特集

冬と春の間の「大人スカートコーデ」8選【アラサー女子】

季節の変わり目で、まだ少し肌寒い今日この頃。「張り切って春服を着たら寒かった」「この微妙な時期、何を着たらいいのか分からない」と、お悩みの方も多いのでは?そこで、春と冬の間におすすめなコーディネート8選をご紹介!今回は、スカート編です。

あわせて読みたい!

【カラー別】「キレイ色スカート」冬→春の着回し見本帳|ピンク、ブルー、ミント

大人女子向け!春と冬の間の「スカートコーデ」8選

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【少し肌寒い日でも安心】
    白とイエローで春らしさを添えて
    白のプリーツスカートにポンチョコートをさらりと羽織って、きちんと感漂う装いに。重くなりがちなダークカラーのアウターには、白のスカートで春らしい軽やかさを演出。イエローのミニバッグを差し色にプラスして、コーデに華やぎを。コート¥168,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)ニット¥29,000(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー)スカート¥36,000(ツル バイ マリコ オイカワ)バッグ¥274,000(ロウナー ロンドン/エイチ アイ ティー)ブーツ¥160,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)カチューシャ¥16,000(アレクサンドル ドゥ パリ/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店)イヤリング¥5,400(アビステ)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【ブルーからネイビーのグラデ配色】
    定番シャツコーデを今年らしくアップデート
    ネイビースカートにブルーシャツを合わせたキレイめコーデは、デートにもおすすめ。ブルーからネイビーのグラデージョン配色なら、知的な印象に仕上がります。肩がけのGジャンやビビッドカラーの小物使いでオシャレ度をUP。シャツ¥22,000(ティッカ)スカート¥33,000(サクラ/インターリブ)Gジャン¥39,000(ハイク/ボウルズ)バッグ¥149,000(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ベレー帽¥11,000(タア/タア トウキョウ)ピアス¥11,000 バングル¥15,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【モノトーンでスッキリまとめる】
    甘めなドット柄を大人っぽく着こなして
    ドット柄シャツも黒のロングスカートを合わせれば、大人可愛い雰囲気に仕上がります。重くなりがちな黒スカートも、白地のドットなら春らしく爽やかな印象に。ブラウス¥20,000(エストネーション/エストネーション)コート¥43,000(DES PRÉS/DES PRÉS)スカート¥ 49,000(ebure GINZA SIX店)ネックレス¥210,000〈ウノアエレ〉リング¥8,000〈ワンエーアールバイウノアエレ〉(ともにウノアエレ ジャパン)シューズ¥42,000(PIPPICHIC)バッグ¥130,000(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【スウェットで抜け感を】
    紺ジャケットは冬と春の間にも大活躍
    カーキのフレアスカートには、ラフなスウェットを合わせてほどよくカジュアルダウン。ネイビーのジャケットをさらりと羽織って、ハンサムな雰囲気をプラスして。着回し力も抜群な金ボタンの紺ジャケは、1着は持っておきたいアイテムです。ジャケット¥59,000(ebure)スウェット¥40,000(セブン バイ セブン/ロンハーマン)スカート¥138,000(マディソンブルー)バッグ¥117,000ブーツ¥148,000(ともにJIMMY CHOO)ピアス¥13,000(ワンエーアールバイ ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【チェック柄スカートで英国風に】
    クラシカルな小物使いでコーデに統一感を
    存在感のあるチェック柄スカートのトップスには、シンプルな黒ニットを合わせてコーデを引き算。端正なチェック柄には、クラシックなメガネと時計に革靴がぴったりです。ニット¥25,000(イレーヴ/アングローバル)スカート¥21,000(オニール オブ ダブリン×デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)バッグ¥110,000(エバゴス/マドリガル 南堀江店)シューズ¥79,000(チャーチ/チャーチ ジャパン/チャーチ 表参道店)めがね¥33,000(オリバー ゴールドスミス/コンティニュエ)ネックレス¥23,000(マリハ)時計¥18,000(ヘンリーロンドン/ウエニ貿易)ソックス¥1,000(タビオ)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【マウンパで甘さを中和】
    大ぶりギンガムチェックで大人可愛く
    シンプルな白のタートルニットに、ぱっと目を引く「柄スカート」で華やかさをプラス。アウターのマウンパでカジュアル度を高めれば、今っぽいフェミニンコーデの完成です。スカート¥22,000(ジャスグリッティー)コート¥34,000(マカフィー/TOMORROWLAND)ニット¥19,000(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店)サングラス¥38,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ネックレス¥68,000リング¥200,000〈ともにウノアエレ〉ブレスレット¥13,000〈ワンエーアールバイウノアエレ〉(すべてウノアエレ ジャパン)ピアス¥29,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)ローファー¥54,000(ペリーコ/アマン)バッグ¥37,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【キレイ色スカートを主役に】
    フェミニンな大人カジュアルスタイル
    女っぽさ満点のブルーのサテンスカートを主役にした春コーデ。カジュアルな肉厚トップスで素材のギャップを楽しむのが、着こなしのポイントです。スカート以外のアイテムをメンズっぽくまとめれば、コーデに抜け感が生まれます。スカート¥39,000(ザ・ニューハウス/アーク インク)コート¥135,000スウェット¥24,000(ともにエイトン/エイトン青山)バッグ¥57,000スニーカー¥79,000(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ピアス¥45,000〈ReFaire〉バングル¥18,000〈Folk/N〉(ともにUTS PR)

  • 季節の変わり目で、まだ少し肌寒

    【寒さ対策もバッチリ】
    ラフなスウェットはモノトーンで大人っぽく
    まだ少し寒い冬と春の間には、中に着込めるスウェットが大活躍!トップスがラフなぶん、ボトムスはボリューミーな黒のロングスカートでドレッシーに仕上げて。スウェットトップス¥1,990(GU)マキシスカート¥29,000(サクラ/インターリブ)バッグ¥148,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥34,000(アンスクリア/アマン)ヘッドアクセ¥11,000(アレクサンドル ドゥ パリ/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店)ピアス¥27,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

暖かいアウターに春らしいカラーや白のアイテムで軽やかさをプラスすれば、防寒と季節感を両立した着こなしに仕上がります。この記事を参考に、冬と春の間のオシャレを楽しんでみてくださいね!

※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、山水由里絵

あわせて読みたい

【カラー別】「キレイ色スカート」春までの着回し術|3月→4月編

春まで着る!結局いちばん使えたアウター選手権【CLASSY.スタッフのコートスナップ】

冬と春の間の「大人パンツコーデ」8選【アラサー女子】

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE