特集

「異様にファッション誌掲載率が高いブランド」スタイリストがその服を選ぶワケ

「脇役じゃなくてちゃんと主役になるベーシックがある」「着回しやすい」「プライスも優秀」…etc.スタッフのワードローブにジワジワ浸透しつつあると話題!ここだけで事足りちゃうからオシャレがダメになる、とまで言わしめるウワサの2ブランドの人気の秘密を探ります。

知らないとマズい!?「ファッション業界人に人気のブランド」2つ、その理由

ノークとアンクレイヴが人気の理由1

「シンプルとトレンドのバランスがちょうどいい」

パッと見シンプルなのにサマになる。トレンドデザインなのに浮かずになじむ。そんな服たちが見つかるノークとアンクレイヴ。計算し尽くされた攻守のバランスを楽しめるからデイリーのスタイリングに活躍してくれるのです。

右【N.O.R.C】 サテン素

右【N.O.R.C】
サテン素材とキレイ色で脱ありがちコーデを叶える美脚テーパードパンツ
Tシャツ×パンツを合わせただけのワンツーコーデがちゃんとオシャレに見えるのは、つややかな素材感だからこそ。この光沢と上品なブルーのおかげで、しなやかな女らしさに仕上がります。パンツ¥11,000〈ノーク〉Tシャツ¥6,499〈ノーク バイ ザ ライン〉(ともにノーク)バッグ¥45,100(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ銀座店)サンダル¥52,800(ネブローニ/フラッパーズ)ネックレス¥20,900(ソコ/ZUTTOHOLIC)バングル¥10,811(チビジュ)

左【uncrave】
甘ヴィンテージなモノトーンコーデはチェックのブラウスがカギ

ランダムなギンガムチェックがフレンチシックなV開きブラウス。ボリューム袖やくるみボタンといったトレンドディテールが、カジュアルな白デニムを盛り上げてくれます。ブラウス¥14,300デニムパンツ¥16,500(ともにアンクレイヴ)バッグ¥41,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ミュール¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)メガネ¥30,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ピアス¥12,430 リング¥11,660〈パズ コレクティブ〉バングル¥14,300〈ソコ(すべてZUTTOHOLIC)〉

ノークとアンクレイヴ人気の理由2

「シーンレスで着られる」

デザインの基本は気の利いたシンプルだから小物やアクセサリー、着こなし方などで変化をつけやすいのも便利なところ。シーンレスで着られるし、着る人のテイストにもスッとなじんでくれるのが頼もしい。

N.O.R.C(ノーク)

  • デザインの基本は気の利いたシン

    【通勤コーデ】
    出勤デーなどキレイめ気分の日にはタックインで美人顔
    トップス3型、ボトムが2型で展開されている、セットアップ着用が可能なナイロンストレッチシリーズは今季のいちばん人気。ヒールを合わせて肩を隠す着こなしなら、きちんと感もあり、通勤にも対応。トップス¥11,000スカート¥13,500(ともにノーク バイ ザ ライン/ノーク)カーディガン¥35,200(スローン)バッグ¥67,100(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ銀座店)パンプス¥15,950(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)ネックレス¥19,360(ソコ/ZUTTOHOLIC)

  • デザインの基本は気の利いたシン

    【休日コーデ】
    顔周りの強めな味付けでゆるいシルエットをモードっぽくまとめて
    週末のカジュアルコーデにはトップスをアウトにしたラフなニュアンスがお似合い。ヘッドアクセやおもちゃみたいに小さなバッグ、足元のスニーカーなど、遊び心あふれるスタイリングを楽しみたい。トップス¥11,000スカート¥13,500(ともにノーク バイ ザ ライン/ノーク)スニーカー¥7,150(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)チェーンウォレット¥27,500(オーエーディーニューヨーク/ショールーム セッション)ヘアバンド¥3,850(キャセリーニ/キャセリーニ)サングラス¥53,900(アイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ)

uncrave(アンクレイブ)

  • デザインの基本は気の利いたシン

    【通勤コーデ】
    ルーズフィットなシャツワンピは共布ベルトでメリハリを
    きちんとにもトレンド風にも無理なくいけちゃう、ドロップショルダー&バンドカラーのシャツワンピ。付属のサッシュベルトでウエストをギュッとしぼると、スカート部分がふわっと広がってフェミニンさもちらり。今っぽさただよう、お仕事感が手に入ります。ワンピース¥18,700(アンクレイヴ)巾着バッグ¥30,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥48,400(ネブローニ/フラッパーズ)ブレスレット¥8,640(アビステ)

  • デザインの基本は気の利いたシン

    【休日コーデ】
    ウエストマークせずにすとんと着れば楽ちんシックなカジュアルに
    共布のベルトを使わずにそのままさらっと着るとカジュアル度がUP。シャツワンピの中で体がゆるりと泳ぐシルエットは、大人のリラックスコーデにぴったりです。シャツテール風のカットになった裾のラインや、胸当て付き風デザインで、のっぺりとして見えず着映え度もばっちり。程よいハリ感がボディラインを拾わないのも安心です。ワンピース¥18,700(アンクレイヴ) バッグ¥17,600〈マルシェ〉サンダル¥16,500〈ラオコンテ〉(ともにフラッパーズ)バングル¥9,450(アビステ)

撮影/花村克彦〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉モデル/林田岬優、鹿沼憂妃 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI)スタイリング/濱口沙世子 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

『ブランド』関連記事

知らないとマズい!?「ファッション業界人に人気のブランド」2つ、その理由

コロナ禍でも売れ続ける「3つの人気ブランド」いったい、なぜ?

完売続出の「人気ブランド」、アラサー女子に支持される理由とは

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus