,350シルバーブレスレット¥13,200(すべてワンエーアール バイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・大島 愛さん
    シンプルかつちゃんと理由のある丁寧なスタイルは、日常でリアルに着たいと思えるものばかり!

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【大島愛さんの場合】

スタイリスト・栗尾 美月さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【キレイ色パンツ】LE PHIL(ル フィル)
    「前、後ろ、サイド…全方位パーフェクトに体型カバー!」(栗尾さん)
    大人に似合うキレイ色が豊富なル フィル。メロンのような瑞々しいライトグリーンが涼しげ。足さばきのいいしなやかな素材感とハイウエストで、脚長&スタイルアップを実現。スタイリストたちも唸る美しい色出しは、文句なしの第1位!パンツ¥25,300(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)シャツ¥25,300〈カレンソロジー〉バッグ¥25,300〈ミヤモトコウゲイ〉(ともにカレンソロジー新宿)サンダル¥45,100〈エーティーピー〉ハット¥30,800〈ブルックス ボズウェル〉(ともにカオス丸の内)イヤリング¥11,000ブレスレット¥37,800(ともにアビステ)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・栗尾 美月さん
    メンズライク、スポーティ…カジュアルを一歩進化させるアイデアの持ち主。CLASSY.の新風!

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【栗尾 美月さんの場合】

スタイリスト・中村 真弓さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【ブラウス】#Newans(ハッシュニュアンス)
    「大人が着られる “ちょうどいい甘さ” の正解がこれ」(中村さん)
    たっぷりしたボリューム袖に、大人可愛いギャザーのアクセント…シンプルな印象を保ったまま、最大限華やかさをプラス。フェミニンブラウス全盛の今季、甘すぎるのは着られない、という人もこれならきっと大丈夫。ハリ感のあるリッチな生地は、ホームクリーニング可能というところもポイント高め。ブラウス¥14,300(ハッシュニュアンス)パンツ¥27,500(THIRD MAGAZINE)バッグ¥124,300(トッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥17,600(アダワットトゥアレグ)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・中村 真弓さん
    シンプルだけど今のムードがあるスタイリングに定評あり。どんなカジュアルにも上品さが。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」【中村真弓さんの場合】

スタイリスト・村瀬 萌子さんのおすすめブランド

  • オシャレのことはその道のプロに

    【カットソーワンピ】YLÈVE(イレーヴ)
    「計算された程よいゆとりでスタイルよく見えます」(村瀬さん)
    心地いいベーシックが得意なイレーヴからは、夏に欠かせないカットソーワンピがランクイン。飽きのこないTシャツ型、適度なハリのある素材感、今っぽい抜け感が生まれる裾のスリット…シンプルこそ、こんな名品を選ぶのが正解。ワンピース¥20,900(イレーヴ)バッグ¥145,200(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)スニーカー¥6,380(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)キャスケット¥7,150(オーバーライド/オーバーライド神宮前店)ピアス¥22,000〈Folk/N〉バングル¥47,850〈NORTH WORKS〉(ともにUTS PR)

  • オシャレのことはその道のプロに

    スタイリスト・村瀬 萌子さん
    CLASSY.スタイリストの末っ子、期待の若手。モードなアイテムを大人っぽく取り入れるのが上手。

◆この記事を詳しくチェックする

スタイリストが大絶賛!「大人女子の間違いない定番服」2つ【村瀬萌子さんの場合】

撮影/菊地 哲 モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/荒木里実 取材/志摩有子 再構成/Bravoworks.Inc

名品服 関連記事

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【走れるパンプス】

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【女っぽく見えるボーダー】

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【細見えノースリT】

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus