特集

90年代海外セレブの着こなしは、今見ても上品カジュアルで素敵!

1990年代のNY。ケネディJr.のハートを射止めた、1人の女性が一躍ファッションアイコンに――それが彼女。セレブの仲間入りをしてからも自分らしいシンプルコーデを貫き、少ない服で着回しもしていたというスタイルは今の私たちにこそ参考になりそうです。

◆あわせて読みたい

アラサー女子の心にやっぱり響く!『セックス・アンド・ザ・シティ』のおすすめエピソード5選

キャロリン べセット・ケネディとは?

キャロリン べセット・ケネディ

キャロリン べセット・ケネディ
カルバン クラインのショップスタッフから役員へとセンスひとつで駆け上り、1994年にジョン・F・ケネディJr.との交際がきっかけで世間の注目を集める。1999年の飛行機事故で命を落とし、月日が経った今もなおニューヨークのスタイルアイコンとして君臨し続ける普遍のミューズ。

上品さと抜け感のバランスが理想的だった、90年代のミューズ

  • キャロリン べセット・ケネディ©Globe Photos/アフロ
  • キャロリン べセット・ケネディ©ZUMA Press/アフロ
  • キャロリン べセット・ケネディ©Shutterstock/アフロ
  • キャロリン べセット・ケネディ©Shutterstock/アフロ
  • キャロリン べセット・ケネディ©Globe Photos/アフロ

デニム、黒のタートルニットや白シャツなど、普段私たちも着ることの多い普遍的なアイテムだけで構成されたキャロリンのワードローブ。普段着はもちろん華やかな社交の場でもその信条を貫き、身につけるジュエリーもシンプル極まりないマリッジリングのみ。時代が大きく変わっても新鮮に映るシルエットや丈感のバランスから、彼女の絶対的なセンスにより、ブランドだけに頼らなくとも成立する「スタイル」を確立していたことがうかがい知れます。ふと目にとまる自然体なカジュアルは、クラッシィらしさにもリンク。上品でリッチ、なのに抜け感もある日々の装いのヒントを見つけることができるはず。

キャロリンスタイル・デニムをリッチに着る

キャロリンが好んで穿いていたのは、ひざ下から適度に広がる好印象のフレアデニム。ニット帽にタートルニットという普段着に合わせた真っ赤なコートでカジュアルの完成度を引き上げて。

  • デニムと黒タートルに赤コート を効かせて。小物は黒でまとめ て、主役はコートだけに絞り都 会的に。©Best Image/アフロ

    デニムと黒タートルに赤コートを効かせて。小物は黒でまとめて、主役はコートだけに絞り都会的に。

  • キャロリンが好んで穿いていたの

    シンプルなキレイめカジュアルは私たちが目指す究極の「素敵な普通」
    デニムと赤、好バランスの魅力を再確認。カジュアルダウンの理想形です。レッドベルテッドコート¥72,000(エストネーション/エストネーション)タートルネックニット¥25,000(スローン)デニムパンツ¥24,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ニット帽¥5,400(CA4LA/CA4LAショールーム)ブラックショートブーツ¥34,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)【メンズモデル】ジャケット¥12,000〈ファーラー日々の・ユニバース〉パンツ¥16,000〈ハバナ〉(ともにナノ・ユニバース カスタマーサービス)マフラー¥7,000(アーバンリサーチ ドアーズ/アーバンリサーチ ドアーズ ルミネ新宿店)シューズ¥27,000(アルフレッド・バニスター/アルフレッド・バニスター代官山店)その他スタイリスト私物

取材/清水亮子 写真協力/アフロ、getty images

◆あわせて読みたい

2003年→2020年のアラサー女子の「白パンツ」はどう変化!?

今年の秋冬は、今までと重ね着の仕方が違う!?【おしゃれテク3選】

大人の「キレイめカジュアル」を上品に見せる8つのコツ【前編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE